新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」に関するアンケート

2020年6月19日に新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」が配付されてから、2ヶ月が経ちます。現在、約1,400万件以上(2020年8月24日時点)がダウンロードされている接触確認アプリ「COCOA」は、どのように受け入れられているのか? マンション住民2,551人を対象に調査しました。

アンケート概要
アンケート概要 新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」に関するアンケート
実施期間 2020年7月16日(木)~2020年8月3日(月)
調査方法 インターネットリサーチ
回答数 2,551人

引用の際は、こちらからマンション・ラボまでご連絡ください

(※)グラフの数字は、小数点以下第2位を四捨五入しているため、回答比率の合計が100%にならない場合があります。

「COCOA」を知っている人は80%以上!マンション住民への認知度は高い

厚生労働省から配付されている新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA(ココア)」は、スマホにダウンロードしておけば、感染者との濃厚接触の可能性についてわかるというものです。

初心者でもカンタン!新型コロナウイルス感染者との接触が確認できるアプリCOCOA(ココア)のインストールから使い方まで
Q.あなたは『新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)』を知っていましたか?
(n=2551)
グラフ読み込み中...

マンション住民2,551人中、83.5%が知っていたと回答するほど認知度は高く、「テレビで知った」という人がほとんど。次に、インターネット、新聞によるものでした。

認知度は高いが、実際に「COCOA」をインストールしている人は20%

Q.『新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)』を、ご自身のスマートフォンにインストールしましたか?
(n=2551)

グラフ読み込み中...

認知度は高い一方で、実際に「インストールした人」は21.8%、スマートフォンを持っていない人を含めて「インストールしていない人」は、76.6%でした。

「インストールした」人の声

以下のように感染拡大抑制に協力したいという声が多く、「普及が進まないと、あまり意味がない」というように、普及促進に協力しつつ、現段階のアプリの浸透度や精度を冷静に見守っている人々のようです。

自分だけのことではない気がするから

感染の拡大を抑えたい

まずは皆でやってみればよい

インストール後は気にせずにいられるので良い。

「インストールしていない」人の声

やり方がわからないという声の他に、アプリ自体の完成度が向上するまで様子見をしているという声もありました。

仕組みがよくわからないし、トラブルが多く信用できない。

インストール方法を知らない

まだソフトの完成度が高くないように思う。世間で評価され、使用に対する不安感が低くなれば使いたい。

なるべく多くの人がインストールできたらいいが、不具合があり、今のところ経過観察。

ココが誤解!「不具合」「位置情報の利用」「6割説」

ニュース報道やネット、あるいはSNSで、本アプリに関するさまざまな意見が飛び交っていて、漠然とした不安を抱える方が多いようです。しかし、その不安の中身は、アプリの不具合やプライバシー関連、「人口の6割を超える人がインストールしないと意味がない」という誤解によるもののようです。

「インストールをしない」と回答した方々で多かった理由のうち、よく誤解されているポイントについて、以下にご説明します。

【ココが誤解!】
「バグだらけ。解決したら考える」
→アプリの不具合は解消されている!

アプリの不具合については、報告が上がる度に都度解決して修正版が配付されています。厚生労働省の更新情報を確認するとよいでしょう。また、インストール後もアプリを更新して常に最新バージョンにしてくことで、効果的に「COCOA」を利用できます。

【ココが誤解!】
居場所を知られたくない。位置情報をオフにしているのでインストールするつもりはない
→「COCOA」は位置情報を利用しない!

個人情報や居場所を知られたくないので「位置情報をONにしたくない」という回答が多く見かけられましたが、これはマチガイ。「COCOA」は、GPSなどの位置情報は利用せず、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)※を使っています。また、個人の特定につながる情報を入力する必要もありません。詳細は、以下厚生労働省のサイトで確認してください。
※AndroidはOSの仕様上、ブルートゥース機能を有効にするために位置情報をONにする必要があります。本アプリでは位置情報の収集は一切行っておりません。あくまで、ブルートゥース機能を有効にするために必要となる設定です。

【ココが誤解!】
6割以上がインストールしないと実効性が低いと言われているから意味がない
→普及率も重要だが、アプリによる行動の変化にも感染防止の意味がある

アプリの効果と普及率については、多くの報道がされてきました。多くの人が利用することで効果が高まることは事実ですが、アプリで知った接触情報によって外出を自粛するなど、「行動を変える」人が多くなることにも大きな意味があります。一人ひとりがアプリをインストールすることで、少しずつ効果が積み上がっていくとも言われています。

厚生労働省 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application※外部サイト

アプリでみんなが知りたいことは、「接触の場所や時期」が70%弱

Q.もし、スマートフォンのアプリで、新型コロナウイルス陽性者との接触がわかるようになるとしたら、どこまで知りたいですか?
(n=2551)
グラフ読み込み中...

「COCOA」によって知りたいことは、感染者との接触の「場所や時期」(68.2%)という回答が約70%弱。次に「接触した可能性だけ知りたい」という人が2番目に多い回答でした。

ただ現在の「COCOA」の仕様では、「陽性者が、本人の同意のもと、陽性者であることを登録した場合に、その陽性者と過去14日間に、概ね1メートル以内で15分以上の近接した状態の可能性があった場合に通知」するものです。

あくまで位置情報を利用せずに、アプリのユーザー同士が接触した記録のみを管理するアプリなので、詳細な接触の場所や時期については知らされませんが、接触の通知後は、帰国者・接触者外来等の連絡先が表示され、検査の受診などが案内されます。

Q.もし、スマートフォンのアプリで、新型コロナウイルス陽性者との接触した可能性が通知されたとしたら、PCR検査を受けたいと思いますか?
(n=2551)
グラフ読み込み中...

もしアプリをインストールしていたとして、陽性者との接触の可能性がわかったら、無症状でも軽症状でも「検査を受けたい」という人の合計は80%以上。「検査を受けたくない」という人はわずか2.6%に過ぎず、PCR検査に対する希望の高さがわかります。

厚生労働省は2020年8月21日、「COCOA」で陽性者との接触が通知された人のうち、希望者には全額公費負担でのPCR検査を提供するよう、地方自治体へ通達・要請しました。これにより、新規感染者が「COCOA」で陽性登録を行えば、通知を受けた知人や同僚がPCR検査を無料で受けられるというメリットが発生します。

Q.もし、あなたが新型コロナウイルスに感染したとしたら、「陽性の登録」をすると思いますか?
(n=2551)
グラフ読み込み中...

アプリのインストールはしていなくて、もし感染して陽性が判明したら「ただちにアプリに登録すると思う」いう人が60%。自分の感染が判明したら、アプリを入れて感染拡大予防に努めたいという、しっかりとした考えの人が多い点に感銘を受けました。

感染の拡大を防ぐには、感染した可能性のある人に速やかに注意を促す必要があると思う

そのためのアプリだから

周りの人に迷惑をかけたくないから

アプリをインストールしない人が多いのは、自分さえよければいいという自己中心的な考えではなく、アプリへの不信感や正確な情報が伝え切れていないことも影響しているようです。

今後の課題は、「検討中」「インストールするつもりはない」人が大多数なこと

Q.今後、このアプリをインストールしたいと思いますか?
(n=1713)
グラフ読み込み中...

最後に、まだアプリをインストールしていない人を対象に、今後インストールするかどうかについての意向を伺いました。

「いずれインストールするつもり」(12.8%)と「検討中」(35.4%)の方は、合計で半数近くいる一方で、「インストールするつもりはない」(32.9%)が1/3以上います。

「インストールするつもりはない」人の声

陽性の人の登録が任意なので使えないと思う

信頼できない

普及率が上がらないので、機能しないと思う

先にご紹介したように、プライバシーやセキュリティの面での心配という誤解や、不具合の発生から生まれた不信感、普及率が人口の6割に達しないと効果がない説などが、インストールしない人の理由のほとんどのようです。

以前実施したアンケートでは、半数以上の人が「自分や家族の感染」を不安に感じていることがわかっています。

アンケート マンションでの新型コロナウイルス感染拡大対策で私たちにできる取り組み

アプリのインストールは、自分を守り、大切な家族を守るために、私たち1人ひとりがすぐできるシンプルな取り組みです。
「COCOA」アプリの正しい知識を知り、一人でも多くの人がインストールして、陽性になったら即座に登録するという簡単なアクションで、接触確認アプリが正しく効果を発揮できます。身近にインストールをしていない人がいたら、ぜひすすめてみてください。

厚生労働省「COCOA」インストール方法※外部サイト

他に、感染症対策に真摯に取り組んでいるマンションの事例もあります。マンションで一丸となって、感染拡大の防止に協力したいものです。

目に見えない敵にマンションはどう立ち向かったか?4マンションの新型コロナウイルス対策

2020/08/28