心を癒やすしっぽがついたクッション型セラピーロボットQooboが、コミュニケーションを手助けする可能性

ユカイ工学のしっぽクッション型ロボット「Qoobo(クーボ)」

「ロボティクスで、世界をユカイに。」するユカイ工学株式会社のプロダクツの紹介から、近未来のマンションでロボットが活躍する可能性を探るシリーズ第2回目。今回はなんと、しっぽがついたクッション型セラピーロボットQoobo(クーボ)です!

前回の記事はコチラ
かわいいロボット・BOCCOで感じた、近未来のワクワク・便利なマンション生活とは!?

しっぽクッション型ロボットQooboって何?

Qooboって何?と思う方には、まずは動画を見ていただくのが一番!

ロボット開発は、何かに役立つことや生活を便利にすることが目的だと考えがちですが、合理性だけで語れない心理的な効果というものもあります。
ユカイ工学さんが開発した、しっぽがついたクッション型セラピーロボットQooboは、そんなセラピー効果が期待できるロボットです。

Qoobo(外部リンク)

しっぽがついたクッション型セラピーロボットQooboは、2018年秋発売予定。現在サイトで予約受付中。

Qooboの動きはシンプルで、そして気まぐれ。そっと撫でるとふわふわ、たくさん撫でるとぶんぶん、ときどき気まぐれに、しっぽを振ってくれるクッション。抱えているだけで、なんだか気持ちいい〜。

犬や猫を飼っている方ならわかると思いますが、動物はしっぽの動きがコミュニケーションのひとつ。クッション型セラピーロボットQooboは、ぶんぶん動くしっぽしかなく、犬とも猫ともいえないのですが、動物みたいな何か、あったかい生きもののような感じがします。
Qooboを触っていて、言葉がなくても、しっぽだけで心が癒やされるものなんだなーとちょっと感動しちゃいました。

しっぽがついたクッション型セラピーロボットは、社員のアイデアから誕生した!

ユカイ工学株式会社のCMO冨永翼さん。
持つだけで自然と笑顔になっちゃうのがqooboの不思議な魅力かも!

——ユカイ工学さんの開発プロダクツは、BOCCOに代表されるようにデザインがシンプルで美しく、遊び心があってステキだと思っていましたが、qooboはさらにその上をいく感じがしました。なぜ、しっぽがついたクッション型セラピーロボットというものが開発されたのでしょうか?

冨永さん
「qooboは、会社でアイデア合宿をした際に、ペットを飼いたいけど自宅で飼えない女性デザイナーの発想と、しっぽの研究をしていた男性エンジニアの技術が結びついて生まれました。開発の過程でも、顔を付けるかどうかの議論が交わされましたが、顔を付けてしまうと好き嫌いが生まれます。犬でも猫でもなく、ユーザーの受け取り次第でどちらとも感じられるかたちを追求していき、顔も手足もない、しっぽだけのクッション型ロボットに行き着きました」

しっぽの付いた不思議な生きものと暮らしているような錯覚に陥ります!

——しっぽだけでも、不思議と自然に感情移入できるものですね。

冨永さん
「日本人は、昔から八百万のモノに魂が宿ると信じてきました。何もないモノにも想像力で補完できるというか、何か精神的なつながりを持てる嗜好性みたいなものがあるのではないのでしょうか? とはいえ、Qooboは海外からも好評の声をいただいています」

ずっと触っていたいQoobo、ペットが飼えないマンションやペットロスの解消に

Qooboは、HUSKY GRAYとFRENCH BROWNの2色。なんだか名前を付けたくなりますよね。

ペットを飼いたくてもペット飼育不可のマンションだったり、家族が動物アレルギーだったり、さまざまな事情でペットを飼えない人にとって、Qooboはペット替わりに心を慰めてくれる癒しの存在になりそう。また、これまで飼っていたペットを見送って、しばらくペットを飼う気はしないけど、心が癒やされたいという、ペットロスに陥っている人にも良さそうです。

マンションのエントランスホールやお茶会イベントにQooboがいたら?

——実際にはどんなシーンで使われることを想定していますか?

冨永さん
「介護施設へお持ちしたときには、触っているうちにシニア女性が昔猫を飼っていた話を急にされたり、ずっと撫で続けていたいという声をいただいたりしたことがあります。
以前テレビで紹介いただいたときは、Qooboの紹介コーナーが終わっても、キャスターの方々がずっと膝に抱えて撫でながら番組が進行されていたことがあって、Qooboの可能性を感じました。それから、携帯ショップなどでの待ち時間の癒しにもいいのではないかという声もありました」

なるほどなるほど。年代を問わず、人の心を掴むQoobo。
たとえばマンションの共用部で、エントランスホールのソファにQooboを置いてみたら、自然と住民同士の会話が弾みそうですね。共用施設で住民同士のお茶会やサークル活動を行っているマンションであれば、共用施設のコミュニケーション促進ロボットとしてQooboを置いて、その効果を見るのも楽しそう!

管理組合活動にコミュニケーションボールとしてのQooboがいたら?

理事会の会議に、癒しのQooboにも参加してもらうとか?

マンションの管理組合にもQooboを導入したら良い効果を生んでくれるかも。マンションコミュニティのイベント会議や、みんなの意見を聞きたい理事会の場に、Qooboにも参加してもらったら、なんだか話題が弾みそうな気がします。

知らない人同士が参加して対話を深めるワールドカフェや対話イベントの場では、コミュニティボールというツールを活用しています。手渡されたボールが手にある間は、その人が安心して意見を話せるし、他の人もボールを持った人が喋り終わるまで話を聞くというルール。そして、ボールを持っている人が次に話す人にボールを渡し、こうしてみんなが安心して意見を述べることができます。対話の場でのコミュニケーションボールがQooboだったら、落ちついて自分の意見を話すことができる効果が期待できるのでは?

それから、マンションのお祭りで、Qooboのあるカフェコーナーをつくっても楽しそうですね。
Qooboのように、ちょっとした遊び心をとりいれることが、マンションコミュニティのコミュニケーションを円滑にしてくれそうです。

心づかいができる、“空気が読める”ロボット開発を目指して

——最後に、これからのロボット開発は、どういう方向に進んでいくのでしょうか?

冨永さん
「AIやロボットの開発がどんどん進んでいけば、今後目指していきたいのは、ロボットの側から能動的に働きかけていくことができることです。ロボットから心づかいができたり、間違ったことを言っていたら割り込んで指示を入れたりできる次世代型ロボット。たとえば家庭の中の状況を判断して、お母さんに叱られた子どもをなぐめたり、そっと寄り添ったり、そんな空気を読む次世代型ロボットを開発していきたいですね」

ユカイ工学株式会社(外部サイト)

「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、さまざまな製品を開発・販売するロボティクスベンチャー。主な製品に、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」や脳波で動く「necomimi」、しっぽがついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」(2018秋頃発売予定)などがある。

2018/05/25

↑ page top