コミュニティづくりを応援する「ツール」制作プロジェクト ~スモールポスター・後編~

後編:『防災』をテーマに、押し付けがましくない、心に残るクリエイティブを考える。

『コミュニティづくりを応援する「ツール」制作プロジェクト』。第一回目では、マンションの掲示板やエレベーター内、その他の共用部分に掲示できる「スモールポスター」を制作します。

前編はこちら!

プロジェクトメンバー紹介

清水柾行:

aozora 代表 大阪生まれ。すべてはデザインという考え方で横断的にデザインプロジェクトを実践。APEC奈良観光大臣会合レセプション インラクティブデザイン、東京ミッドタウンデザインハブ特別展「my home town 私のマチオモイ帖」ディレクター&デザイン、東北グランマのXmasオーナメントデザイン、バルセロナオリンピック日本競泳チームロゴデザイン、世界グラフィックデザイン会議デザインフェアー「デザイン・デパート」アートディレクション、Social Propose展 ディレクター。CSデザイン賞大賞、NY ADC特別賞、キッズデザイン等受賞多数。(財)日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)運営委員、大阪芸術大学デザイン学科非常勤講師。

荒昌史:

HITOTOWA Inc.代表取締役、NPO法人GoodDay代表理事。1980年東京生まれ、埼玉育ち。2004年株式会社コスモスイニシア入社(当時リクルートコスモス)。2006年新規事業コンペ最優秀賞を受賞し、CSR専門部署を設立。以降、CSR全般、住宅企画・プロモーションを担当。携わった複数の住宅がグッドデザイン賞を受賞。2010年独立、HITOTOWA Inc.設立。以降、CSR/ソーシャルビジネスコンサル、都市コミュニティサポート事業を手掛け、特にマンションコミュニティづくりを行っている。共助の地縁づくりを行うプロジェクト、Community Crossing Japanオーガナイザー。

マンション・ラボ編集部:

「マンションライフに住まうことを考える」というコンセプトのもと、マンションライフの新たな価値と可能性を求め、ヒントとなる情報を提供している。

マンション・ラボ編集部:前回は「防災」をテーマにしながらも、「~しなさい!」「~すべきだ!」といった押し付けがましいものではなく、自発的に必要性に気づいてくれる、掲示板などに貼って使える「スモールポスター」を制作しようということになりました。今回は、具体的なポスターのデザイン案を見ながら、コミュニティづくりに貢献できるものについて検討していきたいと思います。よろしくお願いします!

荒・清水:よろしくお願いします!

マンション・ラボ編集部:では、清水さんに、前回の打合せ内容を踏まえて制作していただいたポスターのデザイン案を見せていただきましょう。

荒:楽しみですね!

清水:前回の打合せを踏まえて、今回はいくつかのパターンを準備してみました。みなさん感じ方や考え方が違うと思いますので、デザイン案をご覧いただきながら、ざっくばらんにご意見をいただければと思います。

マンション・ラボ編集部:有難うございます!どれも表現が違っていて、甲乙つけがたいところですが。。。

まず、パッと見て、この「隣人は恩人」が目に飛び込んできますね。コピーも印象的ですし、デザインもキャッチーなので、とても印象的です。マンションの掲示板でも十分に目に入ってくる気がします。

ポスタータイトル:「隣人は恩人」

清水:このデザインのポイントは、「隣人は恩人」という誰もが想像しやすく、経験したことがあるような思いを伝えるコピーがポイントです。

ビジュアルはそれを補完する表現で、ドアを目に例えてしてキャラクターにも見えるようにすることで、全体としてぱっと目にとまりやすく、読み込まなくても全体のメッセージが理解できるものにしています。

荒:ぼくの意見としては、この「つくろうご近所さん」のイラストがいいんじゃないかと思いました。防災という固いテーマながら、パッと見て読み込んでしまうので、とてもいいなと。内容も実際のエピソードを交えて、フレンドリーに表現がされていて、「防災」がとても身近なテーマだということを、自然に伝えられる感じがします。

