マンションのリビング収納、片付かない3大原因のスピード解決法!

収納お悩み第1位は、リビング。皆さんが悩んでいるリビングの整理の工夫を紹介します。

スッキリリビング イメージ

リビングが散らかりやすいのはなぜ?

マンション・ラボで実施した「整理収納に関するアンケート(掲載終了)」によれば、収納のお悩みランキングの1位リビングでした。リビングは、くつろぎの場であると共に、時には来客スペースにもなるため、片付いていないことによるストレスもたまりやすい場所です。家族構成により片付かない理由はさまざまですが、大きく分けて以下の3つの原因が考えられます。

「一番家族が集まるから」

家族が集う場所だから、新聞・宿題・裁縫、皆が持ち込んでくる多種多様なモノが増えます。

「一番使用頻度が高いから」

リビングを使う頻度が高いので、常に何かが出しっぱなしになりがち。散らかった印象を強めます。

「一番目につくから」

生活動線の中心に位置するため、本来そこにあるべきでないモノまで「つい、とりあえず」置いてしまいます。

お家ダイエット流♪リビングのお悩みスピード解決法

逆にいうと、この3つの原因をクリアすれば、お悩みはスピード解決するということです。その解決方法を具体的にご紹介します。

一番家族が集まる ⇒ 家族それぞれの「持ち物カゴ」で解決!
家族カゴ

家族のそれぞれが使用するからといって、使うモノを全部リビングには置かないことです。使用時に必要なモノだけを、たとえばカゴに入れて持ち運びます。そうすれば何度も部屋の行き来をせずに、必要なモノを持ち込めるし、お片付けも楽チン。

これは、リビングに限らずお風呂のときも便利です。必要な下着やパジャマだけをカゴに入れて持ってくればOK。お子さんが小さいうちから、こんな整理習慣をつけたいですね。


一番使用頻度が高い ⇒ 出し入れ簡単な「片づけカゴ」で解決!
出し入れカゴ

「出しっぱなし」状態を解決するには、テーブルの上には何も置かないルールの徹底が重要。でも、出し入れが面倒だと、それも長続きません。そこでまず、簡単に片付けられる工夫を。テレビやDVDレコーダーのリモコンなど、一式で出し入れすることが多いものは簡単に出し入れできるカゴにまとめましょう。カゴの中は整理する必要はないので、とりあえず使うモノを入れてしまって、写真のように定位置にカゴを戻すだけでOKです。

出しっぱなしがなくなるだけで、部屋はずっとスッキリした印象になるはずです。


一番目につく ⇒ モノの住所化による「とりあえず置き防止」で解決!

本来そこにあるべきでないモノを「とりあえず」置いてしまうのは、住所不定だから。モノを元に戻そうとしてもしまう場所がない!というのは、片付かない連鎖でよく陥る落とし穴。以前の記事「モノであふれるクローゼットは、住所化と見える化で使える収納に」でもお話したように、モノに住所をつけて、使ったらすぐ元に戻す。これは、リビングでも鉄則です。

とにかく見ため重視!さらに頑張れる人は、高さ・奥行き・色・素材を揃えて

リビングにあるインテリアや小物も、不統一でぐちゃぐちゃだと、どうしても片付かない感が前面に出ます。まず、頭にたたき込むのは見える部分の「高さ・奥行き・色・素材の統一!」です。

片付かないからやる気がでない。やる気がでないから片付かない。片付かないリビングののネガティブ連鎖を断ち切るには、目に見える成果。ダイエットでも「痩せたね♪」っていわれることがやる気につながりますものね。お片付けも一緒です。リビングに散らばったモノを整理することから、見た目がスッキリ。そこからどんどんやる気が生まれてくるべく、まずは今日からスタートです!

illustration by naru

2011/11/08

プロフィール

小林 朗子

整理収納アドバイザー1級取得後、整理収納コンサルタント資格を取得。一般企業で勤務する傍ら、整理収納コンサルタントとして個人レッスンを行う。


散らかってモノをため込んでいるお家は、食べ過ぎでメタボ体型になっている状態と似ていますよね。お家の整理収納とダイエットは共通点がたくさんあります。たぶんそれは、自分自身の習慣や考え方と密接に結びついているから。このブログを通じて、マンションならではの整理収納と、お家ダイエットのお手伝いができればいいなと思っています。


公式HP「TidyLifeDiary」はこちら


↑ page top