第3回 東北地方太平洋沖地震に対する緊急支援

危機管理教育研究所の国崎です。

皆様からの支援ご協力を得て、危機管理教育研究所では第3回支援活動として、3月20日から岩手県大船渡市および陸前高田市へ救援物資の提供、及び心のケア活動を行ってまいりました。その活動内容をここでご報告させていただきます。

東北地方太平洋沖地震支援のお礼と引き続きのお願い

危機管理教育研究所では、東北地方太平洋沖地震・ 大津波で被害に遭われた被災者支援を実施しております。全国の多くの皆様から物資や義援金のご協力を賜りましたことを心より御礼申し上げます。

支援物資につきましては、時期により被災地からの希望が変わっています。今後物資をご提供いただける場合は、危機管理教育研究所ホームページをご確認いただきますようお願いします。

危機管理教育研究所ホームページはこちら≫

第3回 現地活動報告

今回の搬送は物資の量が多いため、やっとの思いで2tトラックを手配しました。19日に引き続き赤帽さんがドライバーを務めてくださいました。3日間で横浜岩手を2往復という強行スケジュールにも関わらず、参加できて良かったと言ってくださり、本当に有難いです。その他ワンボックスカー2台で人と物資を運びました。

■実施

危機管理教育研究所(日本助産師会、NPO愛知ネット、NPO国境なき技師団、株式会社Yエンジニアリング、WASEND、北川工業株式会社、株式会社谷沢製作所、株式会社クニザキ様他との連携・ご支援にて実施)

■行程
<2011年3月20日(日)>

21:45 横浜出発
東北道走行(途中佐野SAにて給油)

<2011年3月21日(月)>

東北道走行(安達太良SA、菅生SA、前沢SAにて給油)

08:45 大船渡社会福祉協議会
10:05 大船渡市役所
11:40 広田小学校
12:50 モビリアキャンプ場
14:00 陸前高田市広田小学校(物資提供および心のケア活動)
14:30 モビリアキャンプ場 (心のケア活動)

⇒トラック帰路へ
18:30 大船渡社会福祉協議会

<2011年3月22日(火)>

06:30 モビリアキャンプ場
07:00 小友町被害調査
08:00 陸前高田市米崎小学校(物資提供と心のケア)
09:00 陸前高田市高岡第1中学校

12:00 陸前高田市米崎小学校 出発(帰路)
東北道走行(前沢SA、那須高原PA 給油)

22:15 横浜到着 解散

第3回の訪問先と、活動内容について

■3/21-22 訪問先

① 大船渡市役所
② 陸前高田市広田小学校
③ 陸前高田市モビリアキャンプ場
④ 陸前高田市米崎小学校
⑤ 高田第1中学校

■活動内容

・各避難所に救援物資を提供
・今後のサポートについて打合せ
・被災者への心のケア活動
(紙芝居、絵本読み聞かせ、外遊び、肩もみ、ハンドマッサージ、コーヒー&紅茶&ココアのティータイムサービスなど)
・被災地と全国被災地支援関係者とのネットワークづくり

次へ>

2011/04/01

プロフィール

国崎 信江

危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。文部科学省地震調査研究推進本部政策委員、防災科学技術委員などを務める。講演活動を中心にテレビや新聞など各メディアでも情報提供を行っているほか、被災地域で継続的な支援活動も行っている。

おもな著書に『大地震対策 あなたと家族を守る安全ガイド : ビジュアル版』(法研)、『震度7から家族を守る家: 防災・減災ハンドブック』(潮出版社)、『マンション・地震に備えた暮らし方 (地震防災の教科書)』(つなぐネットコミュニケーションズ)などがある。


株式会社危機管理教育研究所

一般社団法人危機管理教育研究所


↑ page top