初夏に植え始めるのにオススメな緑鮮やかな草木~種類と育て方のコツ~

初夏に出回る緑鮮やかな草木を育ててみませんか?鮮やかな新緑をバルコニーで楽しむのにぴったりです。

新緑を楽しむ草木類

今回ご紹介する草木は、庭木として地植えできる低木や木です。街中の園芸ショップなどではあまり出回っておらず、郊外型のホームセンターの園芸コーナーなどに置いているかもしれません。バルコニーをガーデン的なイメージにしたいという方にはオススメです。ちょうど今くらいの時期だと、きれいな新緑を付けたばかりの苗から育て始められていいですね。

また、庭植えだとどんどん大きく成長しますが、マンションのバルコニーで鉢植えとして育てれば、コンパクトにサイズをコントロールできます。

それではまず草木類の種類をご紹介しましょう。

アオダモ/モクセイ科

アオダモ(青梻)の名前の由来は、枝を水に浸けると青くなることからきているそうです。木製の野球バットなどにも使われている木です。葉筋がくっきりと現れていて、鮮やかな葉色が美しく、小さな白い花を咲かせます。

余談ですが、実際に水が青くなるのかどうか、実験をされた方がいらっしゃったので、そのHPをご紹介いたします。
木あそび アオダモの枝で本当に水が青くなるのか:木のメモ帳

(出典元:木のメモ帳 http://www.geocities.jp/kinomemocho/

レモンライム アンド クリッパーズ/モクセイ科

プリペット(セイヨウイボタノキ)の一種。黄色地の葉に緑の斑入りの葉で、春先に小さな白い花をつけます。日向から半日陰で育ちます。

スモークツリー/ウルシ科

切り花としてもよく使われます。ピンク色のモヤモヤした部分は花ガラです。地植えだとかなり大きく育ちます。

ブラックレース/セリ科

いま人気のチョコレート色系のパープルブラックの葉が個性的です。繊細なレースのようなピンクの花を咲かせます。

レモンマートル/フトモモ科

葉からレモンのようなシトラス系のいい香りがします。料理や精油としても使われるようです。

フィソカルパス ルテウス(アメリカテマリシモツケ)/バラ科

春先には鮮やかな黄金色の葉が、夏から秋にかけて次第に美しい黄緑色へと変化していくさまが楽しめます。切り花でもたまに出回っていることがあります。

ギンバイカ/フトモモ科

葉を揉むと香り立つことから、お酒に葉を浸けて香りを移して祝い酒として用いられたり、ヨーロッパでは「祝いの木」として結婚式の飾りやブーケにもちいられたりしていたそうです。夏にはふわふわとしたクリーム色の愛らしい花が咲きます。

ウェストリンギア/シソ科

オーストラリアの常緑性低木で、ローズマリーに似ているため、オーストラリアン・ローズマリーと呼ばれることもあります。薄紫の小さな葉を咲かせます。

ミントブッシュ ミラクルスター

葉や花がウェストリンギアとよく似ていますが、こちらは葉からミントのような香りがします。

ラベンダー デンタータ/シソ科

ラベンダーの品種の中では丈夫で育てやすいフレンチラベンダーです。よく手入れすれば一年中四季咲きの花が楽しめます。切り戻しを何回か行ってください。

ロータス ブリムストーン/マメ科

ライムグリーンの葉色がきれいで人気です。常緑低木で、黄色い花を咲かせます。

春から夏にかけて、鮮やかな新緑が楽しめる草木をご紹介しました。庭木として室外の環境で育てるものばかりですので、その点を注意して育ててください。

次のページでは育て方のコツについてご紹介していきます。

次のページ:買ってきたらまず一回り大きい鉢に植え替えを!

※ バルコニーは、マンションの共用部分です。各マンションの管理規約に沿ったガーデニング計画をお願いします。

2015/06/22

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています