マンションでDIY! スイッチカバーをプチデコレーション

部屋にオリジナリティを出したい!という方に、まずオススメなのがスイッチカバーのデコレーション。統一するもよし、部屋ごとに違いを出すもよし。とてもカンタンで作業も楽しい、お手軽DIYテクニックです。好きな柄のオリジナルスイッチカバーをつくってみましょう。

道具について

◯材料
・包装紙、折り紙などお好みの紙
・透明のカッティングシート
・両面テープ

◯道具
・マイナスドライバー
・ハサミ
・カッター
・定規
・カッティングボード

手順(所要時間:約20分程度)

1.START

スイッチは機能的装置なので、そのカバーも目立たないデザインがほとんどです。存在自体を気にしない人も多いかもしれませんが、実は簡単に部屋のイメージを変えられるアレンジポイントなのです。

2.カッティングシート

特別に用意するものとしては、カッティングシート。塩化ビニール製の薄いシートで、裏にシール状の粘着剤がついているものです。

仕上がりをよくするポイントとなる資材で、ホームセンターや文具店(東急ハンズなど)で購入できます。

カッティングシートは汚れやキズに強く色柄もさまざまでDIYでよく使われる素材です。なかでも下地の柄を活かすことができる透明なシートはDIYだけでなく、本のカバーなどの保護材としても活躍してくれます。

3.カバーをはずす

スイッチカバーによって、マイナスドライバーで簡単にはずせるタイプやネジでとめられたタイプがあります。どちらも家にある工具で簡単に取り外せます。

4.両面テープを貼る

少し大きめにカットした両面テープをプレートに貼っていきます。スイッチ部分もいったん気にせずに覆ってしまいしょう。

5.カバーリングする

包装紙も同様に少し大きめにカットし、貼り付けていきます。ヘリ部分は指でなじませるようにくるんでいきます。

6.カットする

プレートからはみ出た部分をハサミやカッターなどで切っていきます。

7.カッティングシートを貼る

透明のカッティングシートを貼り、包装紙同様にはみ出た部分をカットします。

8.スイッチ部分を切り抜く

最後にスイッチ部分をカッターで切り抜きます。

9.FINISH!

スイッチプレートを元通りはめ込んだら完成!

包装紙以外でも写真をプリントしたり、雑誌の切り抜きを貼ってみたりすると、オリジナルのスイッチカバーができあがります。部屋ごとにイメージを変えてみるのもおもしろいかもしれませんね。

その他のマンションDIY!テクニックをご紹介しています!

印象一新!「壁をレンガ風にイメージチェンジ」はこちら
収納力をアップ!「ランドリーのデッドスペースに棚をつくる」はこちら

さらに、2015年2月発行の「つなぐマガジンVol.15」では、壁や床などのアレンジや収納向上のDIYアイデアをご紹介。マンションDIYお役立ちアイテムのプレゼント企画も行っています。

2015/01/30