マンションガーデニングの基本、10号鉢の観葉植物の水やりの量

IMG_2436

4号鉢の水やりに続いて、大きな観葉植物の場合の水やりの基本をご紹介します。

10号鉢以上の大きな観葉植物の水やり方法

10号鉢以上の大きな観葉植物の場合は、鉢カバーから鉢を取り出すのは難しいので、適切な水の分量をしっかり覚えてきましょう。

10号鉢のウンベラータの根元。このくらい土が乾燥してから水やりをします。

10号鉢のウンベラータの根元。このくらい土が乾燥してから水やりをします。

写真では、水やりがわかりやすいように鉢カバーから取りだしていますが、ふだんは鉢カバーの中に入っている状態で水やりをされると思います。適切な水の分量を知るために、一度水の量を量っておくといいでしょう。

写真では、水やりがわかりやすいように鉢カバーから取りだしていますが、ふだんは鉢カバーの中に入っている状態で水やりをされると思います。適切な水の分量を知るために、一度水の量を量っておくといいでしょう。

500㎖の水を2回に分けて水やりをして、受け皿に水がかなり溜まりました。この10号鉢には、約750㎖の水の量が適切なようです。

500㎖の水を2回に分けて水やりをして、受け皿に水がかなり溜まりました。この10号鉢には、約750㎖の水の量が適切なようです。

受け皿に溜まった水は、雑巾に吸わせて取り除きます。鉢カバーに入っている状態(写真向かって右)では、雑巾を差し込んで吸わせます。

受け皿に溜まった水は、雑巾に吸わせて取り除きます。鉢カバーに入っている状態(写真向かって右)では、雑巾を差し込んで吸わせます。


大鉢の場合には、鉢を持って重さを量ることはできません。
最初に適切な水の分量を量って覚えておき、水やりをする度に、受け皿に溜まった水があれば、しっかり取り除くことを習慣にして、水やりをしてください。そして、どの植物でもそうですが、「水やりは土がしっかり乾いてから」が基本です。
惰性で毎日水やりをしていませんか?
いつも土表面が湿った状態になっていませんか?
いま一度、あなたの観葉植物の土の状態をチェックし直してみてください。

いつも植物を枯らせてしまう人にありがちな「根腐れ」の原因と対処方法

2016/08/22

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています