観葉植物ポトスの種類と鉢カバーを使ったインテリア事例

ポトスの代表的な種類と、それにあわせた鉢カバーを紹介します。

代表的な5種類のポトス

ポトスには何種類かありますが、代表的な5種類をご紹介します。

ポトス・エンジョイ

0129

白い斑がくっきりと入った、葉模様が美しいポトスです。小ぶりな葉サイズで、コンパクトな印象です。

ゴールデン・ポトス

0129_2

濃い緑色に黄白の斑が入った、代表的なポトスです。

ライム・ポトス

0129_3

若々しいライムのようなイエローグリーンのポトス。

ポトス パーフェクトグリーン

0129_4

斑がなく、濃い緑が美しいポトス。

マーブル・グリーン

0129_5

白い葉に、まだらに緑の斑が入ったポトス

鉢カバーで変わるインテリアイメージ

ポトスは、鉢カバーの組み合わせ方でも印象がかなり変わります。小さい株で楽しむのもいいですし、大きな株を飾り棚に置いたり、明るいキッチンに飾ったりしている方もあります。

室内の奥まった場所に飾る場合には、ときどき明るい窓際に置き換えるなど、ローテーションするといいでしょう。

0129_6

木製のカバーでナチュラルな雰囲気に。鮮やかな緑が際立ちます。

シックで落ちついたカラーリングのプラスティックカバー。軽量で持ち運びやすいのも魅力のひとつです。

シックで落ちついたカラーリングのプラスティックカバー。軽量で持ち運びやすいのも魅力のひとつです。

ガラス製のベージュの鉢カバー。ベージュもグリーンを引き立ててくれるカラーのひとつです。

ガラス製のベージュの鉢カバー。ベージュもグリーンを引き立ててくれるカラーのひとつです。

アンティーク加工の陶器の鉢カバー。落ちついた雰囲気を醸し出します。

アンティーク加工の陶器の鉢カバー。落ちついた雰囲気を醸し出します。

ナチュラルなテイストの籠の鉢カバーに入れてみるのもおすすめです。ライムグリーンのポトスが活きてきます。

ナチュラルなテイストの籠の鉢カバーに入れてみるのもおすすめです。ライムグリーンのポトスが活きてきます。

ビンテージ風の柄ものの陶器の鉢カバー。色と模様によってまたイメージが変わります。

ビンテージ風の柄ものの陶器の鉢カバー。色と模様によってまたイメージが変わります。

ペールブルーの陶製鉢カバーにライムポトス。

ペールブルーの陶製鉢カバーにライムポトス。


鉢カバーとポトスの種類の組み合わせで、いろいろなイメージのグリーンインテリアになります。お好みの組み合わせを考えてみてください。

2016/02/12

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています