マンション居住者の防災対策に関するアンケートレポート2019

被災後に暮らす場所と備えについて

被災後に想定している避難場所についてうかがったところ、「自宅マンションで生活を継続すると思う」と回答した方が73.4%でした。

Q.もしも大地震で被災したら、どこで生活することを想定していますか?【グラフ3】
グラフ読み込み中...

そのうち、約60%の人が飲料・食糧の備蓄、約半数が停電への備えをしています(グラフ2参照)。
最近は防災備蓄用の食糧を、普段から使う缶詰やレトルト食品のストックと兼ねて消費しながら備蓄する「ローリングストック」方法などが浸透している影響かもしれませんね。

▼ローリングストックについてはこちらの記事も併せてご覧ください。
食べながら備える!国崎流「流通備蓄」のススメ

備蓄品の量は、約半数の人が2~3日分と回答しています。東京都防災ホームページでは3日分のストックを目安としていますが(https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/kyojyo/1001855/1003554.html ※外部サイト)、震災発生時に外部から支援が来る目安を自治体では7日間で設定していますので、特に自宅で被災後を過ごすことを考えると、家族全員が7日間過ごせる食糧と飲料の準備があると安心できそうです。

Q.備蓄品は何日分用意していますか?【グラフ4】

(※)家族がいる場合、家族全員で「何日分」かでお答えください。

グラフ読み込み中...

▼備蓄量についてはこちらの記事も併せてご覧ください。
[地震対策・水の備え]マンションで1家族に必要な飲料水の備蓄量は?

また、マンションでの自宅避難で注意したいのがトイレ問題です。グラフ2をみると、約30%の人しか備えていません。大地震の後は、マンション内の排水管が損傷し、トイレが利用できない可能性もあります。そのためにも、自分で災害用トイレを家族分用意しておくことも必要です。

▼災害用トイレについてはこちらの記事も併せてご覧ください。
1週間チャレンジ!「水を使わない災害用トイレの家族体験」実録レポート

マンション防災対策の勘違い—災害用トイレの備蓄量

検証!家族3人10日間、マンションのベランダに放置した災害用トイレのゴミの量とは?

マンション住民の防災対策フリーアンサー集

最後に、マンション居住者のみなさんに、防災対策へのご意見をたくさんいただきました。その一部をご紹介します。

くまおさん高層階に住んでる人、これから住む人は「エレベーター無しでどれだけできるか」を考えておいた方がよいです。自身だけなら階段の昇降は可能ですが、荷物や怪我人や動けない人をどうやって運ぶか?という問題については考えなくてはいけないと思います。

みさん防災訓練のときには役員がそろっているけれども、平日昼間に被災した場合ほとんどの人が在宅せず、いる人だけで動けない人の対応などができるのかどうかが疑問。実際には近所の人に声をかけて役員以外の人を引率できなければいけないと訓練時に思いました。

とめさん大地震発生時の排水禁止をもっと住人に周知させて欲しい。知らなくて流されて漏れてきたではたまらないので。

AMIE☆さん避難訓練はしたが、ただ住居から外に出ただけ。高齢者の確認などは幹事がしたため、一般居住者は何号室に高齢者がいるのかがわからない。また、防災マニュアルはあるのかもしれないが、どこにあるかわからない。すぐにみられるようにしてほしい(管理人室にあるのかも?)
前回の大震災の時、選択をした住人がいたため、飲水タンク内の水がすぐになくなってしまった。水を使うタイミングなどの周知・訓練も行った方が良いと思った。

pocopemさん高層マンションのインフラ回復ってどれくらいかかるのですかね?
マンションで非常用飲料水・非常食等が備蓄されていることは知っていますが、どこにあるのか知らない。救護用品もおそらくあると思いますがどこにあるのか知らない。誰に聞けばいいのかもわからない。次回の避難訓練イベントの時にでも聞いてみようと思いました。

soraさん被災した時に、マンション内で指揮をとれる人が必要だと思う。また、高齢者家庭にはアナログな伝達方法もなければ、情報が伝わらないと思う。

kkmotoさん・地震や豪雨等の避難場所は地域によって決まっているが、場合によってはマンションの方が安心と思える。
・その時にマンション住民以外の方を受け入れるべきか議論の必要あり(管理棟等のスペースは限界が有るので)


防災アンケート結果をもとにしたレポート、いかがでしたか?
マンション住民の70%以上が、被災後は自宅マンションでの生活を想定されていますが、46.2%の人が被災後の生活に不安を感じています。ライフラインが復旧するまで自宅で生活をできるように、改めて被災生活へ向けた取り組みを見直して、備えていきたいですね。

▼この記事に関してはこちらも併せてご覧ください。
マンション防災のエキスパートたちが語った、絶対タメになる取り組みと成果を紹介!

マンション自助・共助事例【東日本大震災をマンション内被災生活で乗り越えたマンション】

2019/08/19