油断禁物!今後のためにも読んでおこう。マンションの台風被害と対策とは?

最近、超大型台風の直撃による被害が増えています。私達の生活に大きな影響を与える台風は、マンション住民にどんな被害を与え、皆さんはどう対策されているのでしょうか?
アンケートで2,429名の方に伺いました。

アンケート概要
アンケート名 マンションでの台風被害や対策に関するアンケート
実施期間 2018年9月19日(水)〜2018年9月26日(水)
調査方法 インターネットリサーチ
回答数 2,429名

引用の際は、こちらからマンション・ラボまでご連絡ください

自宅に台風被害を受けたことがない方が多数!でも、被害もありえる!

Q.これまでに、お住まいのマンションのお部屋やバルコニーで受けた、台風による被害を教えてください。(複数回答可)
グラフ読み込み中...

マンションは、台風や大雨などには強いと思われていますが、本当にそうなのでしょうか?

マンション住民に、自分の部屋やバルコニーなどでの被害を伺ったところ、79.6%の方が「被害を受けたことがない」と回答。2016年に行った台風に関する同様のアンケートでは、約90%の方が「自宅に被害を受けたことがない」と回答。2年前と比べると、若干被害件数が上がっているのが気になりますが、概ねマンションは台風や水害に強いと言えそうです。

2016年実施アンケート 台風対策事情「マンションなら安心!?」

では被害状況を見てみましょう。一部の方ではありますが、「バルコニーの物が飛んでしまった・飛来物が飛んできた・物が壊れた」と回答されています。

みなぞうママさんベランダに置いていた鉢が割れた。

せっちゃんさん隣戸の植木鉢が飛んできて、避難口の戸境板を破損した。

バルコニーへの飛来物は防ぎようがありませんが、各自がバルコニーに置いている鉢植えや物を片付けて飛ばないように事前に対策すれば、他所のお宅へ迷惑をかけることはありません。バルコニーをしっかり台風対策して、さらに安全を確保しましょう。

共用部分の台風被害で一番多いのは、植栽まわり!

これまでに、お住まいのマンションのエントランスや廊下、共用施設や設備で受けた、台風による被害を教えてください。(複数回答可)
グラフ読み込み中...

マンションの共用部の被害では、75.1%が「被害を受けたことがない」と回答。自宅同様、マンションの安全性の高さがうかがえます。

とはいえ、一部のマンションでは被害もありました。事例として多いのは、以下の5つでした。
1 植栽が折れたり倒れたりした
2 共用部にある物が壊れた
3 共用部に飛来物が飛んできた
4 エントランスが浸水した
5 エレベーターが停止した

mikeさん建物の周りの木の枝が何本か折れた。

remnantさん3段式の機械式駐車場が、地下部分の排水設備の容量不足で浸水した。

シャインさんベランダの室外機が風にあおられて移動した。配線が切れるかと思った。窓ガラスは割れなかったが、割れてもおかしくないほどの強風だった。

わずかですが台風により停電となったマンションもあり、以下のような被害を受けた方々がいらっしゃいます。地震対策と同様に、台風の場合も停電などのライフラインが遮断されたときの対応策も考えておく必要があります。

mmさんほぼ3日間、エレベーターが停止状態になり、12階まで階段で上り下りする事となった。夜は、階段や駐車場、廊下などが真っ暗となり、防犯面でも不安があった。

キュウちゃんさん今回の台風21号でエレベーターが4日間停止しました。

プログレさんエントランスが浸水し、自動ドアが開きっぱなしになった。

これからくる台風に備えておこう!マンション全体と個人の台風対策

皆さんのマンションでは、どのような台風対策を行っていらっしゃるのでしょうか?
具体的な対策を伺ってみました。

◎個人で行っている台風対策

onicoさんバルコニーにいっさい物を置かないようにして、排水溝の掃除を念入りにする。

がーさんさんバルコニーの物干し竿を固定する。

たむたむさん通気口からの雨漏り対策。

カズさん懐中電灯を寝室やリビングなどすぐ使える場所に置き、断水時用に浴槽に水を張り、キッチンにも水と非常食などを用意。

ほとんどの方がベランダの物を整理・取り込む対策を取られていましたが、さらに停電や断水対策を行っておくと万全ですね。

◎マンション全体で行っている台風対策

bokuchanさん台風等の影響が出そうな場合は、管理人が飛散防止の掲示を行って注意を喚起している。

tokotokoさんエントランスなどに土豪を準備している。

にゃんたさん地下駐車場の車は地上へ移動させる。

ひげじいさんさん浸水防止板を設置してあり、時間毎の雨量を判断して対応。

管理会社や管理員さんが率先して、住民への注意喚起や共有部の対策および後始末を行ってくださっているマンションがほとんどのようです。

また最近の超大型台風の被害を鑑みて、ゆゆさんのように、台風向けの防災マニュアルの制作を考えているマンションもありました。

ゆゆさんこれまでこんなに大きな被害はなく、台風への防災マニュアルがなかったので制作を検討中。

超大型台風の接近で、ガラス窓とライフラインのストップに不安が集中!

今年の超大型台風は、特に想定外の被害が多く、いままで台風の被害を受けたことがないマンションであっても、恐怖や不安を感じている住民が多くいらっしゃいます。皆さんが漠然と感じている不安はどのようなものでしょうか?

専有部やベランダ、窓ガラスへの被害の不安

プログレさんベランダ側の大きなガラス戸が、強風に耐えるかどうか心配。

AMIE☆さんマンションには昔の家にあるような雨戸がないので、ガラス戸が割れないかが心配。

さとさん台風21号で、初めて室内で恐怖を感じた。窓ガラスが割れるかと思った。

共用部への被害の不安

けんけんさん駐車場の車への飛来物が心配。

ヒデさん強風によって自転車置き場の屋根が飛ばされること。

スローけんさんロビーなど1階共用部分の浸水。

特に多かったのは、ベランダや窓への飛来物で自宅のガラスが割れてしまうのではないかという不安でした。実際、台風21号の被害では吹き飛ばされたトタンがマンションの窓を突き破って室内にいた女性の命を奪いました。
以前マンション・ラボで竜巻の場合の避難方法をアドバイスした記事がありますので、こちらも参考になさってください。

竜巻が迫ったら、マンションでは「窓に近づかない!直線に逃げない!」
台風によるライフライン断絶への不安

はりまおさんマンションの変電設備などが地下にあるため、大雨で浸水してしまうと機能不全に陥ってしまう。

やまちゃんさん停電でエレベーターが動かなくなること。

まみさん停電になると水も止まるので、二重の災害になって困る。

台風による停電・断水が長引くことも心配です。マンションの給水方式によっては、停電時でも水が使える場合がありますので、ふだんから、ご自分のマンションの設備が災害時にどう対応出来るのかについて知っておきたいですね。

災害時の対応が変わる!マンションの給水方式の違いをご存じですか?

犬さん台風21号では、自室の被害はなかったが、隣戸のベランダの手すりが曲がってしまった。今まではマンションは大丈夫と思っていたが、今後は不安だ。

アンケートを拝見すると、犬さんのように今後の不安を抱えるマンション住民が増えているようです。しかし台風は、その規模や暴雨風圏内に入る日時が事前に予報で告知されます。最近の超大型台風の被害事例をよく調べて、どんなことが起きうるのかを知り、事前に入念な対策を行っておきたいものですね。

以下の台風に関する防災記事もぜひ参考になさってください。

マンション防災の基本:水害への備え

危機管理アドバイザー国崎信江先生によるコラムで、マンションの台風への備えの基本をご紹介しています。

台風・ゲリラ豪雨や浸水、マンションの水害への備えはできていますか?

2018/10/19

アンケートレポート

マンション・ラボ リサーチ研究員の皆様にご協力いただいたアンケート調査結果を公開中。マンションに住む方の最新事情が見えてきます。

掲載のアンケートデータを転載・引用する場合は、こちらからご連絡ください。

リサーチ研究員

↑ page top