窓の開け方で通風量10倍に LIXILが実証

LIXILはこのほど、窓の設置位置と開け方によって約10倍の通風量(換気量)を得られる「ウインドキャッチャー効果」を実証した。東京大学生産技術研究所と共同で行っているエネルギーマネジメントの実験住宅「COMMAハウス」で検証した。

実験では、縦すべり出し窓を使った。ウインドキャッチャー効果が得られるように、吊元の異なる複数の窓を開放し通風を行うパターンと、吊元が同一の窓のみを開放したパターンで1時間当たりの通風量を比較した。前者は399.3立方メートルで、後者(37.9立方メートル)の約10倍の換気量が得られた。

同社では、今回の結果を、省エネで快適に過ごすために最適な窓サイズ・種類・配置を提案する「通風・創風設計サポート」や「通風建具」「通風玄関ドア」などの商品開発に生かしていく。

[住宅新報]

2012/08/24