マンションのベランダで観葉植物を楽しむ~冬に多肉植物を育てる時のポイント~

img_4762

マンションのベランダで育てる多肉植物の注意点をご紹介します。挿し木の作り方もあわせてアドバイスします。

多肉植物は、霜が下りない場所ならベランダで育ててもOK

多肉植物の中でもエケベリアやセンペルビウムは比較的寒さに強い品種です。

多肉植物の中でもエケベリアやセンペルビウムは比較的寒さに強い品種です。

多肉植物が好きな人ほど、ベランダや庭などの屋外で育てている人が多いようです。ベランダに専用棚を作って多種類の多肉植物を楽しんでいる方もいます。室内と室外の生育環境を比べると、室内の方が難しいかもしれません。
マンションのベランダや庭で育てる場合には、霜が下りない、日当たりのいい場所に置いてください。また室外の方が室内より乾燥しやすいので、室外での水やりは、土の乾き具合に応じて注意しましょう。

寒さに強い品種エケベリア、寒さに弱い品種カランコエ

写真向かって左がエケベリア、右がカランコエ。寒さへの耐性が異なります。

写真向かって左がエケベリア、右がカランコエ。寒さへの耐性が異なります。

多肉植物の中でもエケベリアやセンペルビウムは比較的寒さに強い品種です。逆にカランコエなどは寒さには弱いので、室外で育てるには注意が必要です。
霜が下りない場所であれば、多肉植物が寒さでダメになることはありません。逆に室内編で挙げたように、日照時間不足・水のやりすぎで弱る場合が多いです。

多肉植物の剪定と挿し木

多肉植物がよく育って、このように間延びしてきたら剪定します。

多肉植物がよく育って、このように間延びしてきたら剪定します。

多肉植物で「伸びてきたらどうしたらいいのか?」という質問がよくあります。伸びたままの自然な姿を好む人もいますが、あまりにも間延びしてきたら、適当なところで剪定します。剪定した多肉植物の枝先は、そのまま土に挿し、挿し木にして増やします。

挿し木中のセンペルビウム。多肉植物は、葉挿しでも挿し木でも、よく増えます。

挿し木中のセンペルビウム。多肉植物は、葉挿しでも挿し木でも、よく増えます。

冬の間は、植物の活動も停滞します。季節に合わせた管理方法で面倒をみましょう。

マンションで多肉植物!簡単な挿し木・葉挿しでの株の殖やし方

2017/01/24

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています