マンション・ラボ編集部ブログ

自分の住む「まち」を想い、伝える素敵な取り組み、「マチオモイ帖」。ただいま開催中!

 

みなさんこんにちは。編集部のIです。

みなさんは、いま自分の住む町について、何か考えたり、意識したりすることはありますか?普段何気なく暮らしていると、自分が住んでいる町が特別だと感じることって、なかなかないですよね。でも実は、普通に暮らす町のなかにこそ、自分にとって大切な何かを見つけることができるんです。

現在、東京ミッドタウン・デザインハブ(2014年2月28日〜3月23日)と、大阪メビック扇町(2014年3月7日〜3月29日)で同時開催されている「my home town わたしのマチオモイ帖」は、さまざまな人が自分の町への想いを小冊子や映像として紹介する展覧会で、連日たくさんの人でにぎわっています。

自分が子供の頃に住んでいたふるさとや、学生時代に住んでいた町、いま暮らしている町、一度しか行ったことがなくても大好きになった町など、町との関わり方には、人それぞれ、さまざまな想いがあります。たとえ一日でも、自分の過ごした時間がしっかりと残されている、町は人の「記憶」と「足跡」が刻まれた特別な場所。だからこそ、ひとつとして同じ町はなく、その魅力もさまざまなのですね。展示されている小冊子や映像をみると、その町の魅力が、作り手の想いとともに伝わってきます。

「my home town わたしのマチオモイ帖」、まだまだ開催中です!ぜひ足を運んで、あなたの町、そしてマンションに想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

2014/03/13

Tile体験モニター募集 モニター150名にプレゼント

ランキング

↑ page top