マンション内で落とし物を拾ったらどうするべき?

マンションで落とし物をしたこと・拾ったことはありますか? マンション内での落とし物は、法律的にはどういう扱いになるのでしょうか? 意外と知らないマンション内での落とし物事情についてご紹介します。

マンションによって異なる、落とし物の扱い方

写真はイメージです。

マンション内で落とし物が見つかった場合、管理員さんが掲示板に情報を掲示してくださることが多いかと思います。

私が昔住んでいたマンションでは、落とし物そのものを掲示板にピン留めして貼りだして、落とし主を探していました。ちょっとびっくりしますが、「この方法だと一番回収率がいい」とのことでした。しかし携帯電話や鍵、貴重品などの場合は問題があります。

マンションで落とし物をした場合・見つけた場合のルールがきちんと定められていないと、トラブルのもとになります。

マンションで落とし物を見つけたら?横領罪になる?

しっかり理解しないといけないのは、マンション内であっても遺失物・取得物の扱いは、法律的には外の場合と同じく、遺失物・取得物は警察へ届けるのが基本です。しかしマンションの場合は、管理員さんへ届け出て、掲示板で告知するケースがほとんどでしょう。

同じマンションだからと親切心で自宅へ持ち帰り、翌日管理員さんに手渡そうとすると、それは遺失物の横領となってしまいますので、注意してください。

マンション内で落とし物を見つけたら、決して「家に持ち帰らない」ことを徹底してください。お子さんがマンション内で落とし物を見つけて、お母さんに教えるために持ち帰ってきた場合も同様です。

マンションで落とし物を見つけたら、まず管理員さんに落ちている場所を伝えてください。管理員さんが不在の場合は、管理組合の理事に伝えます。落とし物が貴重品や携帯電話などの場合は、誰か一緒にいる人に遺失物が持ち去られないか見守ってもらって、管理員さんや理事、または警察に即座に届け出します。

ちょっと不親切に思えるかもしれませんが、実はこのような事例もあるのです。あるマンションで、敷地内に忘れ物をしたことに気づいて取りに戻ったところ、なくなっていました。探しても見つからないため管理組合に許可を得て監視カメラで確認したところ、同じ居住者が持ち去ったことが記録されていました。

この方はもしかしたら後で届けようと一旦家に持ち帰ったのかもしれませんが、「盗んだ」と疑いをかけられることになります。このように、不必要なトラブルに巻き込まれないためにも、家族で落とし物を見つけた際のルールを共有しておきましょう。

マンションで落とし物のルール作りを

マンションによって落とし物のルールは異なるでしょうから、この機会に、マンションで落とし物についてのルールを確認し、なければ定めることを検討してみましょう。

マンション・ラボでも「落とし物について」のアンケートを実施し、皆さんのマンションの事例などをたくさんお教えいただきました。まもなくアンケート発表もありますので、そちらもご覧ください。

遺失物が落とし主の手に迅速に戻ることは、マンションの秩序が守られているという表れです。安心して気持ちよく暮らすためにも、落し物のルールは大切です。これから検討するというマンションは良い事例を参考にしてみてください。

2014/01/21

プロフィール

国崎 信江

危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。文部科学省地震調査研究推進本部政策委員、防災科学技術委員などを務める。講演活動を中心にテレビや新聞など各メディアでも情報提供を行っているほか、被災地域で継続的な支援活動も行っている。

おもな著書に『大地震対策 あなたと家族を守る安全ガイド : ビジュアル版』(法研)、『震度7から家族を守る家: 防災・減災ハンドブック』(潮出版社)、『マンション・地震に備えた暮らし方 (地震防災の教科書)』(つなぐネットコミュニケーションズ)などがある。


株式会社危機管理教育研究所

一般社団法人危機管理教育研究所


↑ page top