美しい収納(3) 無垢の木で仕上げたキャビネット

リビングデザインセンターOZONEが提案する「美しい収納」家具シリーズ。第3回目は、木工技術をデザイン化したシンプルなキャビネットです。

キャビネット(ウォールナット) SORIDOME

キャビネット(ウォールナット) SORIDOME

デザイナーが着目した木工技術

プロダクトデザイナー山田佳一朗さんが手がけた「SORIDOME」はその名のとおり、木の反りを抑えるための木工技術を意匠にした家具。本来であれば扉の裏面に取り付ける「反り止め」を、逆転の発想で取っ手として“見せる”デザインに仕立てています。

無垢の木の板は、しっかり乾燥したあとでも、木材自体がふくんでいる水分の放出と吸収を繰り返し、反り(伸び縮み)が起こります。家具として使われていても、“木は生きている”からです。この無垢材の木の反りを抑えるのが、「反り止め」という木工技術。ふだん目に触れることがなく、気づかずに使っていることがほとんどです。

こうした優れた技術に着眼し、その特性を活かしながら、見せる意匠へと昇華させた家具のシリーズです。

リビングダイニングに溶け込むシンプルなデザインで収納力抜群

タモのキャビネット。ミニマムなデザインで木材の“素”の美しさが際立ちます。シンプルで使い勝手も良好です。

タモのキャビネット。ミニマムなデザインで木材の“素”の美しさが際立ちます。シンプルで使い勝手も良好です。

実際に触れてみると、「反り止め」の取っ手は引き出しやすく、指先がすっと入る感触に心地よさを感じます。4つの扉は適度な厚みにして、扉を開けても美しく見えるように計算されています。
奥行き40㎝・高さ70㎝のキャビネットは、お皿類を収納する食器棚としても、書類棚としても大活躍しそうな使いやすいサイズ感。シンプルな収納家具を探していた人にぴったりです。

にっぽんフォルム 瀬戸貴子さん

IMG_1000SORIDOMEシリーズは他に、ダイニングテーブル、チェア、AVボードなどもあり、どれも無垢材の清々しさが際立ちます。また、連続して並べると、一体感のある部屋づくりができます。シンプルな佇まいながら、収納力もしっかりと考慮されていて、美しいしつらえが完成します。

 

▼現在開催中のイベントで、記事でご紹介した家具を実際にご覧いただけます。
「美しい収納家具」
会期:2016年4月21日(木)~6月28日(火) ※水曜日(祝日を除く)休館
場所:リビングデザインセンターOZONE(5F にっぽんフォルム)
URL:http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/13
※会期終了後の展示についてはお問い合わせください。

「にっぽんフォルム 夏の模様替え」
6/30(木)~8/30(火) 5F にっぽんフォルム
本展では、日本ならではの素材に着目しながら涼を呼ぶアイテムを厳選して紹介します。

にっぽんフォルム

0608_4日本の住まいと暮らしに馴染むデザインを厳選して紹介するショールーム。 椅子やテーブル、ソファ、チェスト、照明、うつわなどの生活用品を取り揃え、若手から巨匠まで、新旧のデザイナーと日本各地のものづくりの真摯な仕事とともに、気候風土に即した「しつらえ」を提案している。

東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
リビングデザインセンターOZONE 5F
03-5322-6620
http://www.ozone.co.jp/nipponform/

(写真提供:にっぽんフォルム)

2016/06/27

プロフィール

リビングデザインセンターOZONE

住まいとインテリアのショールームとショップ30店が揃う情報センター。新宿パークタワーの3F〜8Fに位置し、気軽にインテリア散策が楽しめる。セミナーや相談会も随時開催。

http://www.ozone.co.jp