ペットの『ニオイ』を抑えるにはどうしたら?

前回はペットの抜け毛についてお話ししましたが、抜け毛同様、「ペットのニオイ」についても工夫が必要ですね。

ペットを飼っていると、自然と動物のニオイに慣れてしまうものですが、集合住宅でペットを飼う以上、周囲への配慮は必要不可欠です。

「ニオイ」を抑えるための3つのポイント

1.ペットの「体臭」チェック!

ニオイの原因のひとつとして、ペットの体臭が挙げられます。

体臭のほとんどは、シャンプーやお手入れで防ぐ事ができますが、あまりにも体が臭うようであれば、食生活を見直してみることもひとつ。ドッグフードか体に合っていなかったり、おやつのあげすぎで消化・吸収がうまくいかず、体からニオイを発している事も考えられます。

そのような場合は、食事の内容や回数を変えて消化・吸収をしやすくしたり、おやつの量を制限して内臓に負担をかけないようにすると、体臭が軽減されることもあります。

2.「排泄物」のニオイを出さない工夫を

排泄物のニオイは、残念ながら、集合住宅でのトラブルの原因になることが多いです。

うんちをそのまま放置する方はさすがに減ってきましたが、拾ったものを公共のゴミ箱に捨てたり、公共のトイレに流したりする飼い主の方がいらっしゃいます。ゴミ箱に捨てたうんちはにおいますし、公共のトイレに流すと詰まりの原因になってしまうこともあります。

「うんちを持ち帰る時に、エレベーター内にニオイがこもってしまので、外で処理したい」という話もよくうかがいますが、排泄物のニオイを抑える「マナーポーチ」に入れて持ち帰ったり、消臭スプレーを携帯してエレベーターから降りる時に撒くなどの工夫をしてみると良いと思います。

おしっこも、させっぱなしにせずお水で流すようにしましょう。おしっこのニオイがすると、その場所が犬達がニオイ付けをする「マーキングポイント」となり、どんどんおしっこをかけられる事態になってしまいます。

3.部屋から出るニオイにも注意!

あるマンションで起きた事なのですが、住民の方から「隣の部屋の人が帰ってきて、ベランダの窓を開けると「ペットの排泄物のニオイが風に乗って漂ってくる」との声がありました。

隣の部屋では犬を飼っていました。どうやら、留守中に部屋の色々な場所で排泄をしてしまっている様子でした。換気のためにベランダの窓を開けたところ、ニオイが外に出てしまった、というケースでした。

換気をすることはごく当たり前のことなのですが、風が強い日や夏場などで周囲の部屋が窓を開けていることが多い時期は、「外にニオイが出てしまうかもしれない」と心に留めておくことは必要ですね。
室内を粗方掃除してから窓を開けたり、空気清浄機を置く、消臭スプレーを使う、などの対策を行うこともひとつの方法です。

ちなみに、我が家では、犬達のブラッシング時には「手作りアロマスプレー」、お掃除の際には「重曹パウダー」や「重曹スプレー」が大活躍しております。

ぜひ皆さんもお試しくださいね。

☆「手作りアロマスプレー」の作り方

用意するもの

・精油 適量(3~4滴)…精油は、リラックス効果のある「ラベンダー」や虫よけ効果のある「レモングラス」がおすすめです。
・バスオイル 5ml
・水 100ml

作り方

1.容器にバスオイルと精油を入れる。
2.1の容器に水を加える
3.容器をよく振って混ぜ合わせる。

☆「重曹スプレー」の作り方

用意するもの

・重曹(市販のものでOK)3~5g
・水 300ml

作り方

容器で水と重曹を混ぜ合わせるだけでOK!
※犬のおもちゃやベッドにスプレーして拭いています。消臭効果抜群です。

☆「重曹パウダー」の使い方

・じゅうたんや床に直接撒いて、掃除機で吸います。消臭効果抜群。掃除機からの排気のニオイも、良いニオイになります。

・簡単に洗濯できないペットのベッドやキャリーバッグ。ポリ袋にニオイを取りたいものと重曹パウダー1カップ程度を入れて、ポリ袋の口を閉じてよく振ります。まんべんなく重曹パウダーが行きわたったら、ポリ袋を開けて重曹パウダーを掃除機で取り除きます。


ペットの体に害のない消臭グッズも最近たくさん出回っていますので、いろいろと調べてみると楽しいと思います。

プロフィール

writer高田 由香
日本ドッグパーク普及協会認定ドッグアドバイザー。日本ペットマッサージ協会認定ペットマッサージセラピスト。
短大卒業後、証券会社に入社。結婚を機にコーギー2匹を飼い始めるも、しつけに大苦戦。犬について学ぶスクールに通ううちに犬の魅力に取りつかれ、会社を辞めドッグアドバイザーになる決心をする。
2006年、世田谷・用賀に「犬の保育園 Parco del Caneカーネ保育園」を開園。園長となる。
犬の保育園の他、ペット共生マンションでのしつけ教室やセミナー、ペット博でのペットマッサージのデモンストレーション、朝日新聞デジタル「&」、ジョンソン株式会社「DOG TOWN」等ウェブサイトでのペット相談やコラム執筆など、多分野で犬に関わる毎日を送っている。
愛犬は、パピヨン、小型犬ミックス、チワワ2匹の4匹。キースホンド、コーギー、ダルメシアンの飼育経験あり。

2013/09/19

↑ page top