新感覚のドライフラワーアレンジメントのつくり方

最近はプリザーブドフラワーの影に隠れてしまった感のあるドライフラワー。しかし、自然のままの色と風合いは、深まる秋のインテリアにぴったりです。少しテクニックが必要ですが、ドライフラワーのアレンジを紹介します。

ドライフラワーの特色

ドライフラワーというと、束にして花瓶に挿すというイメージがあるかもしれませんが、花や葉をパーツとして組みあわせてグル―ガンを使い接着してかたちをつくっていくと、新しいイメージのアレンジメントになります。
いくつかの注意点とテクニックが必要ですが、丁寧につくり込めば、上品な趣きあるものに仕上がります。自然な風合いの色とかたちは、秋にぴったりのインテリアになりますよ。

ドライフラワーとプリザーブドフラワーの違い

(写真左)ドライフラワー / (写真右)プリザーブドフラワー

「ドライフラワー」
花や葉を乾燥加工した物。自然な色合いが特徴。秋を演出するディスプレイなどによく使われます。
「プリザーブドフラワー」
特殊な液を使って花や葉を加工されているので、みずみずしさ、鮮やかな色が特徴。1~2年程度はきれいさを保持しています。湿気に弱いのはドライフラワー同様で、着色した色が漏れて家具や衣服に付かないように注意が必要です。ブライダルシーンの演出などに人気。

アレンジメントの注意点

・花材が壊れやすいので取り扱いに注意。
・グル―ガンを使って花と葉を細かく組みあわせるとドライフラワー本来のきれいさが表現できる。最初のデザインが重要。
・直射日光と湿気には当てないように。

グルーガンとは・・・

グルーガンは、熱でスティック状のグルー(ノリ)を溶かして接着するものです。
コードレス電池式グルーガン

グルーガンは以前リース作りの記事でもご紹介しましたので参考にしてください。
マンションにクリスマス飾りを!リースの作り方

アレンジメントには、花材選びとデザインのポイントをしっかり考えましょう。花材によって、花や葉だけの部位を使います。細かく組みあわせていかないとドライフラワーの美しさがでません。

ドライフラワーの種類には、「草花系(ムギ、アワ、ヘリクリサム、センニチコウなど)」のものと、オーストラリア、アフリカ原産の植物を乾燥させた「ワイルドフラワー系」のものがあります。それぞれ自然環境の違う土地で育っているので、質感や形状に違いがあります。ナチュラルに仕上げたい場合は「草花系」でまとめ、個性的なアレンジには「ワイルドフラワー系」だけを使ってみるのもいいです。今回は、この2種のアレンジメントを紹介します。

草花系ドライフラワー

アレンジベースはツルとワイヤーで出来た物を用いました。他にも丸型・リース型、いろいろなかたちがありますので、好みに合わせて用いてください。

こんな風に、水平に置いてテーブルや玄関に飾ってもすてきです。

<使った花材>

①マルパルスカス ②オーデコロンミント ③ヤエヒメヒマワリ ④大麦 ⑤リンドウ ⑥ヘリクリサム

ワイルドフラワー系ドライフラワー

個性的な葉や果実・木の実を用いたアレンジメントは、しっかりと組み立てるというよりはその空間のディスプレイを楽しむようにするとよいでしょう。書棚や飾り棚にレイアウトしていきます。

写真右手の大きなカノエミニは、ヤシの花芽(実)を覆っている部分です。皮部分の下にヤシの実がなるので、包むように大きく湾曲しています。ディスプレイではお皿のように用いることもあります。

今回のアレンジメントは、このカノエミニをお皿に見立ててワイルドフラワーをグルーガンで固定しました。それ以外は、ワイルドフラワーの花材をバランス良く並べただけです。書棚や飾り棚をこうやってディスプレイすると、それだけで雰囲気がでますので、アレンジメントが苦手な人は、ワイルドフラワーの花材をうまくレイアウトするといいでしょう。

<使った花材>

①カノエミニ(ブラジル産) ②ディスカラー(オーストラリア産) ③バンクシア・ココシネア(オーストラリア産) ④グリーンスター(オーストラリア産) ⑤ファラノモス(南アフリカ産) ⑥アンバーナッツ(南アフリカ産) ⑦ライムボール(南アフリカ産) ⑧ユーカリ実付き(アメリカ産)

ドライフラワーの入手方法

自分でドライフラワーをつくる人もいるでしょうが、湿度の高い日本ではいい色合いに乾燥させるのは難しいでしょう。花材として購入するのがおすすめです。最近は店頭でドライフラワーの花材を扱っているお店が少なくなりました。雑貨店の一部で取り扱っているところもあるようですが、ネット通販などでも探してみてください。

ドライフラワー ジャパンアート
http://www.jp-art.jp/dry1.html


ドライフラワーも新しい視点でデザインすると、現代的なアレンジメントになります。これから、ドライフラワーリバイバルが来るといいですね。

2014/09/22

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています