マンションに理想の浴室を!ミスティルームで考える浴室インテリアと設備

マンションに理想の浴室を!ミスティルームで考える浴室インテリアと設備

[ルームA-2] 人生を愉しむ男のダンディズム薫る浴室(ミスティルーム)

マンションのお部屋のインテリアはいろいろ変えられますが、意外なことに浴室だけは画一的になっていませんか? ストレスフルな現代、リラックスタイムとしてのバスタイムは大切です。今回は浴室のインテリアと機能について考えてみました。

長湯?カラスの行水派?あなたのバスタイムの過ごし方ってどんな風ですか?

マンションに理想の浴室を!ミスティルームで考える浴室インテリアと設備

マンション・ラボが2016年3月に「入浴に関するアンケート」を2457名に実施したところ、入浴時間は、1位30分、2位15分、3位10分程度の順番でした。1時間程度入浴している人は、8%弱。
「家族4人が集中して入るのでのんびりというよりは、急いで入っている」「お湯に浸かるのは年に数回、ふだんはシャワーしか使わない」という回答のように、皆さん忙しいせいか、入浴時間はたっぷりとれない状況のようです。

マンション・ラボ 2016年3月25日〜4月2日実施「入浴に関するアンケート」より

(マンション・ラボ 2016年3月25日〜4月2日実施「入浴に関するアンケート」より)

そのため、バスタイムでリラックスするためにやっていることも、「特にない」人が62%。40%弱の人は、「半身浴」「音楽を聴く」「テレビや映画を観る」「本を読む」「ネットを楽しむ」「アロマグッズを使ってリラックスする」など、思い思いの方法で楽しんでいるようです。

猫足のバスタブに額を飾るバスルームって憧れますが、これは空気の乾燥した風土のヨーロッパだけでしか実現できないインテリなのでしょうか?

猫足のバスタブに額を飾るバスルームって憧れますが、これは空気の乾燥した風土のヨーロッパだけでしか実現できないインテリアなのでしょうか?

一方で、毎日お風呂に入る人は、夏場84%・冬場79%と、入浴頻度自体は高いものでした。
毎日入浴する人が多いなかで、「ゆっくり入る時間がない」「家族の入浴の順番待ちがある」という理由で、疲れをとるバスタイムを短く済ませてしまうのはなんだかもったいないですね。

なかには「ふだん朝風呂で、ささっと入って済ませてしまうのでちょっと浴室がもったいない。何か使わないとき、他の事に使えたらいいなと思う」という意見まで。せっかくリラックス効果のあるバスタイムを、もっとうまく活用できないものでしょうか?

「掃除が気になるので、シンプルで必要最低限のものしか置いていない」という声もあり、浴室のインテリアってまだまだ検討の余地がありそうです。

なんとミストサウナが楽しみたくてミストサウナ付きのマンションを購入した人が!

アンケートの自由回答では、いろいろなおすすめの入浴アイデアがありましたが、中でも「ミストサウナがおすすめ。これがやりたくてミストサウナ付きのマンションを購入しました!」という声に興味津々。

ミストサウナは、浴室暖房乾燥機に細かな霧状のミストを噴射して浴室全体を包み込むように温めてくれるミストサウナ機能がプラスされたもの。しっかり温まり、発汗作用が高まって血行がよくなるため、自宅の浴室でサウナ効果が楽しめるものとして人気です。

最近の新築マンションでは、ミストサウナ機能付きの浴室が設備として最初から付いているものも多いようです。きっとリラックス効果抜群なはず! これはチェックしてみなくては!

そこで新宿にある東京ガスのショールームで、ミストサウナの無料体験ができる!さらにライフスタイル別の浴室インテリアまで体感できる!という話を聞いて早速取材に伺いました。

東京ガスのショールームで、4つのインテリアタイプの浴室とミストサウナ体験

東京ガスショールームのミスティで、東京ガス株式会社の浅倉与志雄さんにお話を伺いました。

東京ガスショールームのミスティで、東京ガス株式会社の浅倉与志雄さんにお話を伺いました。

浅倉さん「浴室暖房乾燥機&ミストサウナの「ミスティ」は、低温高湿度なので、息苦しさがなく、短時間で身体の芯まで温まり、リラックス効果も期待できます。最近では標準設備として採用しているマンションも多くなっています。ミスティルームは、完全個室のプライベート空間で、「ミスティ」のさまざまなミスト浴効果を体感していただけます。ご利用には事前予約が必要ですが、約90分無料で体験いただくことができます。おかげさまで、1日3回の体験タイムには、毎日たくさんのご予約をいただいています」

シャンプー、タオル、バスローブ、基礎化粧品などのアメニティグッズはショールームに完備しているので、新宿へ遊びにきたついでにミストサウナを体験していくというのも楽しそう!
また浴室は、3世代向け、男性向け、子育て世代向け、女性向けの全部で4タイプのライフスタイル別インテリアが用意されており、最新設備や浴室インテリアを研究するには最適です。また、ミスティルームのインテリアデザインはすべて、リビングデザインセンターOZONEが手がけたものですから、さらに期待が高まります。

早速、4タイプのインテリアを見ていきましょう。アンケートで集まった「こんな浴室がほしい!」「こんな風に入浴を楽しんでいる!」というみんなの声も合わせてご紹介します。

次のページ:お風呂場が「風呂BAR」に変身!?

2016/04/25