もろおえりの整理収納キッチンリフォーム 使いやすいオーダーキッチンをつくるポイント(1) あえて扉を無くしてみる

こんにちは。収納&空間コンサルタントのもろおえりです。前回に引き続き、自宅マンションのキッチンリフォームについてご紹介します。今月は、オーダーキッチンで私がこだわったポイント、今回はその前編です。

シンク下には扉をつけないという選択

0620_1私のキッチンリフォーム一番のこだわりは、扉lessなキッチン。シンクの下にゴミ箱があるのはとても便利ですよね。扉がなく、さらにペダル式のごみ箱にすれば、ワンアクションでゴミを捨てることができます。

また、何と言ってもお掃除がラクなのです。ゴミ箱を取り出せばただの空間なのですから。扉の裏表のお手入れも必要ありません。

ちなみに、シルバーの長いバーは元のシステムキッチンから移設した思い出の品。あまりにキレイだったので再利用しました。これはタオル掛けに。

シンク下には、ゴミ箱のほかに、黒いボックスに入れた洗い桶なども。空間いっぱいにモノをいれないのが、キレイの秘訣です。また左側の壁も無駄にはしません~。

0620_2

0620_4

この短いバーも元のシステムキッチンから移設したもの。S字フックを使って、野菜ブラシとお掃除ブラシを吊るすことができました。これならブラシを乾燥しながら収納できます。

IHの下の収納部分にも扉を付けない仕様に

0620_3

IHの下も扉はありません。スライド式のステンレスの棚を設置し、フライパンやお鍋の収納にしています。扉を開く手間がないので、簡単に取り出せ、洗った後も、さっとひと拭きするだけで、お片付け完了~!

ステンレス棚の上は引き出しです。ここにも元システムキッチンのバーを再利用しています。

ガスコンロではなくIHを選んだ理由

0620_5これは最後まで悩みました。
豪快に炒め物がしたい!と一旦はガスに決めたものの、悩みに悩んだ末、IHを選択しました。その理由は、お掃除のストレスから解放されたかったから。今までいつも五徳の隅々までピカピカにしておきたくて、躍起になって磨いていました。でも一日の終わりは疲れも溜まっています。やはりお手入れは簡単キレイに越したことはありません。ラクを取ってIHにしてみて、今とても満足しています。

さらにこだわったのは、ロースターのないIHです。
ロースターというものはとても厄介なモノで、いくら網や受け皿の部分を綺麗に洗っても、内部の汚れは落としきれません。それが以前から気になって気になって・・・ストレスになっていたのです。

ありました!ロースターのないIHが。でも2機種しかないとのことで、ショールームに足を運び、実物をチェック。デザインが良い方を迷うことなく選びました。操作がシンプルであることは言うまでもなく、美しさも重要です。

オープンキッチンですから、キッチンもインテリアの一部としてこだわりたいですよね。

オーダーキッチンとシステムキッチン、どちらがいい?

オーダーキッチンは、細かいところまで納得いくまで打合せして、形状、サイズ、材質、機能、収納など自分好みのキッチンにできるメリットがあります。もちろん最近のシステムキッチンも美しく、機能面においても目を見張るものがあります。

どちらを選ぶにしても、どんなキッチンにしたいのか、また絶対に取り入れたいモノは何か、予算はどのくらいなのか、明確にすることがポイントです。

イメージが漠然としている場合は、雑誌やネットを参考にするのもおススメです。また可能であれば、ショールームに足を運んでみると、新しい発見があるかもしれませんね。

2016/06/23

プロフィール

もろおえり

収納あとりえ~Atelier~

収納&空間コンサルタント


choco_logoソニー(株)秘書を経て、退社後は主婦業のかたわら、伊藤忠商事に勤務する。


きれい好きな母の影響で、子供の頃から整理整頓が大好き。趣味が高じ、整理収納アドバイザー1級を取得。


使いやすさはもちろん、インテリア性も考えた美しい収納、快適な美空間づくりを提案。

整理収納で「おうち美人」「輝く女性」「デキル男」に導きます。収納に関する記事の掲載、各種セミナー・レッスン開催、ご自宅コンサルテイング等も実施しています。


詳しくは下記ホームページよりどうぞ

HP:http://b-syuno.com/


もろおえりの12か月ちょこちょこ収納

BLOG:http://eririnn1127.blog.fc2.com/