マンションリフォームに新トレンド?空気環境からリフォームするという新発想

写真提供:三菱地所のリフォーム

写真提供:三菱地所のリフォーム

12年前に新築分譲マンションを購入した編集部員ですが、最近は便利な設備がいっぱいあるんですね。編集長とマンションマニアさんの住まい談義で最新設備の豊かさを知り、まさに「ガビーン!!」でした。自動洗浄トイレって、うらやましすぎる…。

新築マンションの3つのトレンドとは?~マンションマニアさんの住まい談義vol.1~

悔しい思いでいっぱいのところ、今回新たにマンション向けの空調設備が発表されたとか。花粉シーズンには、マンションに花粉を持ち込まないように細心の注意を払って「いっそ部屋まるごと空気清浄器にしたい!」と妄想する自分としては興味津々。早速調べてみました!

暑さ、寒さよ、さようなら!エアコン不要の「神空調」!?

今回発表された三菱地所のリフォームの「新マンションエアロテック」は、24時間365日、マンションの各部屋のすみずみまで換気しながら快適な温度を保つ空調システムなのだそうです。

→三菱地所のリフォーム マンションリフォームマンション用空調システム
「新マンションエアロテック」(外部サイト)
快適・健康・省エネの全館空調システム。2017年度グッドデザイン賞受賞。

以前エアロテックのある一戸建てオーナー様にお話を伺ったら
「家の中で冬の寒さを感じたことがない」
「猛暑でもエアコンの必要がないね、というかエアコンはない!」
と、皆さん口を揃えていうじゃないですか。
いったいどんなメリットがあるんだろう??

「新マンションエアロテック」のココがスゴイ!と感じた4つのメリット

1.各部屋、キッチン、トイレ、玄関、住戸まるごと快適な温度設定が可能。

エアコンだと設置された部屋だけですが、「新マンションエアロテック」は、住戸まるごと快適でクリーンな空気が循環して、トイレや廊下でさえ快適温度になるのです。
まさに神対応。冬のトイレや洗面所が寒くないなんてうらやましい。

2.ニオイ・ホコリ、花粉の季節もお部屋まるごと守ってくれる!

家族の悩みの花粉症も、室内空気環境をコントロールすれば…。

「新マンションエアロテック」には、外気を取り込む際に除塵フィルターが、花粉やカビの胞子などを97%カット。花粉の季節にも、お部屋をまるごときれいな空気で守ってくれます。
おお!これだ!これが私の求めていたものです!

ペットを飼っているお家では、気になるニオイやホコリを室内機が集めてくれるので、空気清浄器を部屋毎に何台も設置する必要がなく、1台の機器のフィルター交換やメンテナンスのみで済むのが嬉しい点。エアコンだけでなく、空気清浄器の必要がなくなるんですよ!

エアロテック(外部サイト)

3.気になる電気代もお得
年間冷暖房費比較
エアロテックマンション
約63,700円
一般マンション(個別冷暖房+床暖房)
約81,500円
※90㎡のマンションの中間階の場合
【モデルプラン算定条件:共通】●構 造:鉄筋コンクリート構造 ●断熱仕様:6地域※1●延床面積:90㎡・中間階●地 域:東京 ●居住人員:4人家族※1●換気回数:0.5回/時、換気運転費用含む●電気料金:約26円/kWh(燃料調整費を含まず)●ガス料金:約143円/㎥
※1:「平成28年省エネルギー基準(建築物省エネ法)」の定義に準拠。計算方法は、熱負荷計算プログラム「“AE-Sim/Heat”株式会社建築環境ソリューションズ」により、もたらされた熱負荷に機器効率及び電気料金を加味して算出。

年間冷暖房費は、実は一般マンションで個別冷暖房+床暖房を入れた場合より、低く抑えることができます。コスト減ならなおさら嬉しい!

4.空間もスッキリできる、床下を使った工夫が◎!

床下を有効活用する空調システムだから、空間もスッキリ。広々としたオープンなリビング・ダイニングだって、温度ムラがなくてどこにいても快適。エアコンの空調効率を気にすることなく、自由な間取りを考えられます。

「新マンションエアロテック」は、1台の床置型室内機と2台の室外機で部屋全体の空気環境をつくりだします。二重床下の空気層を活用して、各部屋の床吹出口から快適な温度をコントロールします。床下活用でダクトレスだから、館内空調のために天井を下げる必要ナシ!

「新マンションエアロテック」を導入したマンションリフォーム事例。エアコンのない室内空間ってスッキリしますね!

各部屋にはルームコントローラーと床面の吹出口しかないというのが、機能だけでなくデザイン的にも嬉しい。「新マンションエアロテック」が「グッドデザイン賞2017」を受賞したというのも頷けます。

マンション・ラボ編集部が妄想した、空前絶後のマンション空調革命とは?

今回の「新マンションエアロテック」登場をきっかけに、マンションの空調システムはどんな風に変わっていくのか? マンション・ラボ編集部として予想してみました。

これからのマンションの空調システムを予想する!!
●将来、マンションの空気環境にもこだわる時代が到来!?

10数年前には考えられなかったほど、空気清浄器を使う世帯が増えています。マンションの水環境にこだわるのが一般的になってきたのと同様に、これからはマンションの空気環境にもこだわる家庭が増えていく気がします。

●マンションの騒音・煙草の煙・ニオイという3大お悩み解決の鍵になるかも?

騒音、煙草の煙・ニオイは、マンションの3大お悩み。二重床でさらにニオイをシャットアウトできる「新マンションエアロテック」が、これらマンションの課題解決につながるといいですね。

●マンションの資産価値向上に!

「新マンションエアロテック」の導入により、他の部屋とは違った魅力を加味することができます。住み替え時にも、これは大きな資産価値上々のメリットになるかも!

●騒音や排気ガスが気になる都心のマンションの価値が高まる!?

利便性の良いマンションでは、騒音や排気ガスが気になる場合もあります。窓を開閉して換気する必要のない「新マンションエアロテック」は、都心のマンションにこそ最適な気がします。

●花粉症やぜんそくなどの持病があるご家庭に、健康的な空気環境を!

花粉症だけでなく、お子さんのぜんそくなど、健康的な空気環境を必要としている家庭だと、花粉やカビの胞子をカットしてくれるフィルターがあるのは心強いですよね。

リフォームをする際が導入のタイミング!

最後に一番気になる点は、築12年の我がマンションに「新マンションエアロテック」は導入できるのか?という問題です。

既存マンションでは、マンションの遮音性能確保のために設けた二重床下空間をダクトとして活用するため、スケルトンリフォームをする際に導入できます(※)。

ということは、いま住んでいる部屋または中古マンションに買い替えてスケルトンリフォームをするタイミングが導入どきということですね。いやいや、もしかすると将来的には、「マンションエアロテック」が搭載された新築分譲マンションに買い替えすることだってありうるかもしれませんよ!
※マンションエアロテックリフォームは、スケルトンリフォームを前提とした計画が必要となります。詳しくは記事最後の問い合わせ先へ確認ください。

定額リフォーム+エアロテック+フルスケルトンで実現

三菱地所のリフォームには、定額制マンションリフォームメニュー「三菱地所Re Dia」という商品があります。定額制リフォームは、最近のリフォームトレンドの一つ。細かな金額をあまり気にしないで、リフォーム計画を考えられるのが安心だと評判です。

全館空調「新マンションエアロテック」導入と組み合わせて、ゼロから理想の部屋づくりを考えも良さそうです。自分のマンションをリフォームしたい気分がフツフツと湧いてきましたよ!

三菱地所のリフォームRe Dia(定額制マンションリフォームメニュー)(外部サイト)


これからのマンションは、住む人が手を加えて、より上質な暮らしを実現することで、資産価値を高めていくのがトレンドのような気がします。

長く心地よく住むために、空気環境から変えてしまうことやスケルトンリフォームという方法も、自分のマンションライフの長期計画に入れておくといいかもしれませんね。編集部員の私も、じっくりと検討してみます。

2017/12/13

ランキング

↑ page top