在宅時間の増加でマンションの騒音問題に変化?


緊急事態宣言が発令されて以降、外出自粛のために在宅時間が増加しました。緊急事態宣言が解除された現在も、コロナウイルス感染予防のために、外出自粛を心掛けている人も多いのではないでしょうか。一方で、在宅時間が増えると気になるのが、マンション内での騒音です。今回は、外出自粛による在宅時間の増加で、騒音に関する状況の変化を調査しました。では、アンケートの結果をご覧ください。

アンケート概要
アンケート概要 外出自粛中のマンション内での騒音トラブルに関するアンケート
実施期間 2020年5月8日~2020年5月24日
調査方法 インターネットリサーチ
回答数 2,570名

引用の際は、こちらからマンション・ラボまでご連絡ください

(※)グラフの数字は、小数点以下第2位を四捨五入しているため、回答比率の合計が100%にならない場合があります。

約3割の人が外出自粛で「騒音が増えた」と感じている

まず、外出自粛要請が出されて以降、マンション内での騒音が増えたと感じる人は、「明らかにえたと思う」「どちらかといえば増えたと思う」を合わせて、28.5%でした。やはり、背景には在宅時間の増加があるのでしょうか。

Q.緊急事態宣言による外出自粛要請が出されて以降、マンション内での騒音は増えたと感じますか?
(n=2570)

グラフ読み込み中...

そこで、在宅時間について見てみると、「昼夜問わずずっと」在宅している人が、平常時は20.6%、緊急事態宣言発令後では50.3%と、平常時に比べて緊急事態宣言発令後は2倍以上増加していました。昼夜問わず在宅している人の増加で、騒音を出してしまう時間も、騒音を気にする時間も増えていることがうかがえます。

Q.あなたの平常時の、おおまかな在宅時間帯をチェックしてください。
(複数選択可)[平日]
(n=2570)
グラフ読み込み中...
Q.不要不急の「外出自粛」要請を受けて以降の、おおまかな在宅時間帯をチェックしてください。
(複数選択可)[平日]
(n=2570)

グラフ読み込み中...

中でも、緊急事態宣言以降、特に騒音を感じる時間(平日)は、12~18時が48.2%、ついで18~24時が36.8%、6時~12時が29.9%となっています。午前中は仕事や勉強などに集中して取り組み、午後に室内で活動される方が多いのかもしれません。

Q.緊急事態宣言による外出自粛要請が出されて以降、主にどのような時間帯の騒音が気になるようになりましたか?
あてはまる時間帯をチェックしてください。
(複数選択可)[平日]
(n=733)
グラフ読み込み中...

気になる音はダントツで「足音」

では、騒音につながる、「気になる音」はどのようなものでしょうか。
回答の中では、「走る、飛ぶなどの足音(69.6%)」が約70%とダントツでした。次に、ベランダやバルコニーから響く音や声(25.4%)、笑い声やにぎやかな声(18.6%)が続きます。さらに、「DIYなどの作業音」(16.4%)も気になるようです。特に暖かくなってきた季節が重なったので、窓を開けて過ごすことも多く、外へ響きやすかったことも考えられます。

Q.緊急事態宣言による外出自粛要請が出されて以降、特に気になるようになった「音」について教えてください。
(複数選択可)
(n=733)

グラフ読み込み中...

さらに、緊急事態宣言発令時の気になる騒音が、どこから発生するどんな音かについて、具体的に教えていただいたものをご紹介します。

平日の日中、テレワークするようになった。仕事に集中している時間はそれほど気にならないが、仕事を終えたとたん、ものすごく上階(真上だけでなく、斜め上からと思われる方向からも)生活音が気になるようになった。(逆に、平常時の休日に例外なく聞こえてきていた、外で遊ぶ子供さんの声は全く聞こえなくなった)

隣部屋で室内作業をしているようで、昼間いるようになって、一日中 トントンたまらない。

子供のベランダでの遊ぶ音。またマンションの理事長を現在やっておりますが、騒音の苦情が増えました。

数階上のリフォームの音が響いた。平日でテレワーク中なので気になった。

在宅勤務中に上階(上室)から聞こえる足音で集中しづらい

マンションの部屋の真ん前が公園でそこで騒ぐ子供の声がいつもしている。前は休みの日ぐらいだったが今は毎日。しかし夜は静かなのであまり騒音という感じはしない。

自宅カラオケの歌が聞こえてきた

ご夫婦ともに在宅時間が長くなり、またお子さんもいらっしゃるため、連日、朝から夜まで走る音やラジオ体操や星野源の「お家で踊ろう」やパプリカなどの歌に合わせて、踊ったりされているような感じで、よく走る足音や飛び跳ねている音が響いてきますが、まあ、仕方ないかなと、あきらめています。

