マンションで多肉植物!簡単な挿し木・葉挿しでの株の殖やし方

多肉植物は、切り取った茎や葉・穂を土に埋めることで簡単に株を殖やしていくことができます。今回は一番失敗のない「挿し木」「葉挿し」での増やし方をご紹介します。

どんどん殖やせる!多肉植物の挿し木での殖やし方

多肉植物は、伸びた茎や葉を切り取って土に埋めておくと、そこから根を張ってひとつの苗となって成長します。こうやって簡単に株を殖やしていくことができるのも多肉植物の魅力のひとつですね。

では、挿し木の殖やし方を細かくご説明していきましょう。

1.カランコエ2品種の挿し木

左の背の高い方が「カランコエ ファリナセア錦」、右が「カランコエ 星兎耳」です。初心者の方には、密集して葉が生えているものよりこのくらいの葉の付き方の品種の方がカットしやすいです。

2.好きなところで茎をカットします。

ハサミで茎を切り取ります。本体の茎を傷つけないように注意しましょう。挿し木で葉挿しは、伸びすぎた多肉植物を剪定する際に取り除いた葉を利用すればよいですね。

3.切り取った断面

切り取った茎の断面はこんな感じです。ここを土に埋めておくと、根が張り出します。この位の長さがあると土に埋めやすいですね。

4.切り取った挿し木用の茎と葉

切り取った茎と葉。さらに葉を1枚ずつ切り取って、それらを地中に埋めておいても根が張り出します。これが葉挿しとなります。葉だけを取って殖やしたい場合は、植えてある状態の茎の下の方から葉を切り取った方が、リスクが少ないです。

5.切り取った茎を土に埋めます。

切り取った茎を多肉植物用の土に埋めます。根元を固定して土に挿すだけです。

【水やりしない!】
挿し木・葉挿しをした段階で水やりをしたくなる方もいるようですが、多肉植物は乾いている方がいいので水をやらないでください。

【植え替えタイミングはすぐでOK】
切り取った茎が湿っていると菌が発生しやすいので、一日程度乾燥させてから植える場合もありますが、あまり気にしないですぐ植えても大丈夫です。

【挿し木用の土はブレンドで】
土は、サボテン用土の粒が大きすぎると茎や小さい葉を固定できないので、培養土とブレンドしたものを使用するとよいでしょう。

6.挿し木後、2〜3週間で根が出てきます。

挿し木した多肉植物。挿し木した直後は、直射日光にあたらない、明るい場所に置いてください。直後はまだ根が張っていないので、ぐらつきに注意してください。植えて1週間ほどは、湿らす程度の水やりで結構です。2〜3週間で根が出てきます。

多肉植物Q&A ひょろひょろ育ってきたら? 土は?

Q.色が薄くてひょろひょろした葉が育ってきた。どうしたら?

A.マンションの室内で育てていると、ひょろひょろと色の薄い枝葉が伸びてくる場合があります。これは、陽あたりが足りないのが原因です。伸びてきた部分を切り戻して、外光を浴びさせてください。ただし、冬場は寒いので外に置かないように! 陽あたりのいい窓辺でたっぷり日光を与えてください。多肉植物には陽あたりが一番の栄養です。

Q.寄せ植えした多肉諸物があちこち伸びすぎてスタイルが悪くなった。

A. 寄せ植えが大きく成長しすぎてきたら、一度鉢から取り出して、もう一度寄せ植えし直してみることもできます。その際に、剪定した余分な葉は、葉挿しで殖やすとよいですね。

Q.多肉植物用の土はサボテン・多肉植物用の土でいいの?普通の土も使える?

A. 「サボテン・多肉植物用の土」で問題ありません。普通の土でも大丈夫ですが、水を含みすぎているのでその後の水やりを注意してください。今回の寄せ植えでは、砂利状で水通しがいい「サボテン・多肉植物用の土」と、培養土をブレンドして使用しました。小さな多肉植物や葉挿しには、砂利の大きすぎる土だとぐらついて安定しないので、適度にブレンドして粒を調整した土を用いると安定します。

左が「培養土」。右が「サボテン・多肉植物用の土」。これをブレンドしながら寄せ植えに使います。


次の記事では、ちょっとユニークな種類の多肉植物をご紹介します。

以前、多肉植物の基本を紹介した記事も参考にしてください。

個性的なグリーン・インテリアになる多肉植物
多肉の名の由来、上手な育て方、水やりタイミングをご説明しています。

簡単にできる多肉植物の寄せ植え手順と、鉢選びのコツ
多肉植物の寄せ植えのコツと作業手順をご紹介しています。

プロフィール

↑ page top