流行のマステで古くなった子供用のステップをプチDIYしてみた!

ついに完成!古ぼけたステップが、マステだけでイメージチェンジ

上の段にも草柄のマステを貼っていきます。

上の段にも草柄のマステを貼っていきます。

今度は上の段に、これまた別のマステをアクセントに貼りだしました。

今度は上の段に、これまた別のマステをアクセントに貼りだしました。

マステはいろんな種類があるので、ついつい貼りすぎてゴテゴテになってしまいがち。それでも、全体像をみながら不要であれば、はがせばいいのがうれしいところ。

娘も今イチだと感じたのか、上のアクセントでつけたマステははがして、下の段と同じくトリコロールに変更しました。

いったんはがして、下段と合わせてトリコロール柄のマステへと変更

いったんはがして、下段と合わせてトリコロール柄のマステへと変更。

トリコロール!緑に映えますね。

トリコロール!緑に映えますね。

そうしてついに完成した脚立がこちら。どうですか?古ぼけたステップが、マステだけでこんな風にイメージチェンジできました。すごくきれいとはいえないかもしれませんが、そのままよりもよっぽど楽しいものになりました!最終的には、娘いわく「森のお祭り」をイメージしたとのこと。なるほど。確かに森で動物や人がお祭りを楽しむ、そんな姿が想像できます。

完成!なかなか楽しげで、なにかと使ってみたくなります。

完成!なかなか楽しげで、なにかと使ってみたくなります。

失敗なんてない!まずはちょっとしたものから、はじめてみよう!

マステ作業を終えてみてもっとも感じるのは、何も雑誌やwebで紹介されているプロの方のように上手にできなくてもいいんだ、ということです。

最初は私も、「もっと大きくて見栄えのするものをかっこよく完璧に仕上げなければ!」などと思い込んでいたのですが、思えば思うほどハードルが高くなってなかなか着手できないんですよね。

個人的には、まずはどんなものでもいいので、好きな柄のマステをペタペタ貼っていくことから始めると、何度でも貼りなおせるので安心して楽しめます。慣れてきたら、プロや上手な方のマネをしてさらに上を目指すのもアリですね。

雑誌などでは、スイッチカバーや写真立てなどのインテリアから、パーティ用に購入した白い紙コップや紙皿をマステで自由に彩る、なんて楽しみ方も紹介されています。特にこれからはクリスマスやお正月とイベントが続きますから、マステで手作りクリスマス、なんていうのも盛り上がりそう。

みなさんも、ぜひマステでプチDIYを楽しんでみてはいかがですか。

2015/11/13