生命保険の「わかりにくさ」に不満の声も!~しっかり学んでしっかり選ぼう~

みなさん、いつもアンケートにご協力いただき、有難うございます。
さて、以前皆さまの生命保険に関する意識や状況についてお答えいただきましたが、その結果をご報告します。

アンケート概要
実施期間 2013/1/30 - 2013/2/6
調査方法 インターネット(マンション・ラボ)
対象者 マンション・ラボ リサーチ会員
有効回答数 3,117

引用の際は、こちらからマンション・ラボまでご連絡ください

調査結果

[1] Q.現在、生命保険に加入していますか?(N=3,117)

グラフ読み込み中...
多くの方が生命保険に加入していることが見受けられます。生命保険に加入した理由としては、「親が加入していたのを継続した」「会社に営業マンが毎週来ていて入りやすかったから」「安い保険料に換えたかった」という回答が多かったです。しっかり内容を理解・検討して加入したというよりも、「保険料の安さ」「知名度」で選んでいる方が多いように見受けられました。


[2] Q.生命保険を選択するに当たって重要視することは何ですか?(N=2,658)

グラフ読み込み中...
やはり金額面については多くの方が重要視しているようですね。担当営業の質にあまりこだわりが無い、というのは意外な結果でした。


[3] Q.生命保険の見直しを行なったこと、もしくは検討したことはありますか?(N=2,658)
グラフ読み込み中...

[4] Q.どのような理由で保険を見直したのかお聞かせください。

若いころに入ったプランで自分のライフステージに合わなくなったから
chi-naさん

保険金額見直しのタイミングで、保障内容が今の生活から考えて適切か考え見直した
danさん

若かりし頃、おねえちゃん営業に鼻の下をのばしながら加入し、よくよく見直したら、無意味な内容が盛りだくさん。だまされた!と憤慨しながら解約。→違う生命保険を探して加入。
のきおさん

子どもが成人したので、学費の心配がなくなったこと。死亡保険より入院給付を手厚くした方がいいと判断したこと。
kaze kaoruさん

職場で保険のおばちゃんに強引に勧められて加入した保険だった為、信頼できるプランナーに納得できるまで説明してもらい、見直しをしようと考えた。
OIDOSさん

医療保障が進化しているから、以前の保障内容より安くて良い商品に乗り換えた。
ushikiさん

結婚・出産を機にみなおした。
ともちゃんさん


[5] Q.生命保険に対する疑問や不安、知りたいことはありますか?

薦められる保険がだいだい決まっているが、そんなにいいものなら皆が入っていても不思議ではないが実際はそうでもない。各商品の違いがよくわからない。
ゆかりんさん

何がわからないかもよくわかっていないので基礎から知識を学べれば良いと思います。
big-marchさん

医療の内容によって現在の保険適用が出来ないケースがあるとおもうが、随時把握し、保険更新するのは時間・費用両面から難しい。
D@Tさん

自分の家族構成と収入から今の支払っている保険金額が適正であるのか。
KAWAIさん

万一、加入している保険会社が倒産してなくなった場合今までの保険料がどうなるか。請負先が同条件で保証してくれるのか。
よっちんさん

システムが複雑で分らない事だらけ。
多摩急行さん

事故や病気などの件がなくても、年に1回ほどは対面での相談が受けられると安心できると思う。
蛍の光さん


保険について、正しい知識を持って賢く運用しよう。

生命保険に関するアンケート、いかがだったでしょうか。現在、非常に多くの保険商品がリリースされ、内容もどんどん変化しているようです。ただ、私個人でいうと、それを普段から気にしていませんし、そもそも何を重視して加入する保険を考えるべきなのか、という肝心な部分を見落としていた気がします。

今の自分の収入や家族構成、あとは老後のことを考えたりすると、ベストな保険の組み合わせがなんなのかを知りたいものの、保険に対する最低限の知識や将来の計画性が甘いせいか、つい検討することを後回しにしてきた気がします。とはいえ、とっても大切なことですから、ある程度は自分でしっかり考えたうえで決断できるようにしたいものですよね。そのためには、やはり保険に対する正しい知識や考え方を身につけることが大切だと思います。

今回アンケートに答えていただいた皆さまの中にも、同じような方がいらっしゃるのではないでしょうか。マンション・ラボでは、1人でも多くの方にこのような疑問や不安を解決できる場として、専門家によるセミナーを開催します。保険を一から学んでみたい方、見直しを考えている方は、ぜひお気軽にご参加ください。

「知って得する!生命保険の基本とつくり方セミナー」はこちら

2013/02/12