“民泊”やってみたいけれど、ちょっと不安!?〜本当のところってどうなの?〜

minpaku1今、話題の“民泊”。
宿泊する場合は一般の宿泊施設に比べ安く宿泊でき、貸出す場合も利用していない部屋の有効活用をして副収入を得ることができるなど、双方にとってメリットがありそうですね。また、海外の旅行者との国際交流ができる点も注目されています。
でも、マンションでの“民泊”について、実際どんなふうに考えているのでしょうか?気になるところをリサーチしてみました。

アンケート概要
実施期間 2016年04月28日(木)~2016年05月13日(金)
調査方法 インターネット(マンション・ラボ)
対象者 マンション・ラボ リサーチ研究員
有効回答数 2389

引用の際は、こちらからマンション・ラボまでご連絡ください

「でも、“民泊”って……」と感じるあれこれ

アンケートによると、約半数が“民泊”を「知っている」と答えています。しかし、実際に「“民泊”を行ってみたいですか?」の問いに対しては、「利用したくない」と回答した人が9割以上を占め、自宅を貸し出してみたい」は2.2%と少数派の意見でした。

Q.あなたは、インターネットを活用して自宅を無料で貸し出すことの出来るサービス「民泊」をご存じですか?
グラフ読み込み中...
Q.自宅を有料で貸し出すサービス「民泊」を行ってみたいと思いますか?
グラフ読み込み中...

「利用したくない」と答えた人の理由には以下の回答がありました。

・間取りについて

「貸すスペースがない」

・心配事について

「掃除をするのが大変そう」

「汚されたりする可能性」

「セキュリティの問題」

「外国人との言葉や文化の違い」

・マンションのモラルやルールについて

「不特定多数の人が出入りすることになるとオートロックの意味がなくなる」

「管理規約で民泊が禁止されている」

利用したくない理由については個人的なもの他に、マンション特有の理由もあるようです。

私はこんなふうにやっています

渋谷区のマンションに住むMさんのお宅では、フランス・ポーランド・ハワイ・韓国など海外の人に、“民泊”として利用してもらっています。

間取りについては、Mさんの家には客間がないので、子ども部屋を1部屋お客様用の部屋として貸し、朝食はパンやシリアルなど簡単なものを用意するなど、特別なことはしていません。
料金設定については迷うところではありますが、1泊の利用料金は7千円とし、多く利用されている部屋の金額と地域の相場に合わせて決めています。アンケートを見ても、“民泊”で利用した部屋の金額は、5千円~1万円未満が半数以上になっています。

Q.借りたお部屋の金額はいくらでしたか?
グラフ読み込み中...

宿泊者の利用の仕方についても、2泊〜3泊で利用する人が多く、深夜に帰ってくる人もいますが、家族に気を使って静かに帰ってきてくれます。

「どんな方が来るか実際会うまでわかりませんが、民泊の貸し手と借り手をつなぐwebサイトで利用者の点数が見られるので、安心して受け入れることができます」とMさんは言います。

また、英語があまり得意でないMさんは、LINEの翻訳機能を使って会話をしたり、単語でしっかり伝えたりすることでコミュニケーションがとれています。「恐れず話すことが大事」とMさんは感じています。

部屋を借りた満足度について聞いてみると、半数以上の人が「満足」「やや満足」と答えていて、「不満」「やや不満」と答えた人はいませんでした。

「値段もリーズナブル」

「現地の人と触れ合える」

という回答もあり、民泊は満足度が高いものとなっています。

Q.お部屋を借りた満足度について教えてください。
グラフ読み込み中...

まずは確認、そして“おもてなしの心”で「自宅国際交流」も夢じゃない!?

Mさんは、「いろんな人と出会えて、自宅に居ながら国際交流ができ、子どもにも良い刺激になっている」と言います。言葉の壁やセキュリティの問題は、サイトやアプリを上手に使うことで、リスクを減らすことができそうです。小学生のお嬢さんも、お客さんがくる時には、Mさんと一緒にウェルカムボードを作るなど、“おもてなしの心”が育っています。

マンションで“民泊”――初めは勇気が要りますが、何か特別なものを用意しなくても“おもてなしの心”で迎えることができれば良いようです。
しかし、オートロックで管理しているのに、隣の家に外国の人が急に出入りしていたら、不安を感じる方がいるのも当然です。始める前にまず、マンションの規約を確認し、近隣の人の理解を得ることが必要でしょう。また、利用にあたってのルールを宿泊者に伝えておくのも、良いかもしれません。

ハードルは高そうですが、“民泊”を通じ新しい価値に出会うことは他では体験できない、かけがえのない思い出になるのではないでしょうか。

文:Loco共感編集部 野村香奈

2016/11/07

アンケート調査レポート

マンション・ラボ リサーチ研究員の皆様にご協力いただいたアンケート調査結果を公開中。マンションに住む方の最新事情が見えてきます。

掲載のアンケートデータを転載・引用する場合は、こちらからご連絡ください。

リサーチ研究員

↑ page top