【実例】虫怖い・土汚い・土処分、面倒くさがり屋のベランダ・ガーデニング初心者の「3大問題」を解決してみた!

マンションのベランダで実際に「面倒くさがり屋のベランダ・ガーデニング」をやってみる!

これが、オススメの面倒くさがり屋のベランダ・ガーデニング初心者向けセットだ!

ガーデニングをやるなら本格的にやりたいという、ありがちな初心者。花は寄せ植えにしたいから6種類の苗を購入。プランターは、容量11Lサイズ(幅45.5×奥行22.5×高23cm)。

プランターに2列×6種類の花を寄せ植えする方法は、以下のガーデニング専門家による記事を参考にしました。奥に背の高い花・手前に背の低い花や垂れ下がる系の花を配置して奥行きを作るのが秘訣だそうです!

参考:
マンション・ガーデニング シックな寄せ植えその3「赤と緑と白」
(1)まずは土をセッティング

『リッチフラワー 水でふくらむ花の土』を開けてみると、ブロック4つがパッキングされていました。11Lのプランターには、ブロック3個位かな?

10L位のお水を注いで10分待つ(インスタント麺みたいですね)と、水分を含んだ土は湿気を含んだふかふかの藁のような触感。成分はココヤシ。このふかふかな土が、根を張りやすくなるのだそう。ほー。

10分後には水を吸ってこんなに膨らみました。膨らんだら、手でほぐしていっちゃう。乾燥ココヤシだし、普通の土と違って中から芋虫がひょこり出てくる心配もないし(笑)。

しかしブロックを割ってみると、まだ中心まで水が浸透していません。プランターで戻したので、注いだ水の大半が流れちゃったのかも。あちゃー! 早速失敗か?

いやいや、落ちつくんだ! 高野豆腐だって干ししいたけだってボウルに入れて水で戻すんだから、『水でふくらむ花の土』だって水入りバケツに入れて戻し直せばいいんじゃ? おお、我ながら頭イイ!

中まで戻っていない土は、水入りバケツに浸けて戻して、固まっている所を手でほぐし、ようやく『水でふくらむ花の土』がふっくらしっとりと戻りました(何だかお料理している気分でした!)。

次ページ:土が仕上がったら、次は花の苗を植え付けていく>>

2017/05/12

↑ page top