ポスタータイトル:「つくろうご近所さん」

清水:このデザイン案は、まさに荒さんの言われるとおり、防災にまつわるエピソードを、自分の日常の中の出来事として伝えているのがポイントです。

ご近所さんをキャラクター化している手法は「隣人は恩人」と同じですが、こちらは全体のデザインとして強い言葉で伝えるのではなく、「ご近所づきあいをしていると、防災面でも何かと役立ちました」という実際に起こった状況を、フレンドリーなイラストで表現しています。

マンション・ラボ編集部:確かに防災のうえで、コミュニティが必要なんだということが伝わりますよね。

荒:紙面は小さいながらも、このようにストーリーがあったほうが、みんな見てくれる気がします。

マンション・ラボ編集部:そうですね。わかりやすいですね。

荒:あとは、このTOGETHER(ハートバージョン)も、これまでにない防災ポスターという点では面白いかなと。もっと女性向けに色を華美にしてもいいかもしれません。

ポスタータイトル:「TOGETHER(ハートバージョン)」

清水:実際はマンションがこんなに傾くことはないとは思いますが、ポスターとして機能させるために、このように表現してみました。

ハートは、災害時にみんなで支えあうという、コミュニティづくりの基本である愛情を意識してつくりました。

マンション・ラボ編集部:少しだけ傾いたマンションと、それをとりまくハートが印象的ですね。特に女性には受けそうな気がします。

女性に受けそうという意味では、この「TOGETHER(ピクトグラムバージョン)」もカラフルできれいですね。

「TOGETHER(ピクトグラムバージョン)」

清水:ピクトグラムのようなイラストや、カラフルな吹き出しというとても単純なレイアウトです。人ってカタチの前にまず色を認識するんですよ。

なので掲示板に埋もれずに、視覚的にまず気を引き、そして興味をもってくださった方が、吹き出し中のエピソードに共感してくれればいいかなと。

荒:イラストがとても目を引いて目立ちますよね。

マンション・ラボ編集部:これもいいですね!こうなると、すべてに特長があり、選ぶのが難しいですね。。。

一度壁に貼って、眺めてみましょうか。

荒:こうして壁に貼ってみると、それぞれの違いや特長が、よりはっきりしてきますね。

マンション・ラボ編集部:目立つということでいえば、やはり「隣人は恩人」でしょうか。TOGETHER(ピクトグラムバーション)は、カラフルで掲示板でも映えそうですね。「つくろうご近所さん」は、4コマのように「何だろう?」というカンジで興味を惹きそうですね。読んでも納得いただけそうなので、メッセージを活かすなら、この案がいいかもしれません。

荒:そうですね。ぼくはやっぱり、「つくろうご近所さん」がイチ押しですね。アイキャッチとしても機能を果たしていますし、ユーモアも盛り込みやすく、また、メッセージをしっかり補完しているイラストがよいですよね。ご近所のありがたさがちょっとでもわかって、今までの防災の意識が少し変わりそうな気がします。

清水:「つくろうご近所さん」については2パターンつくってきましたが、それぞれの良い部分をもう一度検討し、一枚にブラッシュアップする必要がありそうですね。完成版までに、もう少し練ってみたいと思います。

荒:ありがとうございます。でも、全部それぞれにいいので、マンション・ラボさん、例えば選べるようにしてみてはどうですか?

マンション・ラボ編集部:それもいいかもしれませんね!当初は1点に絞ったほうが良いと考えていましたが、これだけバリエーションに富んだスモールポスターがあるのですから、選んでいただくほうが、読者の方も使い勝手がいいかもしれませんね。では今回は、案としていただいた中から4種類を採用して、自由に選んでダウンロードいただけるようにしたいと思います。皆さん、有難うございました。

というわけで、今回のコミュニティづくりを応援するツールは、掲示板に貼れる「スモールポスター」に決定しました!

ポスターダウンロードページ

ポスターのダウンロードは、下記のボタンをクリック!

PDFファイルをダウンロードして、ご家庭のプリンターなどで印刷し、マンションの掲示板やエレベーターなどに貼ってご利用ください。掲示後、何かコミュニティ作りのきっかけになるような出来事がございましたら、編集部までご連絡頂けますととても嬉しいです!
たくさんのご利用、お待ちしております。

2012/08/31

↑ page top