【実例】虫怖い・土汚い・土処分、面倒くさがり屋のベランダ・ガーデニング初心者の「3大問題」を解決してみた!

虫嫌いなら、最初に予防しておくのが吉!

ふわふわの『水でふくらむ花の土』。

今回使ってみて一番良かったのは、『水でふくらむ花の土/野菜の土』でした。普通の土だと虫が湧きそうで、残った土の保管も室内には置きたくないのですが、コンパクトで乾燥したブロックなので室内のストック棚に入れて置いてもなんとなく安心。水で戻すだけだし、ココヤシだと思うと触っても気持ち悪くない。逆に気持ち良かったです。
実は一度、九条ネギの苗をベランダのプランターで育てていたら、ある日黒いアブラムシが一面にぎっしり付いていて、もの凄いトラウマに陥りました。それ以来アブラムシがとにかく怖くてガーデニングには手を出さなかったですが、「最初から予防する」という発想で殺虫剤や駆除剤を使うというのは、目から鱗でした。なんだ、最初からやっておけば良かったという感じ。
今回の花は一年草なので咲き終わった後の土は、可燃ゴミとして出せるとわかっているので安心です。これで使用済みの土がベランダに累々と置いたままなのも防げますね(笑)。

ぜひ皆さんも、特にワガママで面倒くさがり屋のガーデニング初心者の皆さんにはオススメです。これでこの春夏のベランダ・ガーデニングはバッチリですよ!

アース製薬さんにわからないことを質問してみた!

今回使ってみた製品で、いろいろ疑問が湧いてきたので教えてもらいました。

Q 残った『水でふくらむ花の土/野菜の土』は、そのままで保存OK? いつまで使えるの?

A

そのまま置いておいても問題ありませんが、屋外で雨風に晒されると表面がボロボロになってしまうので、ビニール袋などに入れて保管していただくか、屋内で保管していただくのが良いです。使用期限はありませんので、使いきれなかった分は次のシーズンにもお使いいただけます。ふくらませてしまった土は、ふた付きのバケツなどに入れておくと、次に使うときに便利です。

Q 『水でふくらむ花の土/野菜の土』は通気性がいいので、普通の土よりも乾きやすくない? 水やりの頻度は普通の土の場合とは変えるべき?

A

ふかふかで通気性に優れていますが、繊維や粒自体は保水性が高いため、乾きやすいことはありません。水やりの頻度は普通の土の場合と変わらず、表面ないし表面から1~2cmの部分を軽く指で触ってみて乾いていたら、十分に水をあげてください。

Q 『野菜と花の害虫予防 スターガード粒剤』って一回撒いておけば、どのくらい効力があるんですか?

A

植物の大きさや種類、対象害虫の種類によって異なりますが、約1ヵ月効果が持続します。

Q 『ゴキブリのガーデニング対策』はいつまで効力が持つの?

A

約6ヵ月効果があります。ベランダのプランターや鉢の近く、ベランダの隅や室外機の裏などにも置いておくと、ゴキブリの室内への侵入が防げます。雨や散水に強い耐水処方や固定テープ付きなので、屋外に設置しても問題がないように設計されています。

【今回使った製品はこちら】※外部サイトへリンクします
リッチベジタブル 水でふくらむ野菜の土/リッチフラワー 水でふくらむ花の土
野菜と花の害虫予防 スターガード粒剤
ガーデニングのゴキブリ対策

取材協力:アース製薬株式会社※外部サイト

2017/05/12