マンションの売却・賃貸・買い替えもヴァーチャル内覧やビッグデータ分析の時代!新しい仲介のカタチをDX拠点「Cube i 有楽町」で体験

2020年9月、三菱地所ハウスネットの新たなDX拠点「Cube i 有楽町」がリニューアルオープンしました。いままでにない、まったく新しい不動産体験ができると聞いて、早速マンション・ラボ編集部が取材してまいりました。これからの時代の不動産選びは、どんどん新しく面白く変わっているようです!

新時代の不動産体験空間「ホワイトキューブ」でヴァーチャル内覧!

「Cube i 有楽町」は、新有楽町ビル1階にあります。三菱地所ハウスネットの有楽町営業所が、新たなDX拠点としてリニューアルオープンしました。

DX(デジタル・トランスフォーメーション)とは、簡単にいうと、最先端のデジタル技術を活用して、新しいビジネスモデルへの転換やデータの活用を図ること。

「Cube i 有楽町」は、不動産仲介におけるDX拠点として、「新しい住まい選びのカタチ」を提案するために誕生しました。

賃貸でも購入でも、通常の住まい探しは、ネットで情報を見て、仲介会社または販売会社へ行って、実際に現地に案内してもらって検討するという何段階かの手続きが必要です。ときには、何件もの物件を1日で見て回ることもあります。
そんな時間のかかる住まい探しを、根本から新しく変革していこう!というのが「Cube i 有楽町」です。では早速「Cube i 有楽町」を探検してみましょう!

「Cube i 有楽町」にあるのは、この何もない真っ白な空間「ホワイトキューブ」。この空間が、最新技術によってさまざまな用途にカタチを変えるのです!

「ホワイトキューブ」は、6面すべてが白い壁の部屋。その4面に高性能プロジェクタでさまざまなコンテンツを投影します。たとえば、内覧したい住戸の外観からエントランス、室内までの画像がほとんど原寸サイズで投影され、まるで現地にいるかのような体験ができるのです。

【ヴァーチャル内覧ツアー①】「ホワイトキューブ」に映し出された360°VR映像。エントランスホールやマンションの部屋の中を体験することができ、ちょっとゲームみたいな感覚です。不動産選びではエントランスの雰囲気も含めて全体の印象を知りたいはず! こういう所が体験できるのは有り難いですね。

【ヴァーチャル内覧ツアー②】住戸の中は、実際のスケール感になっています。キッチンカウンターもほぼ原寸で再現。ヴァーチャル体験して、新しい住まいを選ぶ! そんな時代がやってきたのです。

【新生活のイメージがわかる!ヴァーチャルホームステージング】ヴァーチャル体験中にタブレット端末をかざすと、家具を置いたインテリアイメージがシミュレーションできます。家具のカラーやサイズ感をあらかじめ検討できるのって最高です! まだ未確定ですが、将来的に新築分譲マンションのモデルルームもVR技術を使って、現地へ行かずともオンライン見学できるようになれば、マンションの選び方・買い方が、ぐんと変わりそうです。

【将来は住まいの周辺情報も!仮想空間を「旅するトビラ」】ホワイトキューブでは、ARとVRをミックスした技術で仮想空間を行き来できる「旅するトビラ」の体験もできます。操作は、タブレット端末をかざしてメニューを選ぶだけ。東京、沖縄、長崎といったリアル空間のほかに、モネの睡蓮の世界に没入できる「VRモネ睡蓮」まであります。将来的には、住まいの周辺環境や外観・共用部などもこの技術で確認できるようになるそうです。

専任データアナリストと一緒にビッグデータで不動産を考える時代

【Cube i 3D MAP①防災情報】「ホワイトキューブ」内で、「Cube i 3D MAP」というエリアのマーケット情報、防災情報などを表示。膨大なオープンデータをもとにしながら、ビジュアルでわかりやすく、街探しができます。たとえばこれは、防災情報から火災危険度を示したデータ。防災データから、街探しを検討できるのです。

【Cube i 3D MAP②マーケット情報】こちらはエリアの「マーケット情報」。蓄積された取引データ情報をもとに、検討エリアの価格相場を調べたり、エリア同士の比較をすることが可能です。購入するにも売却するにも大事な情報が、マップで視覚的に見られるのでわかりやすい!

【専任データアナリストが分析面でサポート!】
しかも「Cube i 有楽町」には、これらビッグデータを分析してくれる専任のデータアナリストがいます。「データでご説明すると、お客様もご自身の希望が明確化しますし、売却や購入条件の設定や時期についても、エビデンスに基づいてご判断いただけます。自分の希望がスマートに“見える化”したとおっしゃって喜んでくださるお客様もいらっしゃいます」と、データアナリストの原信田 早織さん。

ランチタイムにも!会社帰りにも!「Cube i 有楽町」の活用方法

「Cube i 有楽町」は、JR「有楽町」駅から日比谷口より徒歩1分の新有楽町ビル1階という、アクセスのよい場所にあります。

「Cube i 有楽町」所長 佐々木芳典さんと、データアナリスト 原信田 早織さんにお話を伺いました。


佐々木所長
「Cube i 有楽町」の「ヴァーチャル内覧ツアー」で住まい探しをしていただければ、会社のお昼休みや買い物の合間などのすきま時間も効率的に活用いただけます。また、地方在住で関東圏の住まい探しを短時間で行いたいという方にも、便利にご利用いただけると思います。住まい探しについては、ニーズを掌握してかなり候補を絞り込むためのお手伝いができます。


原信田さん
データ面でサポートする私たちデータアナリストは、経験豊富な営業担当とチームになって、お客様のご意向に沿ったご提案をしてまいります。たとえば3LDKが希少価値なエリアや、人口増加率予測によってエリアの発展度が推測できるなど、さまざまな検索も可能です。ビッグデータ分析を活用して、より資産性の高い不動産を検討したいというお客様が増えています。


佐々木所長
「Cube i 有楽町」に来店することが難しい方には、ZoomやLINEでのオンラインサポートも充実しております。オンライン内覧で住まいを選び、書類の電子化や電子契約を活用して、住まい探しから契約まですべてをオンラインで行う、という将来も間近になりつつあります。これからの売却・買い替え・購入は、まったく新しく変わっていくはずです。
その一方で、たとえば「この売主さんから買いたい」「この方なら売りたい」というような、生の声も伺います。無駄を省き、効率化を図る一方で、人と人のコミュニケーションも大切にした仲介を心がけていきたいと考えています。

これからの「Cube i 有楽町」のこと、やってみたいこと

「Cube i 有楽町」の所長 佐々木芳典さん。


マンション・ラボ編集部
「Cube i 有楽町」はDX拠点としてさまざまな可能性がありますね。今後、どう活用されていくのでしょうか?


佐々木所長
「Cube i 有楽町」は、さまざまな方にさまざまなカタチでご利用いただきたいと考えています。私共からビッグデータの提供もできますし、新たなオープンデータを取り込んで、分析していくことも可能です。また、専門家の方にデータを利用していただいて、新たなコンテンツが開発できればよいですね。


マンション・ラボ編集部
それは面白そうですね。以前、「妄想マンション」という企画で、オープンストリートマップやドローンを扱う青山学院大学教授の古橋大地さんや、気象情報を予測する赤坂大樹さんに登場いただきました。こうした専門家に「ホワイトキューブ」を活用していただくと、面白いコンテンツができそうです。

妄想マンション 防災×テクノロジー前編〜ドローン、段ボールジオラマ、気象予報、マンション各界で活躍する防災4達人登場!


佐々木所長
いいですね。私共も専門家の方々と面白い活用方法を企画して、さらに「Cube i 有楽町」が活性化していければと考えています。

「Cube i 有楽町」の入口はガラス張りで外からよく見えるので、この場所から公開オンライン配信や公開ラジオ放送をしても楽しそうです。今年3月に開催した「オンラインサミット」第2弾をここから公開配信したい!と、マンション・ラボ編集部の勝手な妄想がどんどん膨らんでいきます(笑)。


マンション・ラボ編集部
ほかにも、資産価値向上のためにがんばっている管理組合さんのマンション自慢とか、共用施設の活用事例動画をつくって、ここで視聴できるといいですね。管理組合さんのコミュニティ活動や防災活動って、外部には見えてこないし、まだ資産価値として評価されていません。


佐々木所長
若い世代を迎え入れるためにキッズルームを維持する、フィットネスルームを和室にして住民のコミュニティスペースするなど、意識の高い管理組合さんのマンションは、資産価値向上のためにさまざまな取り組みをされています。
そんなマンションさんをお客様にご紹介することで、我々も、人と人をつなぐためのお手伝い、“生きた不動産仲介”ができるのではないかと思います。今後が楽しみです。

▼こちらは、新入居者に配付する「管理パンフレット」を独自に作成している管理組合さんの事例です。
西京極大門ハイツのスゴイ取り組み マンションは、まちづくりだ!経営学編

「Cube i 有楽町」は、リアル来店でもオンライン相談でもどちらでもOK。「ちょっと自分のマンションの金額知りたいなー」なんていう軽い質問もできます。HPのフォームかフリーダイヤルで、事前に予約していくとスムーズです。
DX拠点としての「Cube i 有楽町」、今後の活動に大いに期待したいです!

三菱地所ハウスネット Cube i 有楽町※外部サイト
フリーダイヤル:0120-780-706
住  所:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル1F
営業時間:平日 11:00~20:00 
     土日祝 11:00~18:00
定休日 :毎週水曜日
最寄り駅:JR「有楽町」駅から日比谷口より徒歩1分

2020/12/17