みんなが求める「安全でおいしい水」とは?~マンションの飲料水事情と、今後の可能性を探る~

マンション住民は、おいしくて安全な水が飲みたい!

マンション・ラボ編集部で2015年1月に実施した「ウォーターサーバーに関するアンケート」では、おいしくて安全な水を飲みたいというマンション住民のニーズがとても高く、飲んでいる水のほとんどが「浄水器の水」や「ミネラルウォーター」であることがわかりました。
一方、「おいしくて安全な水」を提供しているウォーターサーバーを導入しているご家庭はとても少ないという結果に驚きました。

本当においしくて安全な水とは、どんなものなのか?
ウォーターサーバーを導入している家庭が少ない理由はどこにあるのか?

これらの疑問を解決するために、マンションデベロッパーであり、おいしい水が手軽に飲めるウォーターサーバーブランド「SAPUA(サプア)」を提供する双日新都市開発株式会社 サプア事業課の山下瑠依さんに、アンケート結果への感想や、おいしくて安全な水についてお伺いしました。

双日新都市開発株式会社 資機材商品開発部 サプア事業課 山下瑠依さん。ご自身も自宅でウォーターサーバーを愛用中だそうです。

浄水器の水とウォーターサーバーの違いはどこにあるの?

まず、マンション住民2,632名に伺ったアンケート結果について見ていただきました。
皆さんが飲料水に求めているのは「おいしさ」「厳しい品質検査をクリアした安全性」がトップです。さらに「災害時のための備蓄」「鮮度のよさ」などが挙げられています。

あなたが飲料水に求めていることにあてはまるものを、すべて教えてください。 (複数選択可)(N=2,632)
グラフ読み込み中...
普段一番よく飲んでいる飲料水を教えてください。(N=2,632)
グラフ読み込み中...
浄水器やミネラルウォーターを飲料水として利用している理由を教えてください。 (複数選択可)(N=2,632)
グラフ読み込み中...

一方、「ウォーターサーバーの水を飲んでいる」人は、回答者全体の約5%です。ウォーターサーバーを導入したきっかけは、「安全で美味しい水が飲みたかったから」「ミネラルウォーターのボトルなどをいちいち購入するのが面倒だから」「地震などの災害に備えて導入した」「水道水がおいしくないから」という理由がトップ4でした。ほかには、「買って運ぶのが大変だったから」「思い立ったときに熱湯がほしいから」という簡便性を、導入の理由に挙げている方々もいました。

ウォーターサーバーを導入したきっかけや理由を教えてください。(複数選択可)
グラフ読み込み中...

マンション・ラボ「マンション住民が“美味しさ”と“安全性”を求めている一方で、よく飲んでいる飲料水としては、浄水器を付けた水が圧倒的に多く、次いでミネラルウォーター(ボトル入り)、水道水となっています。“安全・おいしい水”の代名詞のようなウォーターサーバーは、ほとんど飲まれていないようですが、この点についてどう思われますか?」

SAPUA山下さん「私達の会社でも分譲マンションをご提供しているのでよくわかるのですが、分譲マンションには最初からシステムキッチンに浄水器が設置されていることが多く、自然と浄水器の水をお使いになる方が多い結果になっているのでしょうね。逆にいうと、まだまだお客様に対してウォーターサーバーの魅力が伝わっておらず、これから浸透していく可能性があるのではないかと考えております」

マンション・ラボ「そもそも浄水器の水とウォーターサーバーの水は、どう違うのでしょうか?」

SAPUA山下さん「浄水器の水は、浄水場で濾過・殺菌・消毒が施された水道水を、さらに家庭で濾過したものになります。浄水器のカートリッジは必要ですが、それ以外のコストは水道料金のみで、安価で飲み水が確保できます。水道水ですと、浄水場で殺菌のために用いられている塩素の味が気になるという方も多くいらっしゃいますね。

一般的なウォーターサーバーで提供されている水は、ミネラルウォーターとRO水(純粋水)の2種類に分けられます。また、水の種類には、軟水と硬水という、カルシウムとマグネシウムの量による度数での分類もあります」

マンション・ラボ「ボトル入りミネラルウォーターなどで、硬度についてはよく聞きます。ヨーロッパの水は硬水で、日本の水は軟水だとか。硬水は、若い女性がダイエットのために好んで飲んでいますよね」

SAPUA山下さん「そうですね、硬水はマグネシウムやカルシウムが多いため、日本人の中には飲み過ぎると腹痛を感じる方も、稀にいらっしゃるようです。また、マグネシウムが多い水は、赤ちゃんには負担になるとも言われています。軟水は、まろやかな口当たりで飲みやすく、日本人向けの水だと言えます。軟水ですと、赤ちゃんや妊婦さんも安心して飲むことができます」

マンション・ラボ「一口にウォーターサーバーの水といっても、いろいろな種類があるんですね」

SAPUA山下さん「最近は水の味を重視して、RO水ではなく、ミネラルウォーターを提供するウォーターサーバーが増えています。私達が提供しているミネラルウォーターは、環境省が選定する“名水百選”の中でも最多の8ヶ所を擁しながら、わずか2.1%の生産割合という、稀少な熊本の名水2種類です。すっきりとキレのある味わいの“熊本阿蘇の清水”と、まろやかでやさしい味わいの“熊本菊池の名水”の2種類からお好みでお選びいただけます。

水を選ぶときに特にこだわったのは、水の安全性と味わいです。
“熊本阿蘇の清水”は、阿蘇カルデラ地層によって磨かれた熊本の深井戸水で、まさに熊本阿蘇の山々の恵み。

“熊本菊池の名水”は、西日本有数の渓谷美を誇る、菊池渓谷にほど近い場所で採水された、いわば壮大な森の恵みともいえる水です。菊池は、江戸時代からおいしい米の産地として有名で、将軍家や皇室献上米の産地として名を馳せた場所です。おいしい米づくりには、菊池の水も欠かせない要素だったそうです」

【熊本阿蘇の清水】深井戸水。PH7.7、硬度23。

【熊本菊池の名水】鉱水。PH7.6、硬度24。

マンション・ラボ「なるほど、日本人にとっては、日本のミネラルウォーターがまさにおいしくて安全な水の基準にぴったりなのですね」

SAPUA山下さん「日本のミネラルウォーターは、世界に誇れる素晴らしいものだと思います。産地直送のミネラルウォーターは、そのまま飲むのはもちろんのこと、たとえば、お米を炊く、コーヒーを煎れる、粉ミルクをつくる、ウイスキーや焼酎を割るなどしても、食べものや飲み物をさらに味わい深く、おいしくしてくれます。私も、“熊本菊池の名水”でお米を炊いていますが、その炊きあがりのおいしさに感動しました」

ウォーターサーバー利用者が少ない背景には、マンションならではの事情もアリ?

マンション・ラボ「マンション住民の求める“おいしくて安全な水”には、日本のミネラルウォーターを提供するウォーターサーバーが適している気がしますね。ではなぜ、マンション住民がウォーターサーバーを導入していないかというと、以下のような理由でした」

ウォーターサーバーを導入していない理由を教えてください。(複数選択可)

グラフ読み込み中...

マンション・ラボ「一番多いのが、“浄水器で十分だから”という回答。浄水器の水もおいしく安全な水として認識されているため、ウォーターサーバー導入までには至らない、ということなのでしょう。

また “置き場所がないから”という理由も気になりました。マンションの部屋では、インテリアに合わない・邪魔だという理由も含めて、サーバー設置にはかなり抵抗感があるようです。このような意見については、いかがお考えですか?」

SAPUA山下さん「最近のウォーターサーバーはスリム化が進んでいます。私達もサーバーのサイズについてはかなりこだわりました。約30cm四方に収まるコンパクトなサイズですので、たとえば、室内にゴミ箱を置くスペース位しか必要ありません。さらにインテリアを邪魔しないクリーンでシンプルなデザインを心がけましたので、リビングのソファの横、キッチンの入り口などにすっきりと収められますから、その点については心配いらないと思います。

いままでの古いタイプのウォーターサーバーのように大きなサイズだと思っている方も多く、“食わず嫌い”な部分もあるようです。導入後は、置き場所やサイズを気にするお客様はいらっしゃいませんね。それよりも有り難いことに、ウォーターサーバーの便利さについて喜ぶ声をたくさん頂戴しています」

リビングに設置してもインテリアに溶け込むデザインとコンパクトなサイズ感です。(設置イメージ)

マンション・ラボ「導入した皆さんは、どんな点をメリットと感じていらっしゃいますか?」

SAPUA山下さん「先ほど申し上げたように、料理や飲み物がおいしくなったという声はもちろんですが、やかんや電気ポットが必要なくなったという声も多いですね」

マンション・ラボ「なるほど。温水が出るから確かにポットは必要なくなりますね」

SAPUA山下さん「どのウォーターサーバーも、温水と冷水の2段階の温度調節機能は付いています。一方SAPUAの水温は、冷水約6℃〜12℃、弱冷約12℃〜16、温水約80℃〜89℃、高温約90℃〜93℃の4段階から選べます。

赤ちゃんの粉ミルクの調乳に適温である80℃〜89℃の温水が、スイッチ一つで選べますので、乳児の子育て中のママに大変喜ばれています。

また、お子様が“おいしい!”と喜んで水を飲むようになって、ジュースや炭酸ジュースを飲まなくなり、健康面でも嬉しい波及効果があったという声もお伺いしています。

特に乳児をはじめ、お子さんをお持ちのお母様方は、子どもにとって安全で安心して飲める水選びにはシビアな選択眼をお持ちです。お母様方に選ばれているという点は、私達の誇りでもあり、今後も安全でおいしい水を提供していかなければ、という大切な使命も感じています」

マンション・ラボ「調乳の他に、4段階の温度調節機能で何か便利な使い方はありますか?」

SAPUA山下さん「実は我が家では、朝食の準備で役立っています。子どもが自分でウォーターサーバーのお湯でカップスープをつくっている間に、私がコーヒーの準備をできますので、朝の忙しい時間には助かりますね。他にも、冷凍ベジタブルを温水に浸して戻すなど、お弁当の調理時間も時短できますよ」

マンション・ラボ「朝の忙しい時間に、お湯が湧くのを待つ必要がないのはいいですね」

SAPUA山下さん「ちなみに温水が出るため、小さいお子さんの誤動作を防ぐチャイルドロック機能を備えています。また、タンク内をクリーンに保つ高温循環機能で、メンテナンスフリーでありながら衛生面にも配慮しています。こうした安全面や衛生面での機能が備わっているかどうかも、よいウォーターサーバー選びのポイントになります」

飲料水の防災用備蓄や消費期限切れを防ぐ効果も!

SAPUA山下さん「アンケートの回答にもありましたが、お客様のご利用目的を伺った際に、“防災のための飲料水備蓄につながるから”という声もありました。SAPUAでは一回のご注文の宅配で、12ℓボトル×2セットでお届けします。ご家庭によってご注文数は異なりますが、1回の注文で常に24ℓの飲料水をご家庭で備蓄できることになります。毎日飲んで消費しながら防災備蓄もできるという点が、お客様に評価されているようです。

また、ミネラルウォーターの2ℓボトルの箱買いよりも一回ずつのゴミも少なくて済むし、押し入れに仕舞ったまま消費期限が切れてしまうこともありません。配達してもらえるから、重い水を運ぶ手間もなくて、水が切れることもなく、便利だという声もよく伺います」

マンション・ラボ「アンケートでも防災用として活用したいという希望もありましたが、防災面でも、飲みながらストックする“流通備蓄”ができますね。

今後はどのようにこの事業に取り組まれていくのでしょうか? 抱負をお聞かせください」

SAPUA山下さん「SAPUAの事業は、まさに始まったばかりです。現在は首都圏を中心にサービスをご提供していますが、今後は順次全国展開を予定しております。マンションにお住まいの方をはじめ、すべてのご家庭へ“おいしい水のある生活”を広くご提案していきたいと考えています。将来的には、アジアなどの近隣諸国へも“おいしい水のある生活”をご提案したいですね。

また、私達が惚れ込んだ“熊本阿蘇の清水”と“熊本菊池の名水”を守るために、現在も地下水保全活動や清掃美化活動などの環境活動を支援しています。今後も、くまモンと一緒に、熊本の環境保全に貢献していきたいと考えています」

マンション・ラボ「SAPUAを展開する双日新都市開発株式会社は、マンションデベロッパーでもあります。マンションデベロッパーが、ウォーターサーバー事業を展開するのはなぜでしょうか?」

SAPUA山下さん「弊社は、主軸事業としてマンション分譲・販売という住まいのご提案を行っておりますが、今後はさらにお客様の“住まい方のご提案”まで行って、豊かなマンションライフをサポートしたいと考えています。安全でおいしい水をご提供するのもそのひとつです。ものづくりの企業として、常にお客様との接点を大切にしながら、将来的には皆様の声を活かした多彩なライフサポートサービスに取り組んでいきたいですね」

SAPUA(サプア)について【AD】

今回取材にご協力いただいた双日都市開発株式会社の「SAPUA(サプア)」は、安全・安心な熊本のミネラルウォーターと、日本製専用ウォーターサーバーをご家庭にお届けする、水の宅配サービスです。

SAPUA(サプア)
http://sapua.jp


みなさん、いかがでしたか?マンション住民が「安全でおいしい水」を求めて気にかけていることは、浄水器やミネラルウォーターを選んで飲んでいることでもよくわかりました。

もちろん浄水器の水やミネラルウォーターのボトルでも問題ありませんが、もし健康面や安全性で飲み水にこだわるならば、ウォーターサーバーの利用も含めて、以下の点についてしっかりと見直してみたいですね。

・ 飲み水の安全性やおいしさを、実際に自分で飲み比べするなどして確かめてみる。
・ コストについて「水」単体の価格で考えるのではなく、メンテナンスや運搬の手間有無、電気ポットのような道具を必要とするのかなど、家族構成や目的にあわせて総合的に考えてみる。
・ ミネラルウォーターやウォーターサーバーの試飲があれば積極的に利用してみる。

「水」について考えることは、体だけでなく、マンションでのより良い住まい方につながる、ともいえるでしょう。今回のアンケートやお話をきっかけに、もっともっと「水」についてしっかりと考えてみたいですね。

2015/02/27