マンションの駐輪場問題、不満の原因と解決ポイントを探る!

住民アンケートから見えてきたマンションの駐輪場問題、解決のポイントを駐輪場の専門会社に伺いました。

マンションの駐輪場って、そんなに使いにくいの!?

マンション・ラボで1月に実施した「マンションの駐輪場問題に関するアンケート」では、半数の方が不満を抱えていることがわかりました。

およそ半数の方が不満を抱えるマンションの駐輪場!その理由に迫る!

その理由の多くは、「スペースが狭くて出し入れしにくい」「二段式のため出し入れしにくい」という、使い勝手の問題でした。また、「重くて上段へ上げられない」などの二段式への不満も目立っていました。ある程度自転車のサイズを考慮して設計しているはずの駐輪場で、不満の声が多いのはなぜでしょうか?
そこで、実際にマンションの駐輪場を手がけている会社にお話を伺うことにしました。

マンションの駐輪場の専門会社へお話を伺いに行きました

今回お話を伺ったのは、マンションや公共スペースの駐輪場9,500件以上を手がけてきた(株)ビシクレットさんです。写真向かって左から、常務取締役 小林直さん、代表取締役 井上喜一朗さん、営業統括部 櫛谷美樹さん。

──まず、マンション・ラボの駐輪場アンケート結果をご覧になっていかがでしょうか?

井上さん「半数の方が不満を抱えているという結果は、駐輪場の専門会社としてはショックですが、マンション住民の現在の声を反映していると思います。

最近の自転車は、大型化した電動自転車、普通の自転車でも大きな荷カゴやチャイルドシートなどのオプションが付くなど、昔よりかなり巨大化しています。また、自転車の重量は通常15〜20キロですが、付属品を加えると35キロほどになるものもあり、女性やお年寄りの力では二段式の上段には上げにくいという事情もあります」

便利になった自転車が、ここ数年で大型化・重量化した結果、従来の駐輪場では収まりきらなくなっているようです。ビシクレットさんが2年ほど前に調査したところ、所有自転車の中で電動自転車の比率は、多いマンションで全体の25%ほど。いまではもっと割合が増えていると予想されます。

井上さん「二段式に入れられない電動自転車などの特殊自転車に関しては、別の平置きスペースに集約するなど、運用面で対応されているマンションが多いようです」

──規定以上の大型自動車が入れられない機械式駐車場での対応と同じですが、駐輪場そのものの間隔や仕様を、最近の自転車の変化に合わせて変えていくことは出来ないのでしょうか?

井上さん「東日本大震災以降、自転車の利便性が見直され利用率も高まっており、通勤・通学に使う方も増えました。しかし残念ながら、自転車の変化のスピードに駐輪場が追いつけていないというのが現状です。マンションの駐輪場は自転車が大型化したからといって、すぐさま取り替える訳にはいきません。また、駐輪場の台数不足も問題化しているため、敷地内の限られたスペースでこれ以上間隔を広くすると収容台数が少なくなってしまいます」

先大型化した自転車を広く使いやすく置きたい、しかし台数は減らしたくないというジレンマを抱え、マンションの駐輪場問題はかなり根が深そうです。

次ページ:駐輪場の改修問題の進め方>>

2015/04/13

↑ page top