マンションのディスポーザが壊れたら?交換・修理・メンテナンスの基本をおさらい!

築15年のマンションでほとんど毎日使っていたディスポーザが故障! しかも修理不可能! いったいどうしたらいいの?という場合の対処方法から、買い替え、設置工事、ディスポーザ設置マンションの問題点まで、実体験レポートでご紹介します。

マンションの設備ディスポーザが壊れたら?連絡先はメーカー!

15年使ってきて、かなりエイジングしてきた我が家のディスポーザ。粉砕はするけど、異音がしてきました。

我が家は築15年のマンション。新築入居時にディスポーザ完備のマンションだったことも、気に入った設備のひとつでした。

以来ほとんど毎日便利に使っていたディスポーザに突然異音が! 

生ごみは粉砕するのですが、とてつもない異音がします。15年間故障したことなかったので、「とうとう寿命かも」と脳裏によぎりました。

しかし一応故障チェックを。事前に以下のことをチェックしておくと、電話でメーカーに問い合わせする際にスムーズです。実際そうでした。

【ディスポーザが壊れたら?自分でチェックできること】

電源を切ってから以下のチェックを行う

異音:異物(スプーンなど)を入れてしまった/処理しにくい生ごみ(生イカなど)を入れた

動かない:異物を入れてしまった/生ゴミを詰め込みすぎた/蓋が閉まっていない/電源プラグが抜けている

水漏れ:生ゴミが内部に溜まった/投入してはいけない生ゴミを粉砕して詰まった

故障について、まず管理会社にも問い合わせましたが、メーカーに直接修理依頼する方が早いとのこと(そりゃそうですよね)。

電話で、異音、詰まり、水漏れなどの故障種類を訊かれて、実際に異音を電話で聞いてもらった結果、「防振ゴムがダメになっている。すでに10年以上経過しているため、修理ではなく買い替えとなる」ことが決定しました。がーん。

【ディスポーザが壊れたら?問い合わせ先】

□修理の問い合わせはディスポーザのメーカーへ

ディスポーザの買い替え

我が家のシステムキッチンの旧ディスポーザ(テラル)。シンク下には電動機(写真中央)と排出管があります。経年劣化で電動機の塗装が剥がれていました。

結局、ディスポーザは買い替えることに。管理会社にもう一度電話して、お得なキャンペーンや推奨メーカーを問い合わせてみると、現在契約している取扱業者を紹介してくれました。

もちろん自分で大手販売店やネットで探す方法もあります。

新しいディスポーザ(フロム工業)。シンク下の電動機が少しコンパクトになりました。

電話で注文してから工事日を決めて、実際の設置工事は約1時間。あっというまですね。

15年前のディスポーザから比べると、処理速度や性能も向上していて、粉砕できるものの種類(枝豆のさや、梅干しの種、鳥の骨など)が増えていました。これはちょっと嬉しいかも!

ディスポーザの基本

蓋を右に回すとON、左に回すとOFF。操作も簡単です。

ここで少し、マンション設備としてのディスポーザの基本を説明します。

・ディスポーザとは?

ディスポーザは、キッチンシンクの排水口に設置する生ごみ処理設備です。
機種にもよりますが、基本的な使い方は、生ごみを投入→水を流す→蓋を閉めてスイッチを入れる→生ごみを粉砕するという手順。

24時間ごみ出し可能なマンションも多いですが、ディスポーザの有無は生ごみストレスをさらになくしてくれます。一度体験しちゃうと、もうディスポーザなしのマンションには住みたくないかも!

