クリスマスには、お手製アレンジメントでお部屋を飾りませんか?

まもなくクリスマス。マンションのお部屋に、華やかで大人っぽいクリスマスのアレンジメントを作って飾ってみませんか?

クリスマスのアレンジメントは自由にチャレンジ!

からならの木のお店に飾られているリースたち。ヨーロッパでは、横置きにしたリースに4本のキャンドルを立てて、週を追う毎に火を点けていく「アドベントリース」というクラシックなリースがあります。

クリスマスのアレンジメントによく使うのは、ヒバ、スギ、モミといった針葉樹+花。針葉樹+木やドライフラワーもいいですね。これといった制約はないので、自由に好きな花や木を選んでアレンジしてみてください。

ヒノキ、ブルーアイス(シルバー系)、クジャクヒバ、ブルーバード(シルバー系)など、この季節には針葉樹もさまざまなものが出回ってきます。シルバー系のものはアクセントに使うとよいですね。

最近はオーナメントとしての松かさも、ラメ入り、グラデーション、ゴールドなどさまざまなバリエーションが出回っています。下の写真はパープルのグラデーションの松かさです。アレンジメントに入れてもいいし、アレンジメントまわりに転がして添えても素敵です。

バラエティいっぱいの松かさのオーナメント

クリスマスっぽい色の組み合わせ

針葉樹の緑をベースに使いますが、白に赤を差し色に使い、ゴールドのリボンをあしらうなどすればクリスマスっぽい雰囲気になります。

キャンドルを入れたアレンジメント。カラーによって雰囲気が変わっていいですね。

アレンジメント作りには、「フローラルフォーム」と呼ぶスポンジを花器に入れて、花や木を差し込んでいきます。

パーティの食卓が華やぐスクエアなアレンジメント

スプラッシュセンセーション(ピンク)とロジータ(白)のローズ2種、黄緑色のクジャクヒバと白緑のブルーバード(スギ)、ヒペリカムやクモーサムレッドの赤い実、そしてキャンドルをアレンジメントにまとめました。

こちらのアレンジメントは、横長の四角い花器に入れてみました。シックな色合いのパープルやモスグリーンのキャンドルを、アレンジメントの引き締め役として配しています。カラーキャンドルの色を変えると、驚くほどアレンジメントの雰囲気が変わります。

アレンジメントの方法

それではここから、アレンジメントの方法を説明していきましょう。

1.まず、アレンジメントの骨格となる緑のベースをまとめます。

2. 枝物は削ぎ切りにして水を吸い上げやすくします。

3.白やピンクのローズを配していきます。花は、グルーピングして配置していくといいでしょう。

4.スプレーバラやヒペリカムなどの実を、アクセント的に差し込んで出来上がりです。

出来上がり!

次のページ:ボリューミィで多彩な花々を使った艶やかなアレンジメント

2013/12/12

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています