エコドライブのススメ! 外出の際は、エコな移動に取り組んでみませんか?

11月に入り、「秋」を感じられるようになりましたね。
こちらのコラムでは毎回マンションでのエコ活動などを中心にご紹介していますが、今回は外出することも多くなる「行楽の秋」にちなんで、外出時のエコ活動についてご紹介したいと思います。

エコドライブを意識しよう

旅行や登山、各種レジャー施設などに行く場合、車で移動する方も多いことでしょう。その際は、交通安全と一緒に「エコドライブ」を意識してみましょう。

エコドライブとは、ゆっくりとやさしい発進を心がけたり、無駄なアイドリングをやめるなどして燃料の節約に努め、地球温暖化に大きな影響を与える二酸化炭素(CO2)の排出量を減らす運転、のことをいいます。

ここで、エコドライブを行う主なポイントをご紹介しましょう。

①無用なアイドリングをしない(アイドリングストップ)
10分間のアイドリングで約140㏄程度燃費が悪化します。

②急発進及び急加速をしない
10回の急発進で約170㏄、10回の急加速で約110㏄の燃費が悪化します。

③交通状況に応じた安全な低速走行に努める
減速、加速を繰り返し速度変動させて走行した場合、100km の走行で約210cc燃費が悪化します。

④確実な点検・整備を実施する
タイヤの空気圧低下、エア・クリーナ・エレメントのつまりは燃費を悪化させる原因となります。

⑤不要な荷物を積まない。また、燃料をむやみに満タンにしない
10kgの不要な荷物を載せて100km走行した場合、約21cc燃費が悪化します。運ぶ必要のない荷物は、車から下ろしましょう。

⑥計画的なドライブをする
道に迷って10分余計に走行すると約350cc 程度燃費が悪化します。

いかがですか?
こうしてみると、いかに無意識のうちに経済的にも環境的にも好ましくない運転をしているのかがわかるのではないでしょうか。これからは、安全運転はもちろんのこと、環境にも配慮しながら楽しくドライブするのがスタンダードになるといいですね。

車を利用しない場合でも、エコな移動はできる!

もちろん、車を利用しないご家庭でもエコな移動は可能です。

たとえば、電車やバスなどの公共交通機関で移動すれば、少人数しか乗れない自動車よりも、たくさんの人を運べる電車やバスの方が、一人あたりのCO2排出量が少なく済みます。しかも駅の階段の上り下りもできるので、運動不足の改善にもなりますね(笑)。

また、最近は、「健康にいい」「環境にいい」「快適・便利」さらに「かっこいい」移動手段として、「自転車※」の人気が高まっています。自動車ではあっという間に通り過ぎてしまっていた道も、自転車や徒歩はゆっくりと辺りや景色を見渡せるため、今まで気づかなかったすてきなお店を発見したり、四季折々の自然を感じたり、身近な地域の魅力を再発見するきっかけにもなるでしょう。

※最近では、自転車による事故も増加の傾向にありますから、車同様、運転には十分注意してください。

いかがでしたでしょうか?
外出の際にも「エコ」の意識を心がけていれば、自然とマンション内でのエコ活動も行えるようになると思います。内⇔外でのよいエコ活動のサイクルができるといいですね。

都内近郊で親子で環境を学べる(遊べる)施設をご紹介します。大人も子供も学べる施設なので、是非、検討してみてください。

環境を学べる(遊べる)施設リスト

・港区エコプラザ
http://minato-ecoplaza.net/
・エコギャラリー新宿
http://www.shinjuku-ecocenter.jp/index.html
・地球環境パートナーシッププラザ
http://www.geoc.jp/geoc
・中央区環境情報
http://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/kankyo/eic_chuo/index.html
・先端技術館@TEPIA
http://www.tepia.jp/exhibition/

 

2013/11/08

Tile体験モニター募集 モニター150名にプレゼント
↑ page top