・粉砕できるもの・できないもの「卵の殻はダメ!」

<主に粉砕できるもの>
食品くず(野菜くず、魚肉類、茶葉など)/大きな野菜・果物は小さくカットして粉砕/繊維質の多い野菜・果物(パイナップルの葉、とうもろこしの皮など)/茹でダコ など

<粉砕できないもの>
鳥や魚の生の皮/牛や豚の骨/鯛などの大きな魚の骨 など

<多量に投入してはいけないもの>
卵の殻→多量に粉砕すると、排水管に沈殿して詰まりの原因となる

※粉砕種類は各メーカーの機種によります。メーカーの取扱説明書を確認してください。

・修理で多いのは、異物の噛み込み

研究によると、ディスポーザのトラブルの大部分は「使用者の使用方法に起因する、異物の噛込などである」とあります。食品ごみ以外の異物を粉砕して詰まってしまうようです。自分でも何度か、小さいスプーンなどの金属類をうっかり食品ごみと一緒に流して、粉砕したことがありました。

⇒参考資料:集合住宅におけるディスポーザ排水システムの配管設計法に関する研究/小島 邦晴 戸田建設(株) 建築設計統轄部設備設計部 ※外部サイト

・マンションは排水処理槽でまとめて浄化

マンションのディスポーザは、粉砕後の排水を、排水処理槽でまとめて浄化してから下水道に排水するシステムとなっています。排水処理槽は、管理会社によって定期的にメンテナンスが行われています。

・ディスポーザの寿命は約7〜10年

メーカーによって耐用年数は異なってきますが、およそ7〜10年のものが多いようです。

・家庭用ディスポーザの買い替え費用

メーカーや製品によっても異なりますが、新品に交換する場合には、本体がおよそ6万円〜10万円程度。撤去費用と工事費が数万円かかります。マンションの管理会社が住民特別キャンペーンとして工事費込みでディスポーザの販売斡旋をしている場合もあるので、買い替える前に一度確認してみるとよいでしょう。

マンションのディスポーザは勝手に撤去できない!

新しいディスポーザは、蓋の部分が清掃しやすいデザインになっていて、排水口も大きな異物が入り込みにくい構造になっていました。こういう性能向上って助かりますね。

さて、我が家のディスポーザは、本体価格+工事費+処分費トータルで99,000円でした。
今後も10数年毎に10万円弱の交換費用がかかるのかと思うとちょっと悩みますよね。

工事会社の人によると、シニアのお宅では「もう食も細くなってそんなに生ごみを処理する必要もないから」といって、ディスポーザを撤去する事例も稀にあるそうです。

将来的には、「交換費用が高くつくから」と撤去しちゃう人もいるんじゃないかなーと、ふと疑問に思い、ディスポーザ販売店と管理会社に以下の質問を行ってみました。

Q.集合住宅のディスポーザは勝手に交換していいの?

A.竣工当初からディスポーザ設置マンションなので、器機の交換は住民が自由に行えます。
(管理会社の回答)

Q.ディスポーザを取り除くことはできるのか?(撤去して、通常の排水に戻す)

A.管理規約にディスポーザの撤去禁止と明記している場合は、撤去不可です。排水システムの設計や構造は、ディスポーザ設備の維持を基本として考えられています。またゴミ置き場や内廊下を、生ごみを運ぶときに汚してしまうかもしれません。ディスポーザを撤去して、通常排水に戻すことは、好ましくないのではないでしょうか。
(管理会社の回答)

確かに、生ごみを出すときに、内廊下のカーペットに生ごみのシミが点々とついたりしたら目も当てられません。
しかし、うちのマンションの管理規約には「ディスポーザを撤去してはならない」と明記されていなかったため、次回の理事会で管理規約に追記する旨を提案することになりました。

国民生活センターの消費者トラブルでは、ディスポーザに投入してはいけない卵の殻で配管を詰まらせてしまい、修理費が20万円かかったという事例が紹介されていました。取り扱い説明書を見るとわかるのですが、卵の殻って配管に堆積して詰まりやすいのだそうです。

独立行政法人国民生活センター ※外部サイト

しかし、こういう情報って、知らない住民も多いのではないでしょうか。
ディスポーザのような専有部分の設備も、共同の排水処理槽を利用している共同の設備。使い方ひとつで、迷惑をかけたりするんですね。

何も考えずにただ便利だと思っていたディスポーザですが、故障と買い替えのおかげで意外な勉強になりました。

2020/04/07