子どものスマートフォンデビューの時期、マンション住民に聞きました!

生まれたころから、インターネットやデジタル機器が当たり前にあった子どもたち。そんな子どもたちを育てる親にとって、スマートフォンを持たせるタイミングは、大きな悩みです。今回、お子さんにスマートフォンを持たせることについての賛否を伺い、すでにスマートフォンを持たせている方には、子どものスマートフォンの使わせ方や、購入を検討している方へのアドバイスなどもいただきました。

アンケート概要
アンケート名 子どものスマホデビューに関するアンケート
実施期間 2018年04月26日(木)~2018年07月20日(金)
調査方法 インターネットリサーチ
回答数 2,279名

引用の際は、こちらからマンション・ラボまでご連絡ください

25.5%が子どもにスマートフォンを持たせている!きっかけは、小学校高学年は塾通い、中学生以上は本人の希望!

まず、高校生以上の子どもがいる家庭に子どもにスマートフォンを持たせているかどうか伺いました。その結果、持たせているは25.5%、持たせていないは72.3%と、約4分の1の家庭が子どもにスマートフォンを持たせていることがわかりました。

Q.現在お子さまにスマートフォンを持たせていますか?
グラフ読み込み中...

次にいつから子どもにスマートフォンを持たせたかを見てみます。一番多かったのが、中学生からで、次に小学校高学年、小学校中学年となりました。

Q.スマートフォンをいつごろから持たせましたか?
(中学生以下のお子さまが複数名いる場合、いちばん年長のお子さまについて回答ください)
グラフ読み込み中...

さらに、子どもにスマートフォンを持たせた理由やきっかけを伺ったところ、以下のような結果になりました。

Q.持たせた理由やきっかけを教えてください。(複数選択可)
グラフ読み込み中...

「塾など習い事を始めることになったから」が34.8%で、次に「子ども本人が欲しがったから」が29.7%、「学校への入学を機に」が26.8%でした。特に小学校高学年では、「塾など習い事を始めることになったから」が1位で、中学生の場合、「子ども本人が欲しがったから」が1位となりました。小学生までは親の意思、中学生からは本人の意思が影響しているようですね。

Q.現在お子さまに持たせているスマートフォンの種類を教えてください?(複数選択可)
グラフ読み込み中...

編集部で詳細を分析したところ、子どもの年代が上がるに従って、ジュニア・キッズ向けスマートフォンが減り、通常のスマートフォンを持たせていることが分かりました。

では、実際に子どもたちはどのような目的でスマートフォンを使っているのでしょうか?

Q.お子さまはスマートフォンをどのように利用していますか?
お分かりになる範囲でお答えください。(複数選択可)
グラフ読み込み中...

結果、LINEが一番多く、次いで通話やメールとなっています。やはり、連絡手段としての利用が主目的のようですね。ただ、編集部でクロス集計などして詳細を調べてみると、小学生の場合では確かに通話やLINEなど連絡の手段で利用しているものの、中学生以上になると、ゲームや動画再生、ネット検索などの利用が一気に増えることが分かりました。

“安心”のためスマートフォンを持たせたい…。でもルールはしっかり守らせたい!

次に、子どもにスマートフォンを持たせたことで、よかったと思うことを具体的に伺いました。

○防犯対策

こじこじさん1人で外出のときに連絡ができる。

yacchanさん試合の遠征等、初めて行く所へも安心して送り出せる。

niyaさんGPSで居場所がわかる事(同様の意見多数)。

○学習意欲への貢献

まささん勉強で分からないことを調べている。

○交友範囲の広がり

とろさん子どもが友達と手軽に連絡を取れるようになった。

○家族のコミュニケーションの向上

un-deuxさんLINEで家族みんなで連絡ができるようになった。

やはり、子どもとすぐ連絡が取れたり、居場所が把握できるなど“安心”のためにスマートフォンを持たせてよかったと思っている人が多いようです。また、子どもが勉強の際に利用したり、家族のコミュニケーションを取ったりする際に役に立ったと感じている人も見受けられました。

一方、お子さんにスマートフォンを持たせたデメリットや、心配要素を伺ってみると――。

○始終、スマートフォンを触っている

まゆさんYouTubeを見ることに夢中になる。

海苔さん本を読まなくなった。

まささんラインばかりやって勉強しているか不安(同様の意見多数)。

○時間の管理ができない

あおすけママ時間管理せずゲームする。

un-deuxさんルールを決めているが親が注意しないとダラダラとスマホのゲームや動画観賞を続けていることが多く、毎日の時間管理に疲れる。

○親と決めたルールを守らない

かあくん子どもが決めたルールを守っているか確認できない。

F91さん30分ルールなど、約束事を決めてはいるが、油断すると守っていない事が度々ある。

○子どもがどのように使っているか分からない

tappoさん子ども同士でやり取りがあり、どのような会話等がなされているかわからない。

kayonさんリビングで使用する約束は守っていますが、ゲームの時間が約束の1時間を超えたり、外出の時は持たせていて、その際友達とずっとゲームをしていることがあること。来年から高校生で今後はもっと世界が広がり、好ましくない関係などの不安が増えること。

おういさん歩きスマホをしていないか不安。

○スマホの使用容量が多い

ごうちゃん娘のスマホ使用容量が多く、現代契約の家族型の料金プラン(家族4人で12GB/月)をほぼ独り占めしている状況にあること。

○有害サイトを閲覧している

よりさん有害サイトの閲覧と四六時中スマホをいじっているので、目にも悪い。

○友達同士のトラブルが心配

ぼんこさん家庭にルールがない子は、深夜や早朝までラインをしていて、件数が多すぎて困る。
ラインだと普段話すより気軽に話してしまい、トラブルにならないか心配。

安心のため子どもにスマートフォンを持たせた結果、放っておくと好き勝手に利用したり、時間を忘れていじってしまうことがあるようです。そうならないための対策や方法が必要な気がします。具体的に家庭でどんなルールを決めているか伺ってみました。

Q.ご家庭で、スマートフォンの使い方のルールについてはどうされていますか?
グラフ読み込み中...
○使う場所を決める

まあさん家ではリビング(Wi–Fi)だけ。外では最低限の連絡時のみ(同様の意見多数)。

Yujiさん使うのは親の前だけ

ヒロさん学校にはもっていかない。

○使う時間を決める

さぼさん一日一時間まで。(その他多数)

きよさん夜は使用しない。

sea_chanさん中学生21時半、高校生22時。

amさんアプリを使って一日の使用時間を制限している。

○使う内容を限定する

niyaさま家族以外に電話しない。

asaminさん電話、メール、写真、ヤフーキッズのみ使用可。

ゆうじんさんネットはつながない。

yacchanさんSNSへの書き込みはしないこと。

sea_chanさんフィルタリングは必須。

だんじりさん勝手にアプリをインストールしない。

TCUさんラインのグループ加入は親に聞く。

○その他

kumagoroさん親はいつでも中を見ていい。

子どもがスマートフォンを自由勝手に使わないように、「使う場所はリビング」にし、「使う時間は1日1時間程度」と決めている人が大半でした。その際、スマートフォンの中身をチェックしたリ、フィルタリング機能を使っている人もいました。さらにどんなことを心がければよいか伺いました。

○ネットの危険性を教える

pontaさんフィルターをかけなくても、心のフィルターを持つような指導を心がけた。

○管理の方法を工夫する

こじこじさん約束は守り切ることはできないので、どのように変化していくかを冷静に見届ける。

sea_chanさんルールは紙に書いて貼っておいた方がいい。

TCUさんいつでも閲覧できるように暗証番号やロック解除は親が決めるか、理解しておくこと。

○その他

ozziさんできれば与えない。

スマートフォンを持たせたことのメリット・デメリット&持たせる前のアドバイス

Q.お子さまにスマートフォンを持たせた事について、総合的な感想をお聞かせください。
グラフ読み込み中...

「持たせてよかったと思う人」は「持たせて後悔している人」を大幅に上回りましたが、子どもにスマートフォンを持たせたことについては、半数以上の人が「どっちともいえない」と答えました。
年齢別に見ると、「持たせてよかった」と思ったのは小学校高学年を持つ人が高いのに対して、中学生以上を持つ人は「どちらともいえない」としています。やはり中学生以上になると交友関係や、物事への興味が広がるため、「どういう使い方をしているのか?」という懸念事項が増えるためと思われます。

一方、スマートフォンを持たせていない家庭もあります。

Q.スマートフォンを持たせていない理由を教えてください。(複数選択可)
グラフ読み込み中...

理由を伺うと、主に「持たせる理由(必要性)がないから」や「適正年齢に達していないから」が40%を超え、「キッズケータイやガラケーを持たせているから」が30%近くになりました。特に未就学児から小学生を持つ家庭では、「キッズケータイやガラケーを持たせているから」で、中学生を持つ家庭では、「スマートフォンへの依存率や勉強への影響を懸念して」持たせていないことが分かりました。

Q.未成年がスマートフォンを持つとしたら、いつ頃からが適切だと思いますか?
グラフ読み込み中...

未成年がスマートフォンを持つとしたら、いつ頃がよいか伺ったところ、中学生からが25.9%、高校生からが34.3%となりました。その理由を具体的に見てみると――。

○年齢が相応である

phantom2さん何かあった時に、自己責任の下、自分の稼ぎで料金を支払える為(同様の意見多数)。

かずまるさん思慮分別もつき、必要性が高まる年代と考える(同様の意見多数)。

sumomoさん選挙権が18歳に引き下げられ成人前に、正しい使い方を教えて使わせるべきだと思います。

maria Callasさん社会的な公序良俗をある程度判断でき、犯罪に巻き込まれるリスクを低くするためには義務教育終了程度の知識が必要と思うから。

コタローさん中学生以下の小さい子どもには本来連絡が取れる携帯があれば十分で、高機能のスマホは必要ないと思う。

ハウステンボスさんスマホは便利だが、良くない情報に触れられる危険性もある。最低でも高校生になってからだと思うが、その上で、フィルタリングなどで有害情報を遮断する手立ては必要と思う。

○友達との関係がある

hideさん友達付き合いに必要になりそうだから。

にゃんこさんみんな持っているので、仲間外れにされそうな気がするから。

○学校で使用する

mochimamaさん様々な学校連絡がメールになっておりスマホの必要性を感じるから(同様の意見多数)。

まゆさん実際に学校へ持っていけるのが高校生になってからだったから。

あんずさん部活等の連絡がメール等で行われていると聞くから。

○行動範囲が広がる

tokioさん子どもの行動監視、把握に役立つため。

パピーさんSNSでのいじめ問題なども多く、本当は社会人になってからでもいいとは思うが、友達と少し遅くまで外出する機会なども増える高校生には今や必需品ともいえるので、高校生からにしました。

マコさん安全上の対策。必要なことに使う分には害はなく、親子間で使うには便利。

最後にすでに子どもにスマートフォンを持たせている人から、持たせた場合のアドバイスを伺いました。一番多かったのが「ルールを最初から決めておくこと」でした。また、「親もスマホの使い方や、料金プランも含めた知識を深めた方がよい」などの声もありました。

○ルールを決めておく

kayonさんきちんと事前に約束事を決めて、守れなかった時のことまで話し決めておくといいと思います(同様の意見多数)。

TCUさんルールは必ず決めて、守られなかったら取り上げるくらいのルールは決めたほうがよい。

○ルールを明文化しておく

sea_chanさんルールを決めることは大半すると思いますが、明文化しておいた方がいい。そしてルール違反があったら毅然としてやめる(部活の連絡がLINEだったりしてなかなかこれが難しいですが)。

○利用プランを管理する

ごうちゃん家族型料金プラン(家族4人で12GB/月)誰がどれだけ使用しているか、月単位での使用量機の管理が容易であること。

mmさん意外と維持費(通信、通話)がかかるので、使用バケット量など抑えて安くする方法、通信料を検討した方がよい。

○持たないことの影響を検討する

yazzyさん持ってないことによる影響も検討した方が良いと思いました。

○親が分かる範囲で使わせる

Yujiさん親が機能制限できない(スキルがない)ようなら持たせない。

hikariさん本人が欲しいかどうか、なぜ欲しいのか、何のために使うのかを話し合う中で、しっかりと説明ができるか親として見極める必要がある。つまり、親が試されているので、親がしっかりと方針を考えておく必要がある。

以上、子どものスマートフォンデビューの調査、いかがでしたか? 
これからの時代、IoTなどがますます普及するにつれて、スマートフォンの必要性がますます高まってくると思われます。「一人一台」という環境も、そう遠くはないでしょう。
だからこそ、いまのうちから子どもとスマートフォンとの関わりについて考えておく必要があるように思います。
最初にしっかりとルールを話し合う、明文化する、さらに守れなかった時の事も決めておく必要がありますし、親も与えたあとのフォローやスマートフォンに対する理解を深めることも大切なのかもしれません。

▼「近未来のコミュニケーション」に関連する記事はこちらにもあります。併せてご覧ください。
かわいいロボット・BOCCOで感じた、近未来のワクワク・便利なマンション生活とは!?

文:Loco共感編集部 野嶋敦子

2018/09/03

アンケートレポート

マンション・ラボ リサーチ研究員の皆様にご協力いただいたアンケート調査結果を公開中。マンションに住む方の最新事情が見えてきます。

掲載のアンケートデータを転載・引用する場合は、こちらからご連絡ください。

リサーチ研究員

↑ page top