「水をやらなくても育つ」は大きな誤解~エアプランツの種類と育て方~

エアプランツは、「水をやらなくても育つ」訳ではありません。今回は、エアプランツの基本的な育て方と、さまざまな種類をご紹介します。

「水をやらなくても育つ」という思い込みが枯れる原因!

「インテリアプランツ」と呼ばれて人気のエアプランツですが、「水をやらないでも育つ」という思い込みが流布していて、まったく水やりをしないまま枯らしてしまう失敗が多いようです。

水やりはスプレーとソーキングで

最近は100円ショップでエアプランツが売られているそうで、マンション・ラボ編集部のスタッフからも、「一ヶ月ほど前に100円ショップで買ったエアプランツにまったく水やりをしてないけれど、このままでいいのか?生きているのか枯れているのかがわからない」という質問を受けました。

エアプランツも生きてますから、水やりは必要です。ただ、普通の植物と違うので、10日〜14日にソーキング(全体を水中に8時間程度浸すこと)するとよいでしょう。その後は乾燥させます。

夏場は室内が蒸し暑くなりますから、風通しを良くしてあげてください。また、霧吹きで株全体を湿らせても良いでしょう。

エアプランツは、株元の密集した部分に水を受けるような構造になっていて、その部分に水が溜まり過ぎると蒸れて腐ってしまう場合もありますから、注意してください。水をやりすぎた場合は、黒くなってきます。

枯れているのか生きているのかわからない、ということですが、枯れると、葉が巻いてカリカリになります。

置き場所を固定してあげて、できるだけ触れずに飾っておくと、植物に負担がかかりません。ガラス器やお皿などに置いてディスプレイしてください。

エアプランツの基本

エアプランツは、正式にはパイナップル科のチランジア(Tillandsia)という学名の植物です。パイナップルの葉の部分のようなかたちの品種がよく流通しています。もともと山の樹木や岩石に張り付いて自生しているので、風通しのいい場所で育てることが重要です。

清水秀男、滝沢弘之共著『ティランジア・ハンドブック』(日本カクタス企画社)

古い本で絶版かもしれませんが、エアプランツの良書です。写真も種類もふんだんに紹介されています。樹木や岩に自生しているエアプランツの様子がよくわかります。

ティランジア・ハンドブック

次のページでエアプランツの種類について説明します。

次のページへ

2013/05/14

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています