キッチンでハーブは育たない!?失敗しないハーブ講座~育て方編~

春になって、ハーブの苗がたくさん出揃ってきました。キッチンハーブも人気ですが、今回はしっかり育てるためのハーブの取り扱いについてお話します。
キッチンでハーブは育たない!?失敗しないハーブ講座~種類編~

ハーブの基本は日当たり、室内でキッチンハーブは育ちません。

マンション・ラボが2月に実施した「ガーデニングに関するアンケート」で、「キッチンまわりで、植物を育てているお悩み」についての回答を拝見しました。

・水がすぐなくなったり、暖かいせいか、水が腐って根がダメになる。
・発育状態があまりよくなく、細く育ってしまう。
・パセリが腐ったように溶けて枯れてしまう。
・育ちが悪そう。
・茎ばかり伸びて葉が育たない。
・昼間は窓際に置き、朝晩二回水替えをする。そうしないと腐ったり色味が薄くなったりする。一日外出する日があると、うまく育たない。

これらのお悩みはすべて、室内でハーブを育てていることに起因しています。最近は、室内のキッチンのそばで育てるキッチンハーブが人気ですが、あえてアンチテーゼとしてアドバイスしますが、基本的に「ハーブは室内では育ちません」。

外光が指す出窓や、日照時間の長いお部屋なら別ですが、通常のマンションではキッチンは奥まった場所にあり、あまり日当たりが期待できない位置にあるはずです。

ハーブの成長は、日当たりと日照時間に左右されます。上記のお悩みも、ベランダで育てれば解決することばかりです。ぜひ、ハーブの環境改善をしてあげてください。ハーブは、キッチンのインテリアでも、キッチンの菜園でもありません。春から夏にかけては、ハーブの成長期です。いまからでも遅くはありません。キッチンで育てているハーブを日当たりと風通しのいいベランダや窓の外に出しましょう。

ハーブの苗の選び方

向かって左の苗が3.5号、右の苗が3号サイズ。

ハーブは苗から育てる方が簡単です。市場に出回っている苗のサイズは、小さいものでは3号サイズ、大きいものでは3.5〜4号サイズが主流でしょう。3号サイズは、すぐに収穫は期待できませんが、これからの成長が楽しめます。3.5〜4号サイズは、十分成長していますのですぐに収穫したいならこのサイズを選ぶとよいでしょう。

苗売りを買う際には、株の根元がグラグラしていないものを選びます。根元がグラグラしているものは、根が十分に張り切らないまま出荷されてしまったものです。長く店頭に置かれていて傷んでいる可能性もあります。

ハーブの苗の根元をチェック。

根が張っているかどうかは、苗のポットを掴んでみて、ぐにゃぐにゃしていないかどうかで判断できます。しっかり根が張っていると、掴んだポットもしっかりしています。

ポットを掴んで、根の張り具合を確認します。感触ががっしりしていればOK!

それから、葉っぱの傷みがないもの、虫食いのないものを選ぶようにしましょう。

苗と育てる鉢のサイズのバランスを考える

写真左の3号ポットの苗ならば、二回りほど大きいサイズの鉢に植えます。

3号サイズの苗のポッドと、4号サイズの鉢に植え替えて育ったイタリアンオレガノ。

キッチンで育てるキッチンハーブは、小さい鉢のままで買ってきて育てることが多いようですが、そのまま日当たりや風通しの悪い室内で育て続けると、枯れやすくなります。

買ってきた苗をどのくらいの大きさに育てたいかにもよりますが、苗のポットサイズから一回りか二回り大きめのサイズの鉢を選んで植え替えて、ベランダなどの日当たりのいい場所で育てると、より丈夫に成長します。

シックなカラーリングの軽量プラスティック鉢、ブリキバケツ型鉢、陶製鉢など、いろいろなタイプがありますので、好みに合わせて選んでみましょう。

料理に使いたい場合のハーブの収穫方法

ハーブの収穫方法。丸裸になった茎はカットして切り戻しを。

育ったハーブは、料理やお茶などに使う度に収穫していくと思いますが、大きい葉からまんべんなく摘んでいくようにしましょう。もし、一つの枝から摘みすぎて茎が丸裸になったら、茎の下の方でカットして切り戻しします。

春先から夏にかけては、ハーブが育ちやすい季節です。日当たりと風通しのいい室外の場所に置いて、水やりは「乾くまであげない」を基本にして育ててください。

これまでにもハーブの育て方を紹介していますので、他の記事も参考にしてください。
マンションのキッチンでも楽しめる「食べるハーブ」の育て方
ハーブをベランダで育てよう!初心者でも簡単な種類と育て方:香り編


ハーブは、お日様のもとで育つのを最も喜びます。美味しいハーブを食べたいならば、見た目のお洒落や調理の使い勝手ではなく、環境重視で育ててもらえればと思います。次の記事では、主に食用に使えるハーブの種類を紹介します。

2015/04/10

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています