香り高いローズゼラニウム 育て方の基本・切り戻し方法・水栽培

エッセンシャルオイルにも使われる香り高いローズゼラニウムは、比較的丈夫で育てやすい植物です。今回は、育て方の基本についてご紹介します。

ローズゼラニウムの特長

フウロソウ科のローズゼラニウムは、日当たりのいいベランダで育てると、成長もよく、春から夏にかけては白やピンク色のきれいな花を咲かせます。香りもよく、乾燥した葉はポプリにして楽しめます。

ハーブをベランダで育てよう!初心者でも簡単な種類と育て方:香り編

水やりと日当たり

水やりは、土が乾いたらたっぷりと水をあげます。ベランダで育てる場合は、日当たりのいい場所に置き、冬場は霜が当たらない軒下に置くようにしてください。虫もつきにくく、条件のいい場所だとどんどん上へ上へと伸びて成長していくので、伸びすぎて横に倒れやすくなります。また、下の葉が落ちていくので、バランスが悪くなってきたら、切り戻しを行います。

観葉植物の水やりは「完全に乾いてから」「たっぷりと」が基本

次のページで、伸びすぎたローズゼラニウムの切り戻し方をご説明します。

次のページ:ローズゼラニウムの切り戻し方>>

2015/01/19

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています