日産リーフの蓄電池をマンションで活用 三井不レジ

三井不動産レジデンシャルは、日産自動車の電気自動車で使った後の蓄電池を、10月下旬から販売開始するマンション「パークタワー東雲」(東京都江東区、総戸数585戸)の定置用蓄電池として活用すると発表した。日産リーフの車載蓄電池4台分(定格容量約96キロワット時)を使う。リユース品を活用することでマンションの蓄電池更新コストを低減する。

同マンションでは、日産リーフを使ったカーシェアリングや、車載蓄電池から建物内に電力を供給するシステム「V2H」、「EV充電器」も備える。

[住宅新報]

2012/09/05