流行のマステで古くなった子供用のステップをプチDIYしてみた!

1113

みなさん、こんにちは。毎度お世話になっている、編集部のイトーです。

先日、年末に向けて大掃除の準備をしようと、捨てるもの・捨てないものを整理していたところ、子供用の古いステップを発見。捨てようとしたのですが、ちょっと高いところの物を取るには重宝している、という家族の意見もあり、結局捨てないことに。

とはいうものの、長女が生まれて間もなく購入したものなので、すでに10年以上が経過。かなり古くなって汚れも目立つので、もうちょっとなんとかならないものか・・・と思案していたところ、「そうだ!マステなら簡単に可愛らしくできるかも!」と思い、急きょ娘に協力してもらって、マステを使ったプチDIYにチャレンジすることにしてみました。

これが脚立。かなり汚れなどが目立っています。

子供用のステップ。かなり汚れなどが目立っています。

マステを購入する時は、完成形をイメージしておこう

ということで、さっそくマステを購入。(ちなみにマステというのは「マスキングテープ」の略です。)

昔はマスキングテープといえば、色がはみ出さないようイラストやプラモづくりで重宝したものですが、今では数えきれないほどカラフルなデザインのものがあるんですね。しかも大手家電量販店にも置いてあるということで、娘と一緒にこちらを購入しました。

購入したマステ。いろんなサイズやデザインのものがあるので、さまざまな用途に使えそう。

購入したマステ。いろんなサイズやデザインのものがあるので、さまざまな用途に使えそう。

いざ売り場にいくと、目移りするほどたくさんの種類のマステがありました。あれこれどれにしようか娘と悩んだ結果、「足元で使うものだから、なんか草とか、はだしで歩いてる感じにしたい!」ということで、今回のDIYのテーマは「ネイチャー」に決定!草木を模した大きなテープをメインに、飾りつけ用に使えそうな小さめのテープをいくつか購入しました。ちなみにこれ全部で2,000円弱!いろいろ使えることを考えると、安いですよね。

ちなみに、我が家は行き当たりばったりでしたが、購入する前に、「こんな感じにしよう」といった完成形をイメージしておくと、マステ選びもスムーズになる気がしました。

さて、それではさっそくプチDIYにチャレンジしてみましょう。

おお!簡単に貼れるよ、はがせるよ!

まずは、全体の汚れを拭いてから、主役となる草木柄のマステから貼っていくことに。と思いきや、フチの部分から何やらかわいらしいマステを貼りだした娘。そうか、これもマステの楽しみ方。何度でも貼ったりはがせたりするので、自由にトライしていいんです!

まずはウェットティッシュで汚れをふきふき。

まずはウェットティッシュで汚れをふきふき。

最初に選んだテープはこれ。かわいいですね。

最初に選んだテープはこれ。かわいいですね。

フチの部分に貼っていきます。これだけでも何やら楽しげですね。

フチの部分に貼っていきます。これだけでも何やら楽しげですね。

続いてメインの草柄に突入。貼る部分のおおよそのサイズを測り、マステを切って貼っていきます。どのくらい簡単に貼ったりはがせたりするのかが不安でしたが、驚くほどに簡単!

失敗しても、ただはがしてやり直せばいいだけのなので、思い切ってどんどんチャレンジしていけるのが爽快です。しかもやりながらいろんなアイデアを試していけるのがとってもイイ!これなら小さい子でもできますから、親子でいろいろと試してみるのもいいですね。

メインの草柄のマステを準備。きれいですね。

メインの草柄のマステを準備。きれいですね。

サイズにあわせてハサミで簡単に切っていきます。

ステップのサイズにあわせて、ハサミで切っていきます。

草柄のマステを貼っていきます。面積が大きいので、ますます印象が変わりそう。

草柄のマステを貼っていきます。面積が大きいので、ますます印象が変わりそう。

空いているスペースにも、マステを貼っていきます。にぎやかですね。

空いているスペースにも、マステを貼っていきます。にぎやかですね。

さらにお祭り感を出すため、トリコロール柄のマステを上から重ねて貼っていきます。

にぎやかな感じを出すため、トリコロール柄のマステを上から重ねて貼っていくことに。

気づけば作業に没頭。完成していくのが、とっても楽しみです。

気づけば作業に没頭。完成していくのが、とっても楽しみです。

次のページ:完成!古ぼけたステップが、マステだけでイメージチェンジ

2015/11/13

Tile体験モニター募集 モニター150名にプレゼント
↑ page top