散歩に行く回数が少なくなったのか、階上の犬がうるさくなった

(おそらく)Nintendoのなんか運動するゲームの運動音。足踏みするシーンがあるらしく、響く。

とにかく上の階の子供の飛び跳ねる音がうるさい。2重床、2重天井になっているがかなり響く。何度か注意して防音シートなど対応してもらったようだが、未だにうるさく、子供だから仕方ない&何度も言うとクレーマと思われるのも嫌なのであるが、かなりストレスになっている。

宣言前より真上階の子供の走り回る音や大人の走る音に加え、宣言後は、子供の走り回る音、大人の足音、大工音など昼夜問わず聞こえるようになったが、我慢した

かなり大きな音で、飛び跳ねている様な、ダンス?の様な音、たぶん上の階。今は慣れてしまった

何か工作をしているような打撃音や飛び跳ねるような音が頻繁にする

隣か上かわかりませんが、午後2時くらいになるときまって機械を動かすような音が30分ほど聞こえるのが気になります

上層階に小学生、それ以下の子どもが3人おられ休校なになった為に昼、夜間を問わず飛び跳ねているような音が気になるようになった。子供も外に出ることが出来ずストレスが溜まっているものとこの期間は我慢するつもりである。

ステイホーム下での様々な過ごし方が増えていると同時に、気になる音も増えているようです。

緊急事態宣言発令中に騒音被害を受けたと感じた人は16.7%

外出自粛のため、ストレスが溜まりやすい時期でもありましたが、緊急事態宣言発令中に実際に騒音被害を受けたケースはどのくらいあるのでしょうか。

「騒音の被害を受けて、トラブルになった」「騒音の被害は受けたがトラブルにはなっていない」人を合わせて、騒音被害にあったと感じた人は、全体の16.7%でした。一方、トラブルの有無を含めて、騒音を出したと感じている人は9.9%と、全体の1割程度で、自身の出す音を騒音と認識している人は少ないことがわかります。

Q.緊急事態宣言による外出自粛要請が出されて以降、マンション内での騒音トラブルに遭遇したことはありますか?
(n=2570)
グラフ読み込み中...

平時と過ごし方が異なった期間、もしかしたら騒音になっていたのではないか、という状況についてもおうかがいしましたので、ご紹介します。

在宅勤務&休校になり、子供たちが家にいるので、かなりうるさいと思う。

ケンカになり大声を出したり、バタンバタンと音がうるさかったと思う

気温が上がり窓を開ける機会が増え、外の音を越えるためテレビのボリュームを上げてしまう

ドアが強風で閉まってしまう音や、家の片づけで発生してしまった音。

暖かくなってきて、窓を開けっぱなすようになった。子供を叱る声がでかいと思う。うちの中を子供たちが走る音、うちの中で運動するときの音がしたに響いていると思う。トラブルにはなっていない。

子供が家の中でずっと騒ぐようになった。1日の生活時間が狂って夜も遅くまで音を立てている。

深夜の洗濯

みなさん、普段と異なる生活で、ストレスが家庭内の物音増加につながっている場合がありそうですね。

騒音問題を起こさないために、生活音を客観視する

では最後に、緊急事態宣言発令以降、マンションの騒音問題についてのご意見、対策すべきことをうかがいましたので、ご紹介します。

【管理会社・理事会からの注意喚起】

指摘のある住戸へ管理組合から直接注意する

【音を出さない心がけ】

特別な日(外出自粛期間)のみならず、いつでも(昼夜を問わず)音は出さないよう普段から注意して生活していれば、ストレスにもならないし、くせになるため問題を起こす可能性は非常に低い。

自粛ストレスで皆さん、ちょっとのことでもイライラされて、いざこざの発端となるかもしれないとおもっています。騒音を立てることの無いように気を使っていますね。
・大規模改修で窓の断熱と防音対策を意識したサッシ、二重ガラスを義務化すること
・高齢化に伴う安全性からフローリング床への改修を避け、防音フェルトを下敷きにしたカーペット(じゅうたん)にする

【自分の音を客観的にふりかえる】

どのくらいの行動が、どのくらい響いているかを知る由がないので、自分では気を付けているつもりですが、もしかしたら迷惑をかけているかも?と思わないでもない。(自分が迷惑をかけられていると思っていますが、同じことをしているかも?)

騒音って出してる側は大したことないと思っても、受けている側は凄く騒音だと感じるものだということ知って欲しい。

自分が騒音を出していることは気づきにくいので、住民同士でコミュニケーションをとって第三者の目で見ると気づくことがある。

子供がいない家庭では子供の騒音がとても気になると思うから気をつけたい

【騒音対策の難しさについて】

音の発生源の証拠をつかむのは難しい

隣だと思っていたらずーと先だった。上の階だと思っていたら、下の会からの騒音だった。…のように、鉄筋コンクリートだと、騒音元が特定しにくい。

共同住宅は他の住む人を選べないので、我慢できなければ一戸建てに住み直すしかない。

【改善の工夫提案】

程度と聞こえ方を体験できる機会をつくってほしい

ベランダは共用部分であり、おそらく個人が思っているよりも上下左右の隣人に影響があるということを、騒音だけでなく臭いも含めて、皆が意識すべきことだとおもいます

占有部と共用部の区別を大人がきちんとすべき。

小さい子などがいれば、周囲はある程度許容してあげないといけないと思うが、親はきちんと指導すべきだと思う

どういう音を住民が気になるか、アンケートをとって上位のものを発表し、その対策方法などを周知する。家にいるから音がするのは当たり前ではなく、みんなストレスの溜まる環境であることを理解し、お互いに気を遣えるとよいと思う。

【お互いを思いやる気持ち】

みんなそれぞれ今までとは違う状況にいるので、『お互い様』だと思う。ただ、時間帯だけは周りの方々に気を使うべき。

思いやりはとてもたいせつであることを理解できる方が入居いただけるとありがたいですね。

みんながピリピリしているから、あまり神経質になってトラブルにならない様に気をつけたい。

季節も初夏を迎えつつあり、コロナ感染対策上、換気の取り組みから窓の開閉を頻繁にしている。知らずしらずのうちに他の居住者の方々にご迷惑をおかけしているかもしれないので、お互い様の気持ちから我慢をしつつ、可能な限りこれまでの居住者同士のコミュニケーションを考えていこうと家族内で話している。

人間関係を円滑にする為に、挨拶は欠かさないようにしている。後は、お互い様。

特に外出自粛期間だからと特別に騒音問題を考えてはいない。マンション住まいなら常日頃注意するべきだとは思う。私の周りには小さいお子さんがいる家庭がないために騒音についての苦情とかは聞いたことがないが、日中に子供が在宅する家は大変だと思う。ご近所に挨拶したり、声をかけたりとちょっとした心遣いが必要だと思う。

休校で、昼間敷地の広場で遊んでいる子が多いと思うが、室内に閉じこもって過ごすのはかわいそう、一日中ゲームしているよりは、健康的だと理解しようと思う。

よほど酷ければ申し入れるが、多少は我慢でしょうか

ある程度のことは大目に見るようにしている

マンションは近隣との距離が近い分、どうしても生活音が響きやすいものです。自分たちの生活音を日ごろから客観的に捉えて、音を出さない心がけが重要だと改めて気づかされます。また、第三者の視点で騒音を捉えることができるよう、マンション内でアンケートをとって伝達するという意見などは、理事会で取り入れやすいかもしれません。緊急事態宣言中においては、子どもの騒音について寛大な意見がある一方で、共有部分の使い方について、改めて大人が認識すべきという意見もありました。

外出自粛で、生活スタイルを見直すことが多い時期。生活音についても、相手の立場になって見直してみることが求められていそうです。

(文 Loco編集部)

▼ 騒音問題についてはこちらの記事も併せてごらんください。
マンション騒音問題、相手の心を動かす「促し方」で、苦情の手紙を書く

マンションの騒音トラブル、その実態と防ぐための工夫を紹介

2020/06/24