観葉植物ポトス 基本の育て方・剪定方法をアドバイス!

0129_1

観葉植物でも根強い人気のポトス、その基本の育て方を紹介します。

冬場におけるポトスでありがちな失敗は、「寒い外で放置した」こと

観葉植物の定番ともいえるポトス。基本的には、育てやすい植物ですが、温度管理だけ注意してください。暑さには強いのですが、寒さには弱いので、室内で楽しむ観葉植物だということをよく理解して育てましょう。

よくある失敗は、「冬場の暖かい日中にベランダやバルコニーに出して水やりをして、そのまま一晩出しっぱなしにしてしまい、寒さでやられてしまった」というものです。寒さで萎れた葉は、元には戻りません。切り戻して、暖かい室内で様子をみてください。

耐陰性はあるので、室内でもできるだけ明るい場所で育てれば、十分育ちます。真夏の直射日光は、葉焼けするので避けてください。

真冬の日光はOKです。ただし、窓辺の寒さには注意が必要です。夜の窓辺は急激に冷え込みます。およそ最低気温が10度前後で管理できる場所を選びましょう。

水やりは、「土表面が乾いたら」が基本

水やりは、土が十分に乾いてから行います。水をやりすぎると、根腐れしやすいので注意が必要です。土の表面を手で触って「乾いているな」と感じてから、3〜4日後に水やりをするくらいの感覚で大丈夫です。土によく触れて、土の湿度を体感してください。

観葉植物の水やりは「完全に乾いてから」「たっぷりと」が基本

間延びしてきたら大胆に剪定して仕立て直しを

ポトスは、成長すると株元が間延びしてきます。間延びしてきたら、3節くらい残してカットして、仕立て直しするとよいでしょう。

ポトスを剪定する際には、節のすぐ上の部分で切ります。

ポトスを剪定する際には、節のすぐ上の部分で切ります。

仕立て直しのイメージとしては、以下の記事のように大胆に剪定します。

根詰まりしたローズマリーの土の入れ替え~切り戻し編~

ポトスの水栽培での挿し木方法

剪定した枝葉は、水栽培などで挿し木して育てることもできます。

剪定した枝葉、剪定ばさみ、水入りコップを用意します。

水に浸ける茎の部分の葉をカットします。気根はそのまま残しておいて大丈夫です。

茎の部分だけが水に浸かるようにします。

茎の部分だけが水に浸かるようにします。

ポトスは、サトイモ科のツル性植物なので、横に伸びていく習性があります。そのまま吊り下げて、伸ばしていくのもOKです。


次の記事では、ポトスの種類、鉢カバーなどを紹介します。

2016/02/02

プロフィール

寺井 通浩

東京都渋谷区上原にある、フラワー&グリーンショップ「からならの木」のオーナー。「植物と暮らす」をテーマにガーデニングやディスプレイを手がける。月に1回花の教室も開催するほか、個人宅のコーディネート相談も受け付ける。


ブログ村「バルコニーガーデンブログ」ランキングに参加しています