初心者にもカンタン!スマホで支払いできる楽天ペイ(アプリ決済)のコンビニでの使い方、メリットとデメリットをわかりやすく解説。

楽天ペイ(アプリ決済)、PayPay(ペイペイ)、LINE Payなど、スマホでバーコード決済できる支払い方法が話題を呼んでいます。キャッシュレス社会の到来間近か!?
そこで今回は、楽天ペイ(アプリ決済)を使ってみたレポートを紹介します。

楽天ペイは、街やネットでスマホ支払いができる決済サービス

楽天ペイの仕組みはこんな感じだと考えてください。

楽天ペイは、スマホのアプリがクレジットカード替わりになって、お店やネットで支払いできる決済サービスです。

リアル店舗ではクレジットカードや現金を持って出かけなくても、スマホだけで買い物できちゃうし、ネットでお買い物をするときは楽天ペイの決済システムを利用できます。

楽天ペイ(アプリ決済)※外部サイト

街のリアル店舗では楽天ペイ(アプリ決済)が、楽天以外のネット通販サイトでは、楽天ペイ(オンライン決済)が使えます。

使える場所はというと、楽天ペイ(アプリ決済)を導入している、ローソンなどのコンビニや飲食店、アパレル店などのリアル店舗。

現在楽天ペイが使えるお店とサイトは以下から確認できます。
今後提携先はどんどん増えていくみたいですよ〜。
お店 ※外部サイト
サイト ※外部サイト

ネットでは、無印良品、JINS、TOHOシネマズ、ドミノ・ピザなどのファッション・グルメ・、美容・家電サイトなどで使えます。いろいろな通販サイトを利用する度に、いちいちクレジットカード情報を入力することに不安を感じていたので、これは嬉しい!

では早速、楽天ペイ(アプリ決済)を設定してみましょう!

楽天ペイアプリの設定方法

①スマホに楽天ペイアプリをダウンロードする。

Apple Store※外部サイト

Google Play※外部サイト

②楽天ペイアプリの設定をします。楽天ペイを利用するには楽天会員に登録している必要があります。楽天会員に新規登録、すでに楽天会員ならば「ユーザID」とパスワードでログインします。ログイン後、楽天ペイの支払いクレジットカードを選択します。楽天会員で設定しているクレジットカードや、それ以外のカードも追加できます。※一部使用できないクレジットカード種類もあり。

④アプリの設定が終わると、上記の画面になります。店頭での支払時(コード表示型)には、この画面を提示します。

⑤楽天ペイアプリの支払い方法は「コード表示」「QR読み取り」「セルフ」の3種類があります。お店によって異なりますが、コンビニなどでは「コード表示」が一般的。

・コード表示
ホーム(お支払)>「コード表示」を選択>スマホに表示されているスマホに表示されている「バーコード/QRコード」を提示して、店頭で読み取ってもらう>支払い完了

・QR読み取り
ホーム(お支払)>「QR読み取り」を選択>お店のQRコードを読む>お店の名前を確認してから、自分で支払金額を入力する>確認画面で金額を確かめてから「スライドで確認」を押す>支払い完了

・セルフ
ホーム(お支払)>「セルフ」を選択し、支払うお店を選択する>お店の名前を確認してから、自分で支払金額を入力する>確認画面で金額を確かめてから「スライドで確認」を押す>支払い完了

楽天ペイ(アプリ決済)をコンビニで使ってみた!

楽天ペイ(アプリ決済)が使えるコンビニは、ローソン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップなどです(2019年1月現在)。

リアルなお店では、基本的に「コード表示」または「QR読み取り」での支払いがほとんど。

設定が終わったので早速一番近いローソンで、牛乳やパン、おにぎりを買ってみました。会計時に「楽天ペイで!」と言ってスマホに表示されたバーコード画面を見せて、「ピッ」と読み取ってもらったら、あっというまに決済終了。モバイルSuicaなんかと同じですね。

バーコード決済後の画面。これで決済完了。アプリで利用履歴も確認できます。

コンビニでSuicaを使う方法もあるけれど、オートチャージ設定がされてないと残高不足ということもあり得ます。
その点、楽天ペイ(アプリ決済)は1回の利用金額の上限はあるけれど、楽天に登録したクレジットカードからの引き落としなので残高不足の心配はなし。コンビニで1回に高額な買い物をすることもないので、おサイフケータイ的に気軽に使えます。

ローソンで、「からあげクン」やローソンコーヒーをよく買う人は、楽天ペイ(アプリ決済)を使うとよさそうですね。

ポイントダブル取り!楽天ペイのメリットとデメリット

楽天ペイ(アプリ決済)を使ってみてわかった、メリットとデメリットをまとめてみました。

メリット デメリット
・リアル店舗でもネットでも使える。
・エントリー毎に、お得なキャンペーンを実施している。
・楽天ペイの利用で、登録クレジットカードのポイント+楽天スーパーポイント(200円で1ポイント)が両方貯まる。
・クレジットカードや電子マネーに比べるとスキミング犯罪の可能性が少ない。
・提携しているお店・サイトでしか使えない。※今後増えていく予定。
・上限金額の設定がある(上限金額は加盟店によって異なる)。
・スマホの紛失・故障で利用できなくなる。

それからもうひとつ嬉しいのは、ポイントがダブルで貯まること。楽天ペイの利用だと、クレジットカードのポイント+楽天スーパーポイントの両方が貯まります。ということは、楽天ペイ対応のお店や通販サイトでは、楽天ペイを使った方がオトク!

個人的には、初めて使う通販サイトで購入するときに、「1回しか使わないと思うのにクレジットカード情報を入力するのが面倒だな」と感じていたのですが、そのストレスが解消されて有り難かったです。


楽天ペイは、楽天サービスをよく活用する人には、オトクで便利な決済サービスと言えます。楽天会員ではない人は、他のスマホ決済サービスと比較して、自分がよく使うコンビニや貯めたいポイントと合致しているかどうかなど事前に確かめてから登録するとよいですね。
ペイ系サービスは便利だけど、一番怖いのは、スマホを紛失しちゃったとき!
でもこれはどのアプリでも同じことですよね。
これからのスマホはお財布と同じ位、紛失防止に注意したいものです。スマホの紛失防止には、前回tileという忘れ物防止タグサービスを紹介しましたので、そちらもあわせてご覧ください。

イラッとする探し物は、「スマホ×タグ」の最強コンビTileで解決できる?!ウッカリさんが試してみた!

※本記事は、2019年1月現在のものです。サービスの内容・金額などは、変更される可能性があります。

2019/01/21

↑ page top