マンション・ラボ編集部ブログ

こ、公開処刑かっ!?これはイカンでしょ!!ドラマ砂の塔第5話をみた感想

現在TBSで放送中のドラマ「砂の塔」は、都心のタワーマンションを舞台に、住民同士が繰り広げるマンションライフを題材にしたドラマです。ここでは、マンション・ラボ編集部の二人を中心に、ドラマの感想や「あるある話」などを展開していこうと思います。

【編集部メンバー紹介】
ニックネーム:TOY マンション・ラボの企画担当。マンションの新しい可能性について、常に妄想中。

 

塩口ニックネーム:ミーコ マンション・ラボの運用担当。最近ガチでタワマン購入を検討中。

 


ミーコ:第5話、みました!?かなりヤバいストーリーになってきましたね!

TOY:やばいって?

ミーコ:いろいろですよ、いろいろ!まず松嶋菜々子さんがついに菅野美穂さんに牙をむきましたよね!「息子さんのことを全然分かってないダメ親!」的な。岩ちゃんの件やママ友づきあい、旦那の件、そして子育て。。。菅野美穂さん、いろいろありすぎて大変すぎです!っていうか、ドラマでのこととはいえ、ゲンナリですよ、まじで!

TOY:確かに、ふつうに忙しいのにママ友などの住民トラブルに巻き込まれると相当しんどいよね。少し旦那さんとかのフォローがあると違うんだろうけど。

ミーコ:旦那は旦那でやばいじゃないですか!?なんですか、あの包みに入った1,000万円。横山めぐみの旦那さんに頼まれて女性を空港に送るだけでもらえるなんて。ありえないでしょ!そんなことしてる暇があるなら、美穂ちゃんのケアしろっての!!

TOY:今回は相当荒れてるね。。

ミーコ:しかもですよ!松嶋菜々子と知り合いっぽいじゃないですか、旦那。松嶋菜々子は前科があるみたいだし、菅野美穂の上の部屋を法外な値段で買い取ったっていうし。。もはやこれはマンションの話じゃなく、サイコミステリーですよ!

TOY:まあまあ。ここはマンションの話をするところだから、ちょい落ち着こう。今回ぼくが気になったのは、菅野美穂の息子さんが隠し撮りしていたマンションのママたちの写真を、偽ハーバード卒のママが共用部に貼りだして犯人扱いした、って点だね。

ミーコ:隠し撮りされてる人の気持ち的には、大事にしたい気持ちもなんとなくわかる気がしますけど。

TOY:いや、まず管理組合の許可を取らずに、勝手に共用部分をこんな風に使うのはNGでしょ。しかもハーメルン事件に似てるというだけで勝手に犯罪者呼ばわりするのもダメだよね。結果、息子さんは警察の調べで容疑が晴れたワケだし。下手すりゃ名誉棄損で逆に訴えられちゃうかと。

ミーコ:でも、マンションって、ドラマのように盗撮騒ぎまではなくても、いろいろ隣人トラブルあるじゃないですか。騒音とかタバコとか。やられたほうは、度合いにもよりますけど、「みんなで罰を与えよう」的な気持ちになってもしかたないんじゃないですか?

(参照)思わぬことがトラブルになりかねないかも!?
マンションの「タバコトラブル」解決事例~円満解決型~
やっぱり気になるマンション“騒音”調査 ~マンションにおける生活音に関するアンケート~

TOY:気持ちはわかるけど、それはイジメに近いよね。目的はトラブルの種を蒔いている人に気付いてもらってやめさせることでしょ。みんなで公開処刑することじゃないよね?それにこんなやり方がまかり通るならコミュニティとかできないよね。

ミーコ:そうですけど。。こういったトラブル、どうしたらいいんですか?

TOY:もしトラブルを起こしている人と親しければ直接話してみるのもいいと思うけど、そうでなければまずは第三者の管理員さんや管理組合の方、あるいは管理会社の方に相談してみるのが一番だと思うよ。
今回のケースも、盗撮していたことは「悪」だとして、不安がある旨を第三者に相談すれば、おそらく菅野美穂に話がいって、そのあと息子さんも交えて話し合いがもたれる、ということになるんじゃないかな。

(参照)お互いが感情的にならない苦情の伝え方は?
マンション騒音問題、相手の心を動かす「促し方」で、苦情の手紙を書く

ミーコ:なるほど。第三者に相談できるなら、間に入ってもらえるから、直接話すより気まずくはないですよね!

TOY:なんだかんだいって、マンションに住むっていうのはいろんな人の目を意識することになるし、「トラブルや面倒は起こしたくない!」っていう人が大半だと思うから、まずは第三者に相談してみるのがいいかもね。

ミーコ:勉強になります!でもドラマ、すごく気になります。。松嶋菜々子さん、一体以前何をやらかしていたのか。。次回も注目ですね!

TOY:どんどんサスペンス色が強くなって面白いのはいいんだけど、マンションに絡めた話がどんどんできなくなる気が。。。次回、このコーナーができるのか心配です!!

ミーコ:が、頑張りましょう!

(完)

2016/11/17

↑ page top