春の植え替え②多肉植物を大きく成長させるための植え替え

0405_1

ポット苗や小さ目の鉢で購入した植物を大きく成長させたい、鉢のデザインを変えたいなど、根の部分を触らない、普通の植え替え方法をご紹介します。

根を触らない植え替えならオールシーズンOK

前の記事では、根詰まりした植物の植え替えをご紹介しましたが、根を触らないでそのまま植え替えする場合には、植え替え時期は気にしないで大丈夫です。

・株をもっと大きく成長させたい
・デザインの違う鉢に植え替えたい

などの場合には、そのまま根の土をほぐしたり根を剪定したりする必要はなく、鉢と土を新しくするだけで簡単です。

多肉植物を大きく成長させるための植え替え

では、多肉植物のポットを新しい鉢に植え替える方法をご紹介しましょう。

 新しい植木鉢、鉢底石、多肉植物用の土、鉢底用ネット、へら、細い棒を用意します。

新しい植木鉢、鉢底石、多肉植物用の土、鉢底用ネット、へら、細い棒を用意します。

植え替え用の新しい土は、植物にあわせて選びます。多肉植物は、必ず多肉植物用の水はけのいい土を使ってください。土の種類については、以下の記事を参考にしてください。

土の更新をしよう!観葉植物、多肉植物、戸外の草花や野菜にオススメな土の種類と植え替えポイント

鉢底の穴のサイズにあわせて鉢底用ネットを敷きます。

鉢底の穴のサイズにあわせて鉢底用ネットを敷きます。

鉢の深さの1〜2割程度に鉢底石を敷きます。

鉢の深さの1〜2割程度に鉢底石を敷きます。

多肉植物の苗をポットから取り出します。ポットのまわりを両手で軽くもみほぐすと、すっと外れます。

多肉植物の苗をポットから取り出します。ポットのまわりを両手で軽くもみほぐすと、すっと外れます。

購入直後で、根詰まりを起こしていない状態のものは、根を触る必要はないので、ポットの土付きのまま植木鉢に入れて、多肉植物用の土を足していきます。根のまわりの土をほぐす必要もありません。

購入直後で、根詰まりを起こしていない状態のものは、根を触る必要はないので、ポットの土付きのまま植木鉢に入れて、多肉植物用の土を足していきます。根のまわりの土をほぐす必要もありません。

鉢の縁から1〜2㎝下がった高さに、根鉢の地表を合せて土を入れていきます。

鉢の縁から1〜2㎝下がった高さに、根鉢の地表を合せて土を入れていきます。

完成したら、水やりをします。鉢底から水がでてきたらOKです。

完成したら、水やりをします。鉢底から水がでてきたらOKです。

根を触る必要のない植え替えは、気が楽ですね。鉢のデザインもいろいろありますので、気軽にチャレンジしてみてください。

簡単にできる多肉植物の寄せ植え手順と、鉢選びのコツ

春先の多肉植物は、こんな風に可愛らしい花が咲きます。

春先の多肉植物は、こんな風に可愛らしい花が咲きます。

多肉植物は、挿し木や葉挿しでも株を増やせます。こちらの記事もあわせてご覧ください。

マンションで多肉植物!簡単な挿し木・葉挿しでの株の殖やし方

2016/04/18

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています