畑のシェア~体験農園マイファーム~

さぁ、週末はどこへ出かけよう?と考えるのが楽しい季節がやってきました。

定番のショッピング…近所の公園でピクニック…ちょっと奮発して遊園地…どれも悪くないけれど、新しいことにチャレンジしたい!子どもたちにも、新しい体験をさせたい!と思っていらっしゃる皆さん。今年は、畑をやってみませんか?

今日ご紹介する「体験農園マイファーム」は、誰でも手軽に、「農」を「体験する」できる場を提供する取り組みです。

初心者でも安心。畑のプロフェッショナルが何でも教えてくれます。

農業を職業とする方以外の方が、主に自家用の野菜・花を栽培する小面積の農園を、一般に「市民農園」といいますが、こうした「市民農園」は近年自治体などによって各地に開設されています。(農林水産省によると、市民農園は東京都内だけでも350以上あります。平成24年3月時点。)

近年、「農業ブーム」と言われるように、農業に関心を持ち、こうした市民農園を活用して畑を始める方が増えているようです。

でも、「野菜ってどうやって育てるんだろう?」「農機具って何を用意したらいいの?」「種とか、肥料とか、どの程度必要なんだろう?」「ちゃんと続けられるかな…」などなど…畑を始めるには、物理的にも心理的にも、ハードルが高いのも事実です。

そんな畑初心者の方々向けに、「農」を「体験する」場所を提供しているのが、「体験農園マイファーム」。農園内の一区画にて、年間使用料を支払って野菜や花を栽培する…というところは市民農園と同様ですが、マイファームでは、初心者に嬉しいサポートを揃えています。

まず心強いのが、畑のプロフェッショナルである、管理人(管理スタッフ)の存在。管理人は週2~4日は農園を巡回しており、畑の耕し方、種の蒔き方から収穫時期のことまで、わからないことは何でも聞くことができます。

手ぶらで農園へ向かっても大丈夫!

もちろん、農機具各種、水やりなどのための水道から堆肥や肥料まで、農園に備えられており、自由に使うことができます。手ぶらで農園に向かっても大丈夫!
その他、収穫祭や講習会などのイベントも定期的に開催されます。

とはいえ、やっぱり不安…という方も多いのではと思います。まずは、同じマンションにお住まいの方とグループをつくって、始めてみてはいかがでしょうか?忙しくて畑に行けない…という時は、グループの方と畑の世話を分担できますし、収穫した野菜でパーティー、というのも楽しそう!

また、マンションによっては、共用部分を畑にして活用できることもあります。住民のみなさんで思い思いの野菜を育て、収穫祭など行えたら素敵ですよね。
畑のシェア、おすすめです。

参考:
体験農園マイファーム
http://www.myfarmer.jp/

農林水産省 市民農園のページ
http://www.maff.go.jp/j/nousin/nougyou/simin_noen/

2013/04/25