土の更新をしよう!土に関するよくある疑問にお答えします

P1180646

今回は、土に関する、よくある疑問についてお答えします。

Q.鉢の土が減ってきたので、新しい土をちょい足ししてもいいですか?

P1180660

鉢の表面の土が減ってくるのは、土の粒子が細かくなって目が詰っていくからです。鉢底から少しずつ土が流れ出るのも原因です。水はけも悪くなっていますから、その上に新しい土を足してしまうと、古い土と新しい土が二層になっているような状態です。

新しい土の部分は水はけがよく、古い土の部分はそのままです。見た目がよくなる程度で、改善にはならないので、「ちょい足し」にはあまり意味がありません。植え替えに適した季節に、土を更新するのがおすすめです。

Q.植え替えしなくて、肥料を混ぜるだけじゃダメですか?

P1180655

先の質問と同様ですが、古い土に肥料を混ぜるだけでは、根本解決にはなりません。新しい土をつくりなおしてから、肥料を与えるのが理想的です。

Q.鉢の土の中に幼虫を見つけました! どうしたらいいの?

P1180659

虫も、柔らかい状態の土を狙って卵を産み付けます。もしきちんと管理しているのに生育が突然悪くなった場合は、土の中でコガネムシの幼虫などが育って根を食い荒らしているかもしれません。一度、植物を鉢から抜き取り確認しましょう。

虫がいれば捕殺して、あわせて用土の更新もしてください。予防は、虫除けネットや不織布などを地表にかぶせる程度でしょう。もし、産み付けられてしまったら防虫剤(オルトラン)などで退治するのもひとつの方法です。

また、小さい4〜6号サイズの鉢ならば、バケツに水をたっぷり入れて、鉢ごとしばらく水に浸けて、虫が出てくるのを待つとよいでしょう。
こちらの方が実施されています。

▼無農薬でコガネの幼虫を追い出す方法/ベランダでバラのコンシェルジュを目指して
http://berandabararose.blog66.fc2.com/blog-entry-196.html

Q.卵の殻を土に載せたり混ぜ込んだりするのは効果がありますか?

ずいぶん昔に、卵の殻を植木鉢に載せて育てている様子を見かけましたが、効果はわかりかねます。それよりも、卵の殻を置くことで、虫が湧いてきたりする悪影響の方が心配です。

養分が豊富そうなので培養土を室内の観葉植物に使っていますが大丈夫ですか?

P1180651

先の記事でもご紹介したように、保湿性の高い培養土は、基本的に室外の植木や草花に適しています。
室内で育てる観葉植物に培養土を用いると、水持ちがよすぎて根腐れしてしまう可能性がありますので、水はけのいい観葉植物用の土に替えてください。


ちょっとした思い込みや勘ちがいが、うまく植物が育たなかったり枯れたりする原因につながります。植物の種類や、室内と室外とでは、使用する土が異なることをよく理解して、まちがった土を使わないように注意してください。

2016/03/28

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています