マンションの引っ越し術~転勤族ママの引っ越しのコツと工夫~

pixta_23475286_S

秋は春に引き続き転勤辞令が多く出るシーズン!街中で引っ越し用のトラックを見かけることが多くなります。転勤に縁がなくても、新生活のスタートやマンションの住み替えなど、いつか経験するかもしれない引っ越し。「引っ越しは大変そうだけど、みんなどうやっているの?」と聞きたくなります。
そこで、引っ越し経験豊富な転勤族ママに、引っ越しを繰り返す中で見つけたコツや工夫を教えてもらいました。

取材者・住環境紹介

M・Kさん
家族構成:夫婦・娘1人(3歳)
家族での引っ越し回数:3回(大阪→広島→東京→京都)
住んだことのある住居形態:賃貸マンション(3LDK)1件、分譲マンション(3LDK、賃貸契約)3件

転勤先のマンション探しは辞令発令後すぐに

Mさんのご主人は金融機関に務める転勤族で、結婚8年目にして既に3回も引っ越しを経験しています。転勤辞令が出てから引っ越しまでの猶予は約1ヶ月。その間に、物件探しや引っ越し業者選び、子どもの幼稚園探しに、役所への届け出やライフラインなどの各種解約・契約手続、お世話になった人への挨拶、さらには荷造りといった作業を全てこなさなくてはなりません。
「本当にバタバタで夜逃げみたいですよ」とMさんは笑います。

転勤先の住まいの物件探しは最優先事項で、辞令発表後すぐにネット検索し、気になる物件をピックアップします。現地で会社と提携している不動産屋のおすすめ物件と合わせ見て、1〜2週間以内には決めてしまいます。転勤シーズンは、条件の良い物件はすぐになくなるため、最低条件(Mさんの場合、家賃・立地・南向き)がクリアしたら即決します。

引っ越し日が決まれば、すぐに引っ越し業者に見積もり依頼を出します。Mさんの場合、子どもを出産してからは梱包から開梱まで引っ越し業者に依頼し、大手3〜4社に見積もりに来てもらって金額交渉を行い、一週間ほどで業者を選びます。
他社と比較することで業者側も金額を下げてくれますし、業者のトラックの空き状況などで10万円ほど引っ越し料金が変わってくることもあります。大手であれば一番安いところを選んでも、品質に大きな差は感じないので、数社に見積もりを依頼することは必須ですね。

更新 たった今物件が決まったら引っ越し日が決まるので、スケジュール表とTODOリストを作成し、ひたすら実行していきます。

物件が決まったら引っ越し日が決まるので、スケジュール表とTODOリストを作成し、ひたすら実行していきます。

マンションでの引っ越しで、注意すべきことは?

(1)設備のサイズの違い

賃貸マンションと分譲マンション間では、同じ設備でもサイズの違いがありますので、注意が必要です。下記のようなケースがありました。
・押入に前のマンションでは収まっていたのに、収納ケースが入らない。
・賃貸マンションで使っていた既製品のカーテンでは、分譲マンションの大きな窓にサイズが合わず、オーダーカーテンを作ることになった。

リビングのカーテンはオーダーしても、寝室など他人に見られない部屋のカーテンは丈が足りなくても次回の引越のことも考えそのままに。

リビングのカーテンはオーダーしても、寝室など他人に見られない部屋のカーテンは丈が足りなくても次回の引越のことも考えそのままに。

(2)荷物の搬入時の不都合

荷物の搬入のためマンションの出入口を開放していなくてはいけないので、次のようなことがおこります。
・オートロックのあるマンションの場合は、誰かが常に見ている必要がある。
・エレベーターが複数あっても、荷物搬入には一機しか使用できないなど、マンションによってルールが違う。

●01TOP_201609_yuka

物件が決まった段階で、マンション管理会社や管理人さんに搬入時のルールを確認し、引っ越し業者と相談しておかないと、スケジュール通りに終わらないこともあります。

テレビを搬出の最後にしてもらうことで、子どもも退屈せずにいられます。

テレビを搬出の最後にしてもらうことで、子どもも退屈せずにいられます。

(3)道路幅とエレベーター内幅の制約

・マンション前の道路が狭くて、大型の引っ越しトラックを止められない。
・エレベーターの有無はもちろん、大きさによって運べる荷物に制約があります。
引っ越しスケジュールが大幅に変わってくる原因となるので、物件の下見に行った際には、道路の幅や荷物の搬入ルートを確認しておくことが大切です。

マンションだからこその“あいさつ回りのポイント”

気になるご近所さんへの挨拶は、どうしているのでしょうか。
Mさんの場合、引っ越し日に業者さんが近所の方へ挨拶をして回る際、同行させてもらっています。引っ越し作業で迷惑をかけるお詫びと一緒にご挨拶もできるのでオススメです。管理人さんへの挨拶も、基本的に引っ越し当日にします。

挨拶の際には、必ず小さい子どもがいることを伝えます。子どものたてる物音に配慮する気持ちを先に見せることで、相手も安心してくれるようです。うまく話が弾めば、相手の家族構成や家にいる時間帯がわかることもありますので、配慮がしやすくなります。ご近所との日頃のコミュニケーションを円滑に進めるためにも、やはり最初の挨拶は大事なのかもしれません。

引越後はすぐに障子をプラスチックダンボールで保護。子どものいる賃貸住まいにはお勧めです!

引越後はすぐに障子をプラスチックダンボールで保護。子どものいる賃貸住まいにはお勧めです!

手土産には、転勤族らしくこれまで住んでいた土地の名物を選びます。話題のきっかけになる上に、新しい土地になじみがないことをわかってもらえるので、近隣情報を教えてくれるご近所さんもいるそうです。

あわせて読みたい記事
入居時に挨拶をした方が良いってホント?


一口にマンションと言ってもいろいろなタイプがあり、設備利用のルールも違います。
新しい土地でのマンション暮らしを、スムーズにスタートさせるためにも、引っ越し前に確認事項や手続きを早めに実行し、マンションの方たちへの配慮も忘れないことが肝心なようです。

文:松本可暖(Loco共感編集部)

2016/10/11

プロフィール

Tile体験モニター募集 モニター150名にプレゼント
↑ page top