マンション理事会運営の活性化には、「理事会業務の認知・理解度UP」と「理事会業務の効率化」が必須!

今回は、約2,500名ものマンション住民の方に、マンションの快適な暮らしを維持するために大切な『理事会運営』の実態についてうかがいました。その結果をレポートします。

アンケート概要
アンケート名 マンションの理事会運営に関するアンケート
実施期間 2019年8月23日~2019年9月6日
調査方法 インターネットリサーチ
回答数 2,507名

引用の際は、こちらからマンション・ラボまでご連絡ください

(※)グラフの数字は、小数点以下第2位を四捨五入しているため、回答比率の合計が100%にならない場合があります。

まず、理事経験の有無について聞いてみました。

Q.あなたはこれまでに、マンションの理事会役員を経験したことがありますか?
グラフ読み込み中...

理事経験者にきいた、理事会運営の実態と困りごと

まず、理事経験者の方(N=1476)に、理事会の運営についてきいてみました。

Q.理事会の開催頻度について教えてください
(n=1476)
グラフ読み込み中...
Q.理事会を開催している(していた)主な曜日・時間帯について教えてください
(n=1467)
グラフ読み込み中...
Q.一回の理事会にかかる、だいたいの所用時間を教えてください
(n=1467)
グラフ読み込み中...

理事会の開催日時については、おおよそ以下のとおりです。
・月1回
・土日の午前中
・所要時間は2時間未満が約80%(一方2時間以上が約20%)

次に、理事経験者の方(N=1476)に、理事会の主な議題についてきいてみました。

Q.現在(もしくは過去)の理事会の主な議題やテーマについて、お差支えのない範囲で教えてください。
(複数選択可)
(n=1476)
グラフ読み込み中...

マンションを維持していくために絶対必要な大規模修繕工事、管理費・修繕積立金についての議題が中心ですね。また、住民同士のトラブルやマナー、駐輪場や駐車場の見直し、防災・防犯対策といった、暮らしをよりよくするための議題も多いですね。いずれにしても、理事会運営が、どれだけマンションのために重要で、その業務が多様であるかがわかります。

▼大規模修繕については、こちらの記事も併せてご覧ください
マンションの大規模修繕は一日にしてならず〜「パークシティ溝の口」修繕委員会の取り組み事例〜

一方、業務が多様だからこそ、運営についての困りごとも多岐にわたるようです。

Q.マンションの理事会運営にあたってのお困りごとで、当てはまるものをお選びください。
(複数選択可)
(n=1476)
グラフ読み込み中...

業務と同じく、困りごとや悩み、課題も多岐にわたるようですね。
このような課題を改善するため、管理会社への具体的な相談はもちろん、最近ではマンション理事会の運営を支援するグループウェアを活用したり、マンション管理士に相談するケースもあるようです。
ぜひ、以下の記事も参考にしてください。

▼理事会運営の秘訣については、こちらの記事も併せてご覧ください

マンションの理事会運営をサポートするツール、その効果や課題に迫る!

マンション管理組合の理事会参加率が劇的にUP!住民を巻き込むための取り組みとは?

理事未経験者の約80%が「理事にはなりたくない」。その理由とは?

一方、理事未経験の方に、理事会運営に関する印象や感想を聞いてみました。

Q.マンションの理事会の役割や取り組みの内容をご存知ですか?(n=1031)
グラフ読み込み中...
Q.マンションの理事会は、マンションの資産価値を守り、住民の暮らしをよくするために、さまざまな活動を行っています。あなたは理事会役員になりたい(なってもいい)と思いますか?(n=1031)
グラフ読み込み中...

理事会役員になりたくない具体的な理由を聞いてみると、「拘束されそう」「面倒臭い」「忙しい」という回答が多く見受けられました。

Q.マンションの理事会役員になりたくない理由を教えてください(複数選択可)(n=1031)
グラフ読み込み中...

そのほかにも、以下のような意見がありました。

●理事になりたくない派

ふぅちゃんさん小さい子ども連れでは行けないから。

みかんさん大型修繕、財産、などの知識がないので役員として務まるか不安

りりさん集会が夜なのが嫌。早寝早起きなのでリズムが狂う。

やまさんマンションの住民の中に面倒な方も居ると噂を聞いているので、自分本位な意見としては避けられるならなりたくない。

国さん意見の相違で他の理事と揉めたくない

kei-chanさん(ほか多数)高齢なので

rodinnkさん中古購入だったので古参の住民の皆さんに対して遠慮があります

okuさん土日が仕事なので、参加できない

●理事になりたい(なってもいい)派

ヒデさん自分のマンションの資産価値、住環境を維持、向上させたいから。

0pus0neさんマンションみんなの共有資産なのだから、役割(負担)があるのは当然でしょう。

まめだいふくさん理事をやることでマンション管理の内側もしっかりわかるようになり,理事を退任してからも管理についてより理解できるようになって,管理会社任せにしなくなったり,トラブルが起きたときに適切に対処できるようになるから。

angrippaさんマンションは、一つの町会のようなもの。問題解決を管理会社だけに任せていては、住民(区分所有者)の意見は反映されない。そのために管理組合があるのは自明の理。
その管理組合の理事会役員になる機会があれば、拒絶することは避けるべき。

naomnaoさん正しく運営されているか確認したい。また、よりよくできることを考えていきたいため。

みかんさんマンションに住んでいて、自分の生活の一部を代行してやってくれている人がいて成り立っていると思うので、その仕事の一部に参加することは当然だと思う。また、どのような仕組みで成り立っているのか、知りたい気持ちもある。

Naoさん積極的にやりたいとは思わないが、もし回ってきたら、それはそれでマンションについて考えたり他の役員と交流するいい機会なのかもしれない。

浜甲子園さん誰かがやらなければならないから

TAEYUさん順番で回ってくるので、なるしかない!

マンションの理事会運営「ここがしりたい!」

最後に、理事会運営について知りたいことを聞いてみました。

かにさんマンションの維持管理を、素人である理事が判断するのは妥当なことなのか?

marusinnsinnrokuさんいろいろの決め事が多数決で決められることは承知しておりますが、それ以前の少数からの意見について聞き取り了解・納得の行為が出来ていないことが不満であるが、ほかのマンションではどのような方法がとられているか?

トモちゃんさんマンションの理事を輪番制にしているところが多いと思うが、多くの人にマンション管理のことを感心を持ってもらうことでは大切であると思う。しかし役員になっても出席できない立場の人もいる。いつもこのことは悩みの種であるが、うまくいっているマンションがあったら知りたい。

AMIE☆さん入居初期に理事をした。現在、年に一度の総会で出た懸案事項以外に何か議論していることがあるのか知りたい。理事会に理事以外の居住者が出席(見学)してもよいのか。

とうさんさん今後の高齢化に伴う理事会の運営及び総会への対応等。

マリアさん理事者によって意識がまちまち。運営の学習意識を身につける講座があるといい。

Momijiaoiさん議題、進行などほとんど管理会社まかせで参加者も最低限の意識しかもっていない。積極的に運営して効果を得ている実例を紹介してほしい。

ILVNYさん無償奉仕と手当金有りの比率手当が有る場合の金額
(以前のマンションで理事経験・長期修繕委員の経験はあるが無償。現マンションでは竣工数年後に理事手当てを通常総会にて可決導入)

多摩大好きさん管理費・修繕積立金未納者への理事会としての対応策、法的対抗策を知りたい。

みやこさん役員の選出は、抽選により行うことが多く、殆んど持ち回りに近い状況だと思います。誰もが役員になって関与する点はいいのですが、1年間の任期で、殆んど再任がないので、持続性のある事項は手付かずに終わることが多いと思います。何も問題がなくて進行している間はいいのですが・・・

利ちゃんさん皆積極的に理事をやりたがる人は少ないので、次のメンバーの選出に苦慮する。
何か良い方法があれば知りたい。

photosalonさん私は、10年以上理事(今年は理事長)をしていますが、結局のところ、年々マンション管理についての知識が、組合員のなかで格差が広がるばかりです。ほかのマンションでも同じだと思いますが、マンション管理について知識を得ようとしない組合員をどのように感じているのかが知りたいところです。

ぱぴこさんウェブ上での遠隔会議の実施を行っている実態について。


いかがでしたか?
アンケートから理事未経験者の間では理事会業務の認知があまりされていないことがわかります。理事会運営活性化のためにも、まずは理事が何をしているのか、住民に知ってもらうことが必要そうですね。掲示板や回覧などの従来の手法もよいですが、SNSやグループウェアなどの便利なWebサービスをつかって周知するのも一案です。また、マンション管理運営業務を支援する専用のグループウェアなどで、業務効率化を図る理事会もあります。出欠確認や合意形成に関わる時間を減らし、過去の議事録を手軽に検索・参照することができるものもあるので、こうしたツールを使って理事の負担を減らしていくことも、新たな理事のなり手を育む大きな武器になるでしょう。
スマホがあっという間に普及したように、近い将来、マンションでもインターネットをフルに活用し、誰もが大きな負担を感じず、マンション運営に参加できる時代が近々やってくるかも知れません。

▼ITツールを使った理事会運営については、こちらの記事も併せてご覧ください

合意形成~便利なWEBツールを利用しよう~

マンションのWebシステム導入は「超便利!」を実現するものだった!導入マンションのビフォーアフターとは?

マンション理事会業務は効率化できる!SNSやグループウェアの上手な活用例を紹介

(文 Loco編集部)

2019/10/09