春からはじめるマンションガーデニング〜春の花セレクション

ようやく春めいてきました。あたたかくなってくると、花やグリーンを買っていくお客様が増え始めます。そろそろガーデニングを始めようという気持ちになってくるのでしょう。今日はそんな気分にぴったりの、春の花を紹介しましょう。

エレモフィラ・ニベア ホワイトツリー(ハマジンチョウ科)

銀色の毛に覆われたシルバーリーフと淡い青紫の花の対比が美しい花です。乾燥に強く、湿気を嫌います。水の与えすぎに注意してください。庭に植えると大きくなる常緑低木です。

室内で短期間観賞する場合は、こんな風に個性的な鉢カバーとあわせてもいいですね。

スーパーアリッサム ホロスティーナイト(アブラナ科)

イエローの斑入りの葉が特長。可憐な白い小花をつけ、横に広がって成長します。春らしい明るさに満ちています。

カトレアクローバー(マメ科)

ツメクサと品種違いで、ツメクサより草丈も低く小さな雰囲気です。こんもりとした白紫の小さなまるい花が咲きます。

パンドラ アネモネ(キンポウゲ科)

クリーム色のアネモネも、かわいらしいイメージで春にぴったりです。日当たりのいい場所に置いて、水をたっぷりやってください。枯れた花を早めに摘みましょう。プランターに植えれば5月頃まで咲き続け、株が長持ちします。

オキザリス ダブルイエロー“心愛(ここな)”(カタバミ科)

めずらしい八重咲きのオキザリスです。クローバーのような葉もかわいらしく、丈夫で初心者におすすめです。日当たりのいい場所で育ててください。

マーガレット サマーソングディープロース(キク科)

華やかなピンクのマーガレット。一鉢だけで育てても、一気に春らしい気分を誘いますね。日当たりと風通しのいい場所で育ててください。

マーガレット エンジェリックホワイト(キク科)

八重咲きの純白のマーガレット。まるいこんもりした花の形が愛らしく、先のサマーソングディープロースとはまた違った雰囲気が楽しめます。長い期間、開花を楽しめるマーガレットは、さまざまな品種がありますので、好みに合ったものを選んでください。

カラミンサ グランディフローラ(シソ科)

写真のものはまだ花が咲いていませんが、白、ピンク、淡紫の小さな花が咲きます。葉はミントの香りがしてハーブとしても活用されます。

フォクスリータイム(シソ科)

緑の葉にクリーム色の斑入りの品種で、5月くらいから白い小花を咲かせます。全体に春らしいやわらかなイメージで、寄せ植えなどにも適しています。葉をこすると爽やかに香り立ちます。高温多湿を嫌うので、梅雨時には刈り込んで風通しを良くしてください。

コプロスマ コーヒー(アカネ科)

小さくて肉厚の丸みを帯びた、つややかな葉が特長。枝は、細い木のようにしっかりしています。葉裏の赤茶色と、葉表の緑の対比が美しいので、写真のように鉢カバーの色との組み合わせでも楽しめますね。

ベロニカ ミフィーブルート(ゴマノハクサ科)

緑とクリームの斑入りの葉に、きれいなスカイブルーの花をつけます。写真はまだ花が咲いていませんが、このままでもカラーリーフとして寄せ植えに最適です。

ユーフォルビア マーチニー(トウダイグサ科)

個性的な形が人気のユーフォルビア。中心のエンジとライムグリーンの苞の色の対比もシックです。高温多湿で株が蒸れないように、乾燥気味に育ててください。

ペペロミアロッソ(コショウ科)

肉厚のつややかな緑の葉、葉裏が鮮やかな赤、棒状に立っているのが花になります。個性的なスタイルで、乾燥に強く育てやすいです。

ムラサキオモト(ツユクサ科)

ピンクとグリーンのストライプと、赤い葉裏が、まるでリボンのようにきれいなカラーリーフです。日当たりのいい場所でよく育ち、茎は挿し木にして増やすこともできます。

春のお花の素敵な飾り方のヒントはこちらでご紹介しています。
マンションに、春の花を簡単にオシャレに飾るアイデア
インテリアに合わせたい、鉢カバーで印象が変わる春の花たち


春は、きれいな花を育てたくなる季節ですね。今年のマンションガーデニングは、いつもとはちがう個性的な花やグリーンを選んで楽しんでください。

2014/04/01

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています