レゴ王 秋長さちこの 親子ブロック教室~“おうちちゃん”を作ろう!

1029イベント

「三菱地所のレジデンス ラウンジ」、コンシェルジュの金井直美です。
去る10月29日、レジデンス ラウンジのキッズプログラム第三弾として、親子で参加できるブロック教室が開催されました。多くのお子さんにご参加いただいたイベント当日の様子を、当ブログでご紹介いたします。

想像力を豊かに~レゴ王秋長さんのブロック作りとは?

ゲストにお迎えしたのは、ブロックアーティストの秋長さちこさんです。秋長さんはTVチャンピオンで行われたレゴブロック王選手権で三連覇を成し遂げた、まさに“レゴ王”! 今回のイベントではブロックの楽しさをはじめ、具体的な作り方など様々なことを教えていただきました。

IMG_1824

「初めに、TVチャンピオンレゴブロック選手権の作品紹介をしようと思います。レゴブロック王選手権の決勝では1メートルサイズの作品を作りますが、第1回大会は『レゴタウン対決』で、私は “真っ赤な車のびっくりタウン”という赤い自動車を作りました。自動車を開けると中が街になっている楽しい作品です。また第2回大会は『開けてびっくり対決』で、私は “アースパークへ行こう!”という地球型の公園を作りました。ポイントは地球に入れるエスカレーターがモーターで動くところと、地球の中が動物ランドになっているところです。象やキリンの展望台へ上って景色を眺めたり、ワニやクジラの船に乗ったりできる楽しいランドです。そしてTVチャンピオン特別版レゴブロック王選手権2011は『お祭り対決』でした。私は“ドラゴン祭りがやってきた”という、船でお祭りがやってくるデリバリー祭りの作品を作りました。水陸両用の船が陸地へ上がるとお祭りが始まり、モーターで動く巨大ドラゴンやおみこし、太鼓が動く盆踊りの様子を作りました。仕事では、ニューヨークタイムス社からの依頼で作品を作ったり、広島県府中市からの依頼でおひなさまを作ったり――もちろん仕事以外でも趣味で好きなものを作っているので、毎日ブロックづくりばかりをやっているわけです」

ブロックで“おうちちゃん”を作ろう

イベントの後半はいよいよ実践編です。まずはブロックの基礎知識から教えていただきました。

IMG_1829

「レンガは英語で、ブロックと言います。そのレンガは通常、ずらして積んでいきますが、ブロックもこれと同じで、ずらして組んでいきましょう。この方法はレンガ組みと言って、ブロックの基本の組み方です、ぜひ覚えて帰ってください。レンガ組みで作品を組むと丈夫な作品が作れます。また外し方についてですが、新品のブロックはなかなか外れないことがあります。引っ張らずに、ポキポキと筋目を折るようにして外していきましょう」

今回のイベントでは実際にブロックを使って、みんなでレンガ組みに挑戦しました。また、レンガ組みができるようになったあとは “おうちちゃん”の制作に挑戦しました。“おうちちゃん”は、家をコンセプトにした秋長さんのオリジナルキャラクターです。

「私の考えたキャラクターの一つ“おうちちゃん”は手を繋げるようになっていて、たくさん並べると街ができるというコンセプトです。今回みなさんに作ってもらう“おうちちゃん”は、歩いてお散歩もいけるし、頭についているプロペラで空も飛べるおうちです」

次々に完成させる子どもたちの姿はもちろん、できあがった“おうちちゃん”の写真を撮ったり、一緒になって作ったりするご両親の姿が印象的でした。また、ご兄妹で参加されたグループは、それぞれの“おうちちゃん”の手を繋げて遊んでいて、イベントは大盛況でした。

IMG_1838

「三菱地所のレジデンス ラウンジ」では今後も様々なキッズプログラムや、住まいにまつわるセミナーを企画しています。ご興味のある方はレジデンス ラウンジまで、お気軽にお問い合わせください。

エグゼクティブコンシェルジュ 金井 直美(かない なおみ)

新築住宅の営業を担当。2017年4月より現職に着任。お客様のご相談を親身に受け、的確なご提案を心掛けております。誠意をもって対応させて頂きます。

▼「三菱地所のレジデンス ラウンジ」不動産の購入・売却・リフォーム等相談窓口

▼facebookページも随時更新中

↑